上部へ戻る

 

IIJmio(みおふぉん)

 

選べる多彩なプラン。 使い方はアナタ次第!

IIJmioなら用途にあわせて機能とデータ量を組み合わせて使えます

auの4G LTE回線を利用したモバイルサービス

タイプAを2016年10月1日より提供を開始

IIJmio公式サイトはコチラから

 

IIJmio(みおふぉん)を提供する株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は設立20年以上の老舗

 

IIJmio(みおふぉん)の紹介

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は日本で一番初めにインターネットプロバイダを始めた会社です、MVNOの通信網をドコモから借りているのは他のMVNO業者も一緒です。

 

ドコモ回線のMVNO業者の通信回線はどこも同じ条件、では何処で差がでるでしょうか?
プロバイダとしての能力だと私は思います。

 

LTE回線や3G回線などはデータが通る道です、この道に関しては、各社ドコモというキャリアから借りているので同じ条件のはずです、しかしネットに繋いでくれるのはプロバイダです

 

この部分に関してはIIJmioは日本で最初にプロバイダ事業を始めた会社で、長年培った技術やノウハウがあり、MVNOの格安SIM満足度ランキングでは常に上位にいます。

 

IIJはその高い技術とノウハウを持って、MVNO事業者を支援するMVNE事業者でもあります
MVNEとはMVNO事業を始めたい企業に、MVNO事業者としてのノウハウや技術を提供する仕事です。

 

比較的有名なMVNO事業者で言うと、DMMmobileなどはIIJから支援を受けているMVNO事業者で、バースト(初速ブースト)機能や低速切り替えなど、似たサービスがあるのはIIJから設備提供など支援を受けている会社だからです。

 

そういった背景もあり、IIJmio(みおふぉん)は通信に詳しいマニアックなユーザーなどからも絶大な人気を誇ってる技術志向の実力派MVNO事業者です。

IIJmio(みおふぉん)のおススメチェックポイント

おススメチェックポイント

2016/9現在でMVNOのシェア数No2

1位のOCNはNTTグループという事もあってネームバリューも絶大ですが、そんな中でもIIJmio(みおふぉん)はシェア数2位と利用者も多く信頼の高いMVNO事業者です。

低速通信の状態でも通信し始めの一定量だけ高速通信できる「バースト転送」で快適

低速時でも、最初の読み込みだけ制限なしの高速通信で読み込む技術で、データ量の少ないwebサイトなどは最初に一気に読み込めるので、低即時でも快適に利用できます。
こういった所からも技術レベルの高さが伺えますね。

 

ドコモのスマホならSIMロック解除しなくてもそのまま使える

IIJmio(みおふぉん)はドコモから回線を借りているMVNO事業者で、SIMカードもドコモから提供を受けています。
お手元にSIMカードが届いたら気づかれると思いますが、SIMカードはドコモ製なのでドコモの刻印がされています、ドコモのSIMカードなのでSIMロック解除無しでそのまま使えます。

使い切れなかった余ったデータ量は翌月に繰り越し

使いきらなかったデータ量はそのまま次の月に繰り越せます
翌月末日までという事なので、繰り越せるの翌月までになります
また、データ使用量によってはプランを変更される方もいらっしゃると思いますが、プラン変更後も繰り越したデータ容量は翌月末日まで有効のようです。

通信量シェアプランで家族でも個人の複数台持ちにも最適

最大3枚のSIMカードで10GBのデータを分け合えるシェアプランで、家族で乗換える際には非常にお得なプランです。
一人分の料金で3台までスマホが使えます!
MNP転入も、もちろんOKでシェアSIM3枚にそれぞれ電話番号も割り当てできます

オリコン顧客満足度ランキングMVNO部門で1位

格安SIMの満足度ランキングで1位、速度だけとか料金だけとかではなく、総合的な満足度1位になっています

電話番号そのままで使えるみおふぉんダイアルで通話料が半額

以前まではG-Callを提供していましたが、2015年4月から独自のプレフィックス型通話サービスのみおふぉんダイアルの提供を開始、お申込みは不要でIIJmio(みおふぉん)ユーザーなら誰でも利用可能です、さらにMVNO業界初となる「ファミリー通話割引」も同時にサービススタート。
IP電話ではなく、通常の通話回線を使った通話になります、発信先の電話番号の最初にプレフィックス番号の0037691を入れて発信する事でサービスの利用が可能。
みおふぉんダイアルアプリを使って発信すれば、プレフィックス番号は自動で追加されるので、通常通り相手に電話をかけるだけで大丈夫です。

