上部へ戻る

 

DMMモバイルでiphone5Sを使う

MVNO業者DMMモバイルの格安SIMを使ってiphone5Sの運用を考えていらっしゃる方向けの情報を紹介しています。

DMMモバイルでiphone

 

ドコモ/ソフトバンク/auといったキャリアで購入したiphone5Sやアップルショップで購入したSIMフリーのiphone5Sなど、購入元の機種によって、DMMモバイルの格安SIMの運用方法が異なるので、その辺りも含めて紹介していきます。

 

購入元別iphone5SのDMMモバイルでの運用方法

ドコモ版とSIMフリー版のiphone5S

ドコモで購入したiphone5SはSIMロックというものが付いているので、ドコモのSIMカード以外は使えなくなっています

 

しかしDMMモバイルはドコモ回線を利用したMVNO業者なので、SIMカードはドコモから提供されています。
ですので、DMMモバイルのSIMカードはドコモ製になり、ドコモのiphoneやその他のドコモ製のスマートフォンはSIMロック解除なしでそのまま使えるようになっています。

 

アップルショップで購入したSIMフリー版のiphone5SもSIMフリーなので当然通常通り利用可能です。

 

ドコモのiphone5SとSIMフリー版のiphone5SはDMMモバイル公式サイト内の動作確認端末一覧にも掲載されているので通常通り使えます。

 

公式サイトから、お好きなプランを選んで申込み後、自宅に届いたSIMカードをiphone5Sにセットし、APN設定を行えば完了です。

 

iphone5SのAPN設定はDMMモバイル公式で配布されているAPN構成プロファイルをダウンロードするだけなので、android端末のように手動で設定する必要がなく簡単です
APN設定ファイルの配布ページはコチラ
http://mvno.dmm.com/apn/ios.html

 

格安SIMカード購入から利用開始までの流れは公式サイトに全て掲載されていますので、その流れに沿って行えば簡単にできます。

 

ドコモ製のandroid端末は格安SIMでは端末の仕様でテザリングができなくなってしまうのですがiphone5SではDMMモバイルの格安SIMでもテザリング可能です。

 

>>DMM mobile公式サイトはコチラから

 

 

ソフトバンクとau版のiphone5S

ソフトバンクとau版のiphone5SをDMMモバイルの格安SIMで運用する場合、SIM下駄と呼ばれるSIMロック解除アダプターを使っての利用になります。

 

SIMロック解除アダプタはamazonや楽天などで売られています。
コチラにアマゾンの販売ページをリンクしときます
Amazon

 

レビューが非常に参考になるので一通り目を通す事をオススメいたします。

 

以前はSIM下駄を使っての利用だとios8以降のバージョンだとLTEが不安定だったり、音声対応SIMでの利用の場合発信は出来ても着信がうまくいかなかったりなど色々不具合事例もありましたが、それらの不具合はAPN設定プロファイルの問題だったようで、最近各MVNO業者が配布しているAPN設定プロファイルだと比較的安定して利用できるようになっているようです。

 

>>DMM mobile公式サイトはコチラから

 

DMMモバイル