ARROWS X F-02EでMVNOの格安SIMを使う

ドコモ2013年春モデルとして2013年2月22日に発売されたARROWS X F-02EをMVNOの格安SIMで運用しようと考えていらっしゃる方向けの情報ページです。

 

ARROWS X F-02EでMVNOの格安SIMを使う

ARROWS X F-02Eを格安SIMで使う場合、ドコモ回線を利用したMVNO業者の格安SIMを利用する事になります。

 

同時期に発売されたスマホの中でもかなりの酷評価の機種だったと思います・・
当たりはずれもあるようですが、再起動のループなど不具合も多い機種です。

 

バッテリー持ちの異常な悪さと、発熱が激しい機種で、格安SIMに乗り換えでメイン機種としてはあまりお勧めはできませんが、スペックのみ見れば悪くは無い機種ですので、たまにネットを利用したり、LINEするくらいのライトユーザーで、機種の特性を理解されてる方なら、格安SIMでの利用も良いと思います。

 

これから白ロムを購入して、格安SIMでの運用を考えられている場合は、特性を理解しての上でない場合、スペックと値段のみで決めるのは、あまりお勧めできない機種ですね。

 

格安SIM業者で、安価で購入できるセット端末などもありますし、別機種に乗り換え検討もおススメします。

 

子供の連絡用に持たせる為など、メインで利用する機種ではなく、ちょっとした利用で使うだけなら、高価でハイスペックな機種など必要ないと個人的には思いますので、 F-02Eを格安SIMで運用するのは良いと思います。

 

利用できるMVNOの格安SIM事業者一覧

ARROWS X F-02EをMVNOの格安SIMで利用する場合、ドコモの回線を利用したMVNO業者になります。

ARROWS X F-02Eを動作確認端末として掲載されていない業者もありますが、基本的にはドコモ回線の格安SIMならドコモ製のスマホは問題なく利用可能です。

 

自社で実機にて確認していないというだけで、利用できないわけではないです。

 

ドコモ回線のA社の格安SIMは利用できて、B社のは利用出来ないという事例は聞いた事がないので問題なく利用できると思います。
ですので上記の業者の内の何社かは動作確認されてますので、ARROWS X F-02Eは上記で紹介しているドコモ回線の格安SIMなら基本的には利用可能です。

 

SIMカードのサイズはmicroSIMとなっています。
この機種は、SIMロック解除可能の端末ですが、ドコモ回線のMVNO業者のSIMカードならSIMロック解除不要でそのまま差し替えるだけで使えます。

 

ARROWS X F-02EをMVNOの格安SIMで使う際のポイント

ココではARROWS X F-02EでキャリアからMVNOの格安SIMに乗り換える際のメリットやデメリットなどのポイントを簡単に紹介します。

テザリングについて

ドコモで販売されているAndroid端末は他社のSIMカードではテザリングができません。
ARROWS X F-02Eも同様にテザリングが不可になります。
ドコモ製のiphoneはテザリングも可能となっています

 

docomo版Xperia/Galaxy/Optimusに関しては、ある程度知識のある人はコチラのサイトのツールを使えばテザリングの利用ができるようです
http://hanpenx914.blogspot.jp/2015/03/docomo-tethering-1click.html
その他の機種をお使いの方は基本的にはドコモ製のandroid端末と格安SIMの組み合わせではテザリングが不可となっています。

おサイフケータイは使えます

格安SIMに乗り換える際に、おサイフケータイは使えるのか心配されてる方も多いようですが、おサイフケータイで利用されるFeliCa(フェリカ)の機能は端末に搭載してある機能なので、各キャリアの契約とは関係ありません。
ARROWS X F-02EはFeliCa(フェリカ)対応の機種ですので、MVNOの格安SIMに乗り換え後も通常どおりおサイフケータイの機能は使えます。

 

ただし、ドコモのiDなど各キャリアが独自に提供しているサービスは各キャリアの契約が無いと使えません
その他のおサイフケータイを利用した機能のマクドナルドのかざすクーポン、楽天edy、セブンイレブンのnanaco(ナナコ)、モバイルSuicaなどは通常どおり利用可能です。