IIJmio(みおふぉん)プラン紹介

音声通話対応SIMカードプラン

コース名

最大通信速度(受信時)

月額料金(税抜き価格)

3GB/月コース

225Mbps

au回線1,600円

docomo回線1,600円

6GB/月コース

225Mbps

au回線2,220円

docomo回線2,220円

シェアプラン10GB/月コース

225Mbps

au回線3,260円

docomo回線3,260円

SMS対応データ通信専用SIMカードプラン

コース名

最大通信速度(受信時)

月額料金(税抜き価格)

3GB/月コース

225Mbps

au回線900円

docomo回線1,040円

6GB/月コース

225Mbps

au回線1,520円

docomo回線1,660円

シェアプラン10GB/月コース

225Mbps

au回線2,560円

docomo回線2,700円

データ通信専用SIMカードプラン
データ通信専用プランではau回線は提供していません

コース名

最大通信速度(受信時)

月額料金(税抜き価格)

3GB/月コース

225Mbps

900円

6GB/月コース

225Mbps

1,520円

シェアプラン10GB/月コース

225Mbps

2,560円

シェアプランは最大SIM3枚まで1枚に付き2000円で追加できます
音声対応SIMカードはSMS対応です

IIJmio(みおふぉん)のセット販売SIMフリー端末

端末を新しく購入したい方には、SIMフリー端末のセット販売も用意されています。
ドコモ製のスマホを利用する場合、テザリングができなくなるというデメリットがありますが、SIMフリー端末ならテザリングも可能

arrows M02/RM02

IIJmio(みおふぉん)

待望のFeliCaチップ搭載おサイフケータイ対応の国産SIMフリー端末です、SIMフリー端末は海外製品が多い為、おサイフケータイが使えないので、おサイフケータイ利用者には待ちに待った国産SIMフリー端末だと思います。
お値段は、一括支払い2,9800円で、24回分割だと月々1,300円と格安スマホらしい値段設定。
液晶よりも美しい色彩を表現できる有機ELディスプレイ搭載、有機ELは液晶よりも反応速度が速いので動画も滑らかに表示。
OSにはAndroid5.1、CPUはMSM8916 1.2GHzクワッドコア搭載です。
富士通独自の「ヒューマンセントリックエンジン」で省電力を実現、たっぷり3日間持つと公式ではうたっています。
スペックの詳細については当サイトでは現在別ページにて作成中ですので、IIJmio(みおふぉん)公式サイト内のセット販売ページにてご確認ください。

ZenFone 2 Laser

IIJmioでしか買えないIIJmio限定カラーのパープルも有ります

ZenFone 2 Laserは海外製のSIMフリー端末で人気の高い機種です。
お値段は、一括支払い2,7800円で、24回分割だと月々1,250円
arrows M02の登場で1番人気の座は奪われてしまいましたが、それまではIIJmio(みおふぉん)の格安スマホセット端末では一番売れていた機種です。
スペック詳細はコチラから→ZenFone2 laserセット販売業者一覧

HUAWEI P8lite

IIJmio(みおふぉん)のセット販売格安スマホ第一弾で投入された機種です
HUAWEI(フーウェイ)は日本での認知は低いですが、スマートフォンの世界シェア第三位のメーカーです。

価格とスペックのバランスの良さでコストパフォーマンスモンスターと呼ばれる機種です。
格安スマホに位置する機種なので価格は3万円以下。
この価格にも関らずスペック的にはかなり高いです、CPUにはHisilicon Kirin 620オクタコアを搭載。
音楽聴きながらWEBブラウジングやゲームなど複数のアプリを起動してもサクサク動く処理能力。
メインカメラ:1300万画素インカメラ500万画素とカメラ性能高いです。
格安スマホはCPUやカメラなど価格相応のスペックな場合が多いですが、さすがコストパフォーマンスモンスターこの価格帯の格安スマホでは一つ頭抜けたスペックです
セット販売業者一覧はコチラから→HUAWEI P8liteセット販売業者一覧

詳細はコチラから公式サイトへ

 

 

IIJmio(みおふぉん)記事一覧

IIjmioのAPN

IIjmio使ってないからわからないんですけど、送られて来た説明書がわかりにくいんですかね?IIjmioのAPN設定について検索される方が多いみたいなので書いていきます。APNiijmioユーザー名mio@iijパスワードiil認証タイプPAPまたはCHAP全ユーザー共通設定で個別のパスワードとかは...

≫続きを読む

iijmio sim

iijmioのsimカードのポイントを何点か紹介します料金が安いiijmioのsimカードならドコモなどのキャリアに比べてデータ通信料(パケット料)が格安になりますキャリアだと5GBで5,000円IIjmioだと5GBで2,220円データ通信専用なら1,520円キャリアの場合この他にも基本料金やsp...

≫続きを読む

iijmioにmnp

IIJmioの音声対応SIMならドコモ・ソフトバンク・au同様にMNPを使って乗り換えができます。MVNOに乗り換える時は大手3キャリアと違ってショップで全てやってくれるような手厚いサポートはないので、あまり詳しくない一般の人には少し敷居が高いですよね。流れとしては、MNP予約番号を取得→IIJmi...

≫続きを読む

IIJmioおうちでナンバーポータビリティ始まる

MVNO各社、続々とMNPが自宅で切り替えできるサービスを導入開始しはじめましたね!IIJmio(みおふぉん)でも2015年9月16日よりMNPの切り替えが自宅で出来るサービスがはじまりますその名も・・・おうちでナンバーポータビリティそのまんまのネーミングですね。このサービスのおかげで、MNP転出の...

≫続きを読む

データ通信simをiijmioで使う

MVNO大手のiijmioも当然データ通信SIMがあります。タブレット端末や、モバイルwifiルーター、電話番号不要でスマホを使いたい方にオススメです。プラン・料金3GB/月900円5GB/月1,520円10GB /月2,560円iijmioのデータ通信専用SIMを使う場合のいくつかのポイントセルス...

≫続きを読む

IIJmioでxperia(エクスペリア)を使う

現在お使いのxperia(エクスペリア)をIIJmio(みおふぉん)の格安SIMで使いたい人向けの情報を紹介いたします。xperiaZシリーズからはCPUもクワッドコアになり、操作性もサクサク抜群ですので、IIJmio(みおふぉん)の格安SIMにそのまま乗換えても、現役のメイン機種として当分使える機...

≫続きを読む

IIJmio(みおふぉん)でiphone

このサイトではIIJmio(みおふぉん)の格安SIMを使ってiphoneで運用しようと思ってる方向けの情報を配信しています。MVNO大手のIIJmio(みおふぉん)の格安SIMを使ってiphoneの運用を考えていらっしゃる方は非常に多いと思います。結果から言えば、iphone4S、iphone5/5...

≫続きを読む

IIJmio(みおふぉん)で即日開通する方法

みおふぉんの愛称で人気にIIJmioの音声対応の格安SIMですが、特に現在の電話番号そのままでMNPしたい人は出来れば即日開通を希望される方が多いと思います。現代人にとってスマホは日常の一部になっているので、1日でも繋がらないと不便だし不安に思われる方は多いはずです。ここでは、IIJmio(みおふぉ...

≫続きを読む

IIJmioが雑誌の家電批評とコラボでエントリーコードを付録でプレゼント

先ほどコンビニいったら雑誌コーナーでIIJmioの格安SIMのスタートコードが付録で付いてる雑誌が目に入ったのでチラっと立ち読みしました。雑誌の名前は「家電批評」の4月号です。この付録のエントリーコードでは、500MBのプリペイドSIMと通常プランの2つから申し込みを選択できるようになってました。格...

≫続きを読む

IIJmio(みおふぉん)がZenFone Goの提供開始

IIJmio(みおふぉん)が2016年3月下旬より新機種のZenFone Go ?(ZB551KL)を提供開始するようです。5.5インチクアッドコア・RAM2GB/ROM16GBのスペックで2万円以下という非常にコストパフォーマンスの高い機種です。現在ではオクタコア以上のCPUを搭載したスマホもあり...

≫続きを読む

IIJmioが業界初のフルMVNOへ

2017年度下期にIIJmioがフルMVNOへ、というニュースが流れましたね。フルMVNOとは?加入者管理機能である「HLR/HSS」というユーザー情報を管理するデータベースを自社で運用するMVNOという事らしいんですが・・・今現在、MVNOが管理している部分というのは、ネット接続時のゲートウェイ部...

≫続きを読む