ARROWS NX F-04GでMVNOの格安SIMを使う

ドコモ2015年夏モデルとして2015年5月28日に発売されたARROWS NX F-04GをMVNOの格安SIMで運用しようと考えていらっしゃる方向けの情報ページです。

 

ARROWS NX F-04GでMVNOの格安SIMを使う

ARROWS NX F-04Gを格安SIMで使う場合、ドコモ回線を利用したMVNO業者の格安SIMを利用する事になります。

 

オクタコアCPU搭載という事で、レスポンス最強かと思われていましたが、発熱問題などで、オクタコアの本領が発揮できないようですが・・
最近では、オクタコアやらヘキサコアやらありますが、総合的にみるとクアッドコアが一番パフォーマンスが良いという意見も多いようで

 

細かい話は置いといて。

 

それでも、期待以上ではなかったにして、スペック機能共に素晴らしい機種なのには違いありません。この記事を書いている2016年6月現在では、発売から1年の機種なので、2年縛りや月々サポートで端末の支払いも残ってる方が大半なので、格安SIMに乗り換える方は少ないとは思いますが、MVNO業者では、動作確認もされてるので、格安SIMに乗り換えもおススメの機種です。

 

PREMIUM 4Gという高速通信技術、ドコモのキャリアアグリゲーションにも対応している機種で、キャリアアグリゲーションは格安SIMでも機能します。

 

格安SIMは昼間〜夜の混雑時、通信速度が遅くなるのが弱点ですが、キャリアアグリゲーション対応端末では、その問題もかなり解消される事が期待できるので、格安SIMでの利用でも通信速度に期待が持てると思います。

 

 

利用できるMVNOの格安SIM事業者一覧

ARROWS NX F-04GをMVNOの格安SIMで利用する場合、ドコモの回線を利用したMVNO業者になります。

ARROWS NX F-04Gを動作確認端末として掲載されていない業者もありますが、基本的にはドコモ回線の格安SIMならドコモ製のスマホは問題なく利用可能です。

 

自社で実機にて確認していないというだけで、利用できないわけではないです。

 

ドコモ回線のA社の格安SIMは利用できて、B社のは利用出来ないという事例は聞いた事がないので問題なく利用できると思います。
ですので上記の業者の内の何社かは動作確認されてますので、ARROWS NX F-04Gは上記で紹介しているドコモ回線の格安SIMなら基本的には利用可能です。

 

SIMカードのサイズはnanoSIMとなっています。
この機種は、SIMロック解除可能の端末ですが、ドコモ回線のMVNO業者のSIMカードならSIMロック解除不要でそのまま差し替えるだけで使えます。

 

ARROWS NX F-04GをMVNOの格安SIMで使う際のポイント

ココではARROWS NX F-04GでキャリアからMVNOの格安SIMに乗り換える際のメリットやデメリットなどのポイントを簡単に紹介します。

テザリングについて

ドコモで販売されているAndroid端末は他社のSIMカードではテザリングができません。
ARROWS NX F-04Gも同様にテザリングが不可になります。
ドコモ製のiphoneはテザリングも可能となっています

 

docomo版Xperia/Galaxy/Optimusに関しては、ある程度知識のある人はコチラのサイトのツールを使えばテザリングの利用ができるようです
http://hanpenx914.blogspot.jp/2015/03/docomo-tethering-1click.html
その他の機種をお使いの方は基本的にはドコモ製のandroid端末と格安SIMの組み合わせではテザリングが不可となっています。

おサイフケータイは使えます

格安SIMに乗り換える際に、おサイフケータイは使えるのか心配されてる方も多いようですが、おサイフケータイで利用されるFeliCa(フェリカ)の機能は端末に搭載してある機能なので、各キャリアの契約とは関係ありません。
ARROWS NX F-04GはFeliCa(フェリカ)対応の機種ですので、MVNOの格安SIMに乗り換え後も通常どおりおサイフケータイの機能は使えます。

 

ただし、ドコモのiDなど各キャリアが独自に提供しているサービスは各キャリアの契約が無いと使えません
その他のおサイフケータイを利用した機能のマクドナルドのかざすクーポン、楽天edy、セブンイレブンのnanaco(ナナコ)、モバイルSuicaなどは通常どおり利用可能です。

ドコモ独自のサービスが使えなくなる

@docomo.ne.jpのドコモで使ってたキャリアメールが使えなくなります
マイネオでは@mineo.jpのメールアドレスが貰えます。

 

その他にもキャリア決済対応サイトで利用した料金が通話料と一緒に請求される便利なサービス、spモード コンテンツ決済やドコモのキャリア決済であるドコモケータイ払いなども使えなくなります。

 

ドコモ提供のコンテンツサービス「dマーケット」「dヒッツ」「dマガジン」などは最近ではMVNO業者と提携を始め、利用できるようになっています。

 

>>格安SIM業者一覧はコチラ

 

ARROWS NX F-04Gスペック

ARROWS NX F-04Gを格安SIMで使う前にスペックの再確認などの参考にどうぞ
docomo2015年夏モデルとして2015年5月28日発売

Iris Passport(アイリスパスポート)

画面を見るだけで瞬間認証!
虹彩(こうさい)認証「Iris Passport(アイリスパスポート)」を搭載。
虹彩とは…
黒目の瞳孔の外側にある環状の部分です。虹彩には皺があり、そのパターンは一人ひとり違うのです。
映画などで、扉などを開ける時に目をかざしてロック解除するシーンを見た事ある方も多いと思いますが、アレです。

5.2インチWQHDディスプレイ

HDディスプレイ4台分の解像度を1台に凝縮したWQHD(1440×2560pixel)を手のひらサイズに。超高画素密度564ppiだから高精細で本物のような質感の画像を楽しむことができます。

4K動画撮影

高精細でまるでその場にいるような臨場感と、立体感のある繊細かつ美しい映像が残せるようになりました。MHL対応だから、4Kテレビとつないで、家族で楽しむこともできます。

有効画素数約240万画素インカメラ

インカメラで自撮りするシーンも増えてる昨今
インカメラも240万画素の高画質で「GRANVU(グランビュー)」と顔検出に対応し、自分撮りをさらにキレイに楽しめます。
画面にタッチするだけでシャッターが切れるので、カンタンに撮影できます。

高速通信PREMIUM 4G対応

受信時最大225Mbpsを実現
LTE-Advancedのキャリアアグリゲーション技術の導入により複数の周波数帯を束ねることで高速通信を実現。ドコモでは束ねる周波数帯の組み合わせを使い分けて、さらに快適なネットワークを提供します。
※キャリアアグリゲーションは格安SIMでも機能します。

Wi-Fi MIMO

Wi-Fiのアンテナを2本同時に利用する高速通信方式Wi-Fi MIMOに対応。より速く、安定した通信を実現します。

富士通独自の高速ダウンロード

サーバーへ通信するセッション数のリクエストを増やすことで、一気にダウンロード時間を短縮。
さらに、F-02Gでは最大8本だったセッション数が最大16本に増え、さらに短時間でダウンロードを完了できます。

急速充電

ずかな時間の充電で、思う存分使えます。うっかり充電を忘れてしまった朝など、急いでいるときに便利です。

ハイレゾ音源対応

音楽CDの約6.5倍の情報量をもつハイレゾ音源の再生に対応。原音をより正確な形に再現するので、録音されたときの空気感・臨場感まで楽しめます。

フルセグ対応

自宅のテレビで見る地上デジタル放送と同じハイビジョン放送(フルセグ)を楽しむことができます。
ワンセグよりも高画質で、スポーツ中継やニュースなどの文字、映像の細かな部分まで、クッキリ滑らかに映し出します。
フルセグ画質での番組録画や、データ放送の受信も可能なので、見たい番組をいつでもどこでも楽しめます。

プライバシーモード

ブックマークやアプリ、ギャラリーなどの情報やNX!メールなどの新着通知を非表示にできます。
スマート指紋センサーの長押しで起動・解除が可能です。

手袋タッチ

静電容量を識別し、指でのタッチか手袋でのタッチかを自動的に判別するタッチパネルを搭載。
冬の寒い日でも手袋をはずすことなくラクに操作できます。

サイズ 146(H)×70(W)×8.8(D)
OS Android5.0
CPU Qualcomm Snapdragon 810 MSM8994 (2.0GHz + 1.5GHz オクタコア)
メモリ RAM:3GB/ROM32GB (microSD/microSDHC最大32GB/microSDXC最大128GB)
ディスプレイ 5.2インチ WQHD(2560×1440ドット)IPS液晶
カメラ 2150万画素(インカメラ240万画素)
バッテリー 3,120mAh
SIMカードサイズ nanoSIM

 

オススメ格安SIM業者一覧はコチラから