ドコモ独自のサービスが使えなくなる

@docomo.ne.jpのドコモで使ってたキャリアメールが使えなくなります
マイネオでは@mineo.jpのメールアドレスが貰えます。

 

その他にもキャリア決済対応サイトで利用した料金が通話料と一緒に請求される便利なサービス、spモード コンテンツ決済やドコモのキャリア決済であるドコモケータイ払いなども使えなくなります。

 

ドコモ提供のコンテンツサービス「dマーケット」「dヒッツ」「dマガジン」などは最近ではMVNO業者と提携を始め、利用できるようになっています。

 

>>格安SIM業者一覧はコチラ

 

ARROWS X F-02Eスペック

ARROWS X F-02Eを格安SIMで使う前にスペックの再確認などの参考にどうぞ
docomo2013年春モデルとして2013年2月22日発売

ハイパフォーマンス12コアNVIDIA GPU

ハイクオリティな映像を実現する12個のGPUコア(グラフィックス・プロセッシング・ユニット)を搭載。CGを駆使した高解像のゲームもなめらかに表現します。
なめらかで美しいグラフィックを必要とするハイクオリティゲームなども、4つのCPUコアと12個のGPUコアがフル稼働して快適なプレイが楽しめます。

写真店プリントを超えるフォトビューアーとして

一般的な写真店プリント(サービス判)の解像度300ppiの約1.5倍を誇る、443ppiで画像表示。ARROWS Xなら美しいフォトビューアーとしても使用できます。

フルHD動画再生

HDと比べて約2.3倍の解像度で表示。驚愕の映像美で、動画コンテンツをより感動的に楽しめます。

1630万画素 高画質カメラ

スマートフォン最高クラスを誇る画素数で、静止画も動画も美しく撮影できる高性能・高画質カメラ。かつてない圧倒的な高精細映像を実現しました。

持ってる間ON

傾きと揺れから、手に持っているかどうかを自動で検知。Webサイトや地図アプリなどを閲覧中に画面が消える心配もありません。

睡眠ログ

慶應義塾大学 呼吸器内科/聖マリアンナ医科大学 循環器内科 協力
加速度センサーとマイク(音響)を使い睡眠状態を検知。就寝時間や起床時間はもちろん、睡眠時間、寝返りの多さ、いびきの音の大きさ、いびきの間の途切れなどの詳細な睡眠情報が一目瞭然に。毎日の睡眠状態からより良い眠りのためのアドバイスメッセージを提供します。

スマート指紋センサー

あらかじめ指紋を登録した指でセンサーをなぞると、ロックをすぐに解除できるスマート指紋センサーを搭載。従来のスマートフォンのように、パターン入力やパスワード入力をする必要なく指一本でサッと認証できます。

キャプメモ

あらゆる画面を瞬時に保存!さらに手書きもOK
画面の外から画面の中央へ指を動かすスワイプ操作をするだけで、表示している画面(注8)を保存できます。さらにそのまま手書き入力をしたり、地図上に道順を書いたり、注目してほしい箇所にマーカーを引いたりと、多彩な使い方が楽しめます。書いたメモはSNSなどへワンタッチで共有できるので便利です。

富士通モバイル統合辞書

音声ファイルや動画ファイルに対応している本格マルチメディア辞書を搭載。
広辞苑やリーダーズ英和辞典など、全30種類の本格辞書をフルに活用できます。
さらに、Webサイトを表示中に選択した文字をその場で辞書引きできる「すぐ辞書」に対応しました。

サイズ 140(H)×69(W)×10.3(D)
OS Android4.1.2
CPU NVIDIA Tegra 3 AP37 (1.7GHz クアッドコア)
メモリ RAM:2GB/ROM32GB (microSD/microSDHC最大32GB/microSDXC最大64GB)
ディスプレイ 5インチ フルHD(1920×1080ドット)TFT液晶
カメラ 1630万画素(インカメラ130万画素)
バッテリー 2,420mAh
SIMカードサイズ microSIM

 

オススメ格安SIM業者一覧はコチラから