月々のスマホ料金を格安SIMで安くしませんか?

ARROWS V F-04EでMVNOの格安SIMを使う

ドコモ2012年冬モデルとして2012年11月28日に発売されたARROWS NX F-01FをMVNOの格安SIMで運用しようと考えていらっしゃる方向けの情報ページです。

 

ARROWS V F-04EでMVNOの格安SIMを使う

ARROWS NX F-01Fを格安SIMで使う場合、ドコモ回線を利用したMVNO業者の格安SIMを利用する事になります。

 

2012年製のスマホですが、クアッドコアCPU搭載という事で、動作的にはストレスなく利用可能できる機種です。

 

容量も64GBとさほど使わない人だとSDなどの外部容量を使う事もなく利用できるレベルの大容量です、さらにSDカードなど外部ストレージを使えば写真や動画を多く保存する方にも安心して使えると思います。

 

弱点は、バッテリーが弱いのと発熱があげられますが、発熱はある程度どうしようもないですが、バッテリーに関しては裏パックで取り外し可能タイプなので、ネットで予備バッテリーを購入して自分で交換も可能なのでそれでカバーできると思います。

 

すでに使われている方で、SIMカードのみ格安SIMに変えられる方はF-04Eの特性をわかってらっしゃると思いますし、スペック的には良い機種なのでそのまま乗り換えもおススメです。

 

格安SIMでの運用の為に新規に中古端末を購入される方は、バッテリーの持ちが悪いという事を理解した上での購入をおススメします。
しかし、中古だと1万円以下での購入も可能なので、このスペックの機種が1万円以下なら魅力的な機種だと思います。

 

利用できるMVNOの格安SIM事業者一覧

ARROWS NX F-01FをMVNOの格安SIMで利用する場合、ドコモの回線を利用したMVNO業者になります。

ARROWS V F-04Eを動作確認端末として掲載されていない業者もありますが、基本的にはドコモ回線の格安SIMならドコモ製のスマホは問題なく利用可能です。

 

自社で実機にて確認していないというだけで、利用できないわけではないです。

 

ドコモ回線のA社の格安SIMは利用できて、B社のは利用出来ないという事例は聞いた事がないので問題なく利用できると思います。
ですので上記の業者の内の何社かは動作確認されてますので、ARROWS V F-04Eは上記で紹介しているドコモ回線の格安SIMなら基本的には利用可能です。

 

SIMカードのサイズはmicroSIMとなっています。
この機種は、SIMロック解除可能の端末ですが、ドコモ回線のMVNO業者のSIMカードならSIMロック解除不要でそのまま差し替えるだけで使えます。

 

ARROWS NX F-01FをMVNOの格安SIMで使う際のポイント

ココではARROWS NX F-01FでキャリアからMVNOの格安SIMに乗り換える際のメリットやデメリットなどのポイントを簡単に紹介します。

テザリングについて

ドコモで販売されているAndroid端末は他社のSIMカードではテザリングができません。
ARROWS NX F-01Fも同様にテザリングが不可になります。
ドコモ製のiphoneはテザリングも可能となっています

 

docomo版Xperia/Galaxy/Optimusに関しては、ある程度知識のある人はコチラのサイトのツールを使えばテザリングの利用ができるようです
http://hanpenx914.blogspot.jp/2015/03/docomo-tethering-1click.html
その他の機種をお使いの方は基本的にはドコモ製のandroid端末と格安SIMの組み合わせではテザリングが不可となっています。

おサイフケータイは使えます

格安SIMに乗り換える際に、おサイフケータイは使えるのか心配されてる方も多いようですが、おサイフケータイで利用されるFeliCa(フェリカ)の機能は端末に搭載してある機能なので、各キャリアの契約とは関係ありません。
ARROWS NX F-01FはFeliCa(フェリカ)対応の機種ですので、MVNOの格安SIMに乗り換え後も通常どおりおサイフケータイの機能は使えます。

