上部へ戻る

 

DMMモバイルに店頭契約できる実店舗はあるか?

DMMモバイルで店頭契約できる店舗があるのか調べてみました。

 

結果からいうと残念ながらありませんでした。(2016年3月現在)

 

多くのMVNO業者は家電量販店など提携企業に店頭受付の窓口を設置していたりしますが、DMMモバイルに関してはWEB上でのオンラインのみの契約になっています
業界最安値水準を維持しつづけているのはそういった徹底したコストカットによるものなのだと思います。

 

DMMモバイルで即日開通は自宅でできます

2016年2月24日おうちで乗り換え(MNP)スタート
待ちに待った自宅で即日開通できるサービスがDMMモバイルでもスタートしました!

 

店舗での契約を検討されている方は、それぞれ理由があるとは思いますが、一番多い理由としてMNPをした際に、契約切り替え時にスマホが使えない期間が出来るという問題だと思います。

 

以前は多くのMVNO業者では、MNPした際に契約の切り替えが行われてから自宅にSIMカードが発送される為に、自宅に届くまでの期間スマホが使えない期間ができていました。

 

俗に空白期間と呼ばれ、格安SIMへの乗換えの際の大きな障害となっていた事は明白です。

 

しかし、現在では自宅にSIMカードが届いてから、自分でMNPの番号切り替えができるようになっています。
業者によって方法は違いますが、DMMモバイルでは自宅にSIMカードが届いてから、WEBから番号切り替えの申請ができます。
切り替え申請後1時間前後で切り替えが完了し、DMMモバイルの格安SIMカードでの通信が開通されます。

 

切り替え完了と同時に、今まで使っていたドコモやauでの契約は自動で解約になります。
別途解約の手続きは必要ありません。
違約金や残りの支払いが有る場合翌月の請求できますので、それで終了。
かなりアッサリ終ってしまいます。

 

お申込み・詳細はコチラから

DMMモバイル

 

店舗を持たない理由

格安SIMの最大のメリットは料金の安さです、実店舗や店頭窓口を増やしてしまうと、当然資金がかかるので、料金設定の維持に支障がでると思うので、今後も特に増える事はないと思います。

 

逆に言えば、大手3キャリアは、TVCMの宣伝費や全国各地にある直営店舗や提携店舗にかかる経費、通信を快適にする為の設備増強等、とんでもない金額の経費が必要だと思います。
ですので、高い料金設定も当然必要な金額設定なんでしょう。

 

例えば、適当に計算してスタッフ5人置いて1人20万円で月100万
全国に各県2店舗くらい置いただけで月1億円の人件費(凄く適当です 笑)

 

人件費のみでこの金額です。

 

最近では総務省から、ドコモやauやソフトバンクのキャリアへ料金値下げの指示がでてますが、こういった経費の背景を踏まえると、各キャリアの経費はMVNO業者の比ではなく尋常じゃなく高額だと思います。
そうなるとキャリア側の値下げの幅は限定的で、やはりスマホの維持費を安くするならMVNOの格安SIMへの乗換えしかないと思います。

DMMモバイルのサポート体制

DMMモバイルでは実店舗が無い分、365日体制でのお問い合わせにも対応、いつでも気軽に相談可能です

DMM mobileサポートセンター
(10:00〜19:00・365日受付)
ご契約前のお問い合わせ
0120-381-668
すでに契約している方はこちら
120-584-585

 

DMMモバイル