月々のスマホ料金を格安SIMで安くしませんか?

ARROWS Tab F-02FでMVNOの格安SIMを使う

ドコモ2013-2014冬春モデルとして2013年11月29日に発売されたARROWS Tab F-02FをMVNOの格安SIMで運用しようと考えていらっしゃる方向けの情報ページです。

 

ARROWS Tab F-02FでMVNOの格安SIMを使う

ARROWS Tab F-02Fを格安SIMで使う場合、ドコモ回線を利用したMVNO業者の格安SIMを利用する事になります。

 

本体の性能自体はなかなか良いのですが、液晶の4隅が焼きつきやすいのと、バッテリーが9600mAhにしてはバッテリー持ちが悪いという情報が多い機種です。

 

ネットサーフィンや短時間の動画やゲームくらいのライトユーザーには十分な性能の機種だと思いますが、ヘビーユーザーには、あまりおススメできる機種ではないですね。

 

すでに、この機種を持たれている方で、特性を理解した上で特に不便を感じていない方はそのままMVNOの格安SIMを利用するは良いと思いますが、中古端末などで新規に購入を考えられている場合、あまりお勧めできません。

 

特にヘビーユーザーの方で長時間利用される場合など、発熱からの不具合が起きやすい傾向にあると思います。

 

端末によっては、当たりはずれもあると思うので、何の問題もなく使われている方も多くいらっしゃるとは思いますので、そういった方はそのまま格安SIMへの乗り換えはおススメだと思います。

 

ドコモ回線のMVNO業者の格安SIMへの乗換えの場合、SIMロック解除は不要です

 

利用できるMVNOの格安SIM事業者一覧

ARROWS Tab F-02FをMVNOの格安SIMで利用する場合、ドコモの回線を利用したMVNO業者になります。

ARROWS Tab F-02Fを動作確認端末として掲載されていない業者もありますが、基本的にはドコモ回線の格安SIMならドコモ製のスマホは問題なく利用可能です。

 

自社で実機にて確認していないというだけで、利用できないわけではないです。

 

ドコモ回線のA社の格安SIMは利用できて、B社のは利用出来ないという事例は聞いた事がないので問題なく利用できると思います。
ですので上記の業者の内の何社かは動作確認されてますので、ARROWS Tab F-02Fは上記で紹介しているドコモ回線の格安SIMなら基本的には利用可能です。

 

SIMカードのサイズはmicroSIMとなっています。
この機種は、SIMロック解除可能の端末ですが、ドコモ回線のMVNO業者のSIMカードならSIMロック解除不要でそのまま差し替えるだけで使えます。

 

ARROWS Tab F-02FをMVNOの格安SIMで使う際のポイント

ココではARROWS Tab F-02FでキャリアからMVNOの格安SIMに乗り換える際のメリットやデメリットなどのポイントを簡単に紹介します。

テザリングについて

ドコモで販売されているAndroid端末は他社のSIMカードではテザリングができません。
ARROWS Tab F-02Fも同様にテザリングが不可になります。
ドコモ製のiphoneはテザリングも可能となっています

 

docomo版Xperia/Galaxy/Optimusに関しては、ある程度知識のある人はコチラのサイトのツールを使えばテザリングの利用ができるようです
http://hanpenx914.blogspot.jp/2015/03/docomo-tethering-1click.html
その他の機種をお使いの方は基本的にはドコモ製のandroid端末と格安SIMの組み合わせではテザリングが不可となっています。

ドコモ独自のサービスが使えなくなる

@docomo.ne.jpのドコモで使ってたキャリアメールが使えなくなります
マイネオでは@mineo.jpのメールアドレスが貰えます。

 

その他にもキャリア決済対応サイトで利用した料金が通話料と一緒に請求される便利なサービス、spモード コンテンツ決済やドコモのキャリア決済であるドコモケータイ払いなども使えなくなります。

 

ドコモ提供のコンテンツサービス「dマーケット」「dヒッツ」「dマガジン」などは最近ではMVNO業者と提携を始め、利用できるようになっています。

 

>>格安SIM業者一覧はコチラ

 

ARROWS Tab F-02Fスペック

ARROWS Tab F-02Fを格安SIMで使う前にスペックの再確認などの参考にどうぞ
docomo2013-2014冬春モデルとして2013年11月29日発売

大容量バッテリー×軽量ボディ

電池長持ちを実現する9600mAhのパワフルなバッテリーを搭載。
動画やインターネットを楽しむための十分なパワーを備えています。
しかも約519gの軽量ボディ

急速充電

短時間の充電でたっぷり使える急速充電に対応。
わずか30分の充電で、ブラウザは約5時間、動画は約4時間視聴可能です。

フルセグ対応

テレビのない部屋やお風呂、外出先でも自宅のテレビと同じ高解像度で、大画面のフルセグ放送を楽しめます。
さらに、同梱のUSB同軸変換ケーブルを使用することで、ご家庭の安定した電波環境で受信が可能。
また、フルセグ録画にも対応しており、予約録画や録画番組の再生を行うことができます。

フロントステレオスピーカー

ステレオスピーカーを正面に配置し、迫力あるサウンドがダイレクトに響きます。
さらに、大型スピーカーを採用したことで、低音から高音までクリアでバランスがよい音響を楽しめます

DLNA連携

対応の機器に録画した地デジ番組を、Wi-Fiを介してリビング以外の部屋で視聴したり、外に持ち出すことも可能。
タブレットの大画面を活かして、まるで自分専用のテレビのように番組視聴を楽しめます。

キッズスタイル

利用制限時間を設定、利用したアプリの履歴を確認、使えるアプリを限定
お子様に安心して使っていただけるスタイルです

フルHDムービー撮影

細部までくっきりキレイなフルHD(1920×1080)サイズの動画撮影が可能。

サイズ 169(H)×261(W)×8.9(D)
OS Android4.2.2→4.4.2(バージョンアップ後)
CPU Qualcomm Snapdragon 800 MSM8974 (2.2GHz クワッドコア)
メモリ RAM:2GB/ROM64GB (microSD最大64GB)
ディスプレイ 10.1インチ WQXGA(2560×1600ドット) TFT-IPS液晶
カメラ 810万画素(インカメラ 130万画素)
バッテリー 9,600mAh
SIMカードサイズ microSIM

 

オススメ格安SIM業者一覧はコチラから