ipadで利用できるおススメ格安SIMを比較

更新日:2019/07/18

 

ipadで利用できるおススメ格安SIMを比較

ここではipadを格安SIMで利用しようと思われているいる方向けの情報を配信しています。

SIMカードを利用できるipad

 

ipadには「Wi-Fiモデル」と「Wi-Fi+cellular」の2種類があり、全てのipadで格安SIMを利用できるわけではなく、SIMカードが利用できるのは「Wi-Fi+cellular」モデルになります。

 

ドコモ、au、ソフトバンクで販売されているipadは「Wi-Fi+cellular」モデルなので、格安SIMで利用可能です。

 

キャリアから販売されているipad以外、AmazonなどのECショップやappleストアなどで購入したipadの場合、「Wi-Fiモデル」と「Wi-Fi+cellularモデル」があるので、利用しようと思ってるipadがどちらのモデルか確認が必要になります。

 

ipadのSIMカードサイズ

 

ipadの最新モデルではnanoSIMと一部eSIMに対応、旧モデルではMicroSIMに対応しています。

 

最近の格安SIMは必要なサイズに点線で切り取りできるマルチサイズのSIMカードを提供されているので、申込時にSIMカードサイズの選択は必要ないですが、一応機種別に対応するサイズ情報を掲載しておきます。

 

nanoSIMカード
  • Pad (第 6 世代)
  • iPad (第 5 世代)
  • iPad Pro
  • iPad Air 以降
  • iPad mini 以降

 

MicroSIMカード
  • iPad (第 4 世代)
  • iPad (第 3 世代)
  • iPad 2
  • iPad

 

eSIM対応
  • iPad Pro 11-inch
  • iPad Pro 12.9-inch (第 3 世代)

 

ipadで利用できるおすすめ格安SIM

 

正直な話、タブレットを利用する場合、一般的なタブレットの利用方法の性質上、格安SIMでの運用よりも、モバイルWi-Fiでの利用がおススメです。

 

とはいえ、用途によっては格安SIMで十分の方も多くいらっしゃると思うので、ipadで利用できるおススメの格安SIMを紹介していきます。

 

ipadで格安SIMを利用する場合、一番重要なのは通信速度になると思います。

 

スマホの場合、データ通信をあまり利用しない人も多いと思いますが、ipadはタブレットPCですので、データ通信の利用がメインになります。

 

データ通信をメインで利用する以上は快適に利用する為に通信速度は一番重要なポイントだと思います。

 

速度が安定して速い格安SIM

 

現状、安定して速度が出る格安IMはキャリアのサブブランドと言われるau回線のUQモバイルと、ソフトバンク回線のYmobileくらいです。

 

UQモバイル

 

 

データ高速(3GB) 月額980円
データ無制限(500kbps固定) 月額1980円

 

公式サイトはコチラから

 

UQモバイルでipadの利用について

正直、デメリットは多いです
まず、UQモバイルではipadは動作確認端末一覧に掲載されていないので、利用について問い合わせてもサポート対象外の可能性が高いです。

 

au製のipadの場合、条件によってはSIMロック解除不要で使用可能になりますが、他社のau回線の格安SIMでipadの動作確認されている業者の情報を見る限りでは、利用するipadの種類と、auVoLTE対応SIMを利用するか通常のnanoSIMで利用するかでSIMロック解除の有無やテザリングの可否があり、非常に複雑なのでau製であってもSIMロック解除した物を使う事をおススメします。

 

続いて、データ容量についてですが、データ専用SIMの場合、月間データ容量が3GBしかなく、大容量プランがUQモバイルには存在しません。

 

メインの利用は自宅のWi-Fiで、たまに外でも利用したいといったぐらいの利用頻度の方は3GBで十分かもしれませんが、外での利用がメインの方は3GBでは確実に足りないと思います。

 

 

Ymobile

 

 

データプランS(1GB) 月額1980円
データプランL(7GB) 月額3696円

 

公式サイトはコチラから

 

Ymobileでのipadの利用について

 

Ymobileのデメリットは料金の高さです
データ専用の格安SIMと考えた場合、平均的な格安SIMの料金の約2倍程度の料金設定となっています。

 

さらに上記の表の価格は3年契約をされた場合の月額料金で、契約期間無しの場合上記より+2000円となっています。
しかし、料金が高い分、実店舗の多さなどサポート面や速度に関しては大手3キャリアと比べても遜色なしとなっています。

 

 

キャリアのipadを利用される場合、ソフトバンク版のipadであってもSIMロック解除必須で、SIMフリーのipadのみ利用可能となっています。

 

カウントフリーのサービスがある格安SIM

 

カウントフリーは特定の動画サイトやSNSなどに対してデータ容量を消費しないで利用できるサービスになります。

 

しかし、データ容量は減りませんが、通信速度が速いわけではないのでそのことは十分に理解しとく必要があります。
youtubeの動画で言えば低画質設定の場合は動画が止まらず再生できますが、高画質の場合は止まらず再生はほぼ不可能と思って間違いないです。

 

ipadの場合、スマホよりも画面が大きいので、低画質での再生の場合画質の粗さがかなり目立つと思います。

 

コチラのページでカウントフリーの格安SIMをまとめているので参考にしてください

 

ドコモ回線とソフトバンク回線の格安SIM

 

ドコモ版のipadとソフトバンク版のipadの場合、それぞれ販売元と同一回線の格安SIMを利用する場合はSIMロック解除不要で利用可能となっています。

 

ドコモ版とソフトバンク版のipadでSIMロック解除ができない、もしくはしない場合に利用可能なおススメ格安SIMを紹介していきます。

 

速度的には、賛否両論あると思いますが、個人的にはどこの業者も似たり寄ったりなので人気の高いおススメ業者を中心に紹介していきます。

 

ドコモ回線の格安SIM

 

ドコモ回線の格安SIMは数十社ありますが、中でもシェア数(利用者数)の高い大手を中心に掲載しています
今後増えてくるであろうeSIMに対応できる業者は現在の所、フルMVNOであるIIJmioのみですので、eSIMに興味がある方はIIJmioがおススメです。

 

 

ソフトバンク回線の格安SIM

 

 

 

 

 

ipadの利用ならSIMカードよりもモバイルWi-Fiがおススメ

 

SIMカードでの利用に特にこだわりが無い場合、ipadでは格安SIMを利用するよりもUQWiMAXなどのポケットWi-Fiでの利用をおススメします。

 

格安SIMは基本的にはスマホのライトユーザーが速度面など多少の不便はあっても月額料金を安くしたい場合などに利用するのがメインで、タブレットにはあまりおススメできません。

 

タブレットの利用目的を考えると、できるだけ快適なネット環境が必要だと思うのでデータ容量や速度の事を考えると格安SIMよりも、WiMAXなどのモバイルWi-Fiルーターで利用するのがおススメです。

 

料金的に考えても、格安SIMでも大容量プランの場合、結構な月額になるので、20GBを超えるような場合は月額料金も、モバイルWi-Fiの方が安くなると思います。

 

おススメのモバイルWi-Fi

 

PR