 

ただし、ドコモのiDなど各キャリアが独自に提供しているサービスは各キャリアの契約が無いと使えません
その他のおサイフケータイを利用した機能のマクドナルドのかざすクーポン、楽天edy、セブンイレブンのnanaco(ナナコ)、モバイルSuicaなどは通常どおり利用可能です。

ドコモ独自のサービスが使えなくなる

@docomo.ne.jpのドコモで使ってたキャリアメールが使えなくなります
マイネオでは@mineo.jpのメールアドレスが貰えます。

 

その他にもキャリア決済対応サイトで利用した料金が通話料と一緒に請求される便利なサービス、spモード コンテンツ決済やドコモのキャリア決済であるドコモケータイ払いなども使えなくなります。

 

ドコモ提供のコンテンツサービス「dマーケット」「dヒッツ」「dマガジン」などは最近ではMVNO業者と提携を始め、利用できるようになっています。

 

>>格安SIM業者一覧はコチラ

 

ARROWS NX F-01Fスペック

ARROWS NX F-01Fを格安SIMで使う前にスペックの再確認などの参考にどうぞ
docomo2012年冬モデルとして2012年11月28日発売

64GBの大容量ROM

超大容量64GBのROMを搭載しました。
容量を気にすることなく、NOTTVや地デジなどの高画質映像が楽しめます。
アプリやゲームもこれだけの容量があれば、たくさんのコンテンツが持ち歩けます。
さらに外部メモリのSDカードも使えば最大128GB

DLNA対応

DLNA対応のブルーレイディスクレコーダーなどをワイヤレスで接続し、録画した地デジ番組(注7)をハイビジョン画質でストリーミング視聴できます。

高性能1310万画素カメラ

裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R for mobile」、高感度、低ノイズ化と多彩な撮影機能を実現する画像処理エンジン「Milbeaut Mobile」を採用。静止画も動画も美しく、高精細な写真や動画が撮影できます。

フルHDムービー撮影

スマホ本体の液晶ディスプレイはHDサイズですが、カメラは高性能で、フルHD動画の撮影が可能です。

持ってる間ON

傾きと揺れから、手に持っているかどうかを自動で検知。Webサイトや地図アプリなどを閲覧中に画面が消える心配もありません。

睡眠ログ

慶應義塾大学 呼吸器内科/聖マリアンナ医科大学 循環器内科 協力
加速度センサーとマイク(音響)を使い睡眠状態を検知。就寝時間や起床時間はもちろん、睡眠時間、寝返りの多さ、いびきの音の大きさ、いびきの間の途切れなどの詳細な睡眠情報が一目瞭然に。毎日の睡眠状態からより良い眠りのためのアドバイスメッセージを提供します。

スマート指紋センサー

あらかじめ指紋を登録した指でセンサーをなぞると、ロックをすぐに解除できるスマート指紋センサーを搭載。従来のスマートフォンのように、パターン入力やパスワード入力をする必要なく指一本でサッと認証できます。

富士通モバイル統合辞書

音声ファイルや動画ファイルに対応している本格マルチメディア辞書を搭載。
広辞苑やリーダーズ英和辞典など、全30種類の本格辞書をフルに活用できます。
さらに、Webサイトを表示中に選択した文字をその場で辞書引きできる「すぐ辞書」に対応しました。

サイズ 129(H)×65(W)×10.8(D)
OS Android4.0.4 バージョンアップ後4.2.2
CPU NVIDIA Tegra 3 AP33 (1.5GHz クアッドコア)
メモリ RAM:2GB/ROM64GB (microSD/microSDHC最大32GB/microSDXC最大64GB)
ディスプレイ 4.7インチ HD(1280×7200ドット)TFT液晶
カメラ 1310万画素(インカメラ125万画素)
バッテリー 2,420mAh
SIMカードサイズ microSIM

 

オススメ格安SIM業者一覧はコチラから