上部へ戻る

 

ARROWS Tab F-03GでMVNOの格安SIMを使う

ドコモ2014-2015冬春モデルとして2014年11月8日に発売されたARROWS Tab F-03GをMVNOの格安SIMで運用しようと考えていらっしゃる方向けの情報ページです。

 

ARROWS Tab F-03GでMVNOの格安SIMを使う

ARROWS Tab F-03Gを格安SIMで使う場合、ドコモ回線を利用したMVNO業者の格安SIMを利用する事になります。

 

前作のF-02Fでは不具合も多い機種でしたが、本機F-03Gは完成度が非常に高く、ネットの評価も非常に高い機種です。

 

個人的にはOSがandroid4.4からバージョンアップが無いという点と、メモリが2Gではなく3Gだったらいう事無しだったのにな〜
といったくらいで、本当に完成度の高いおススメできる機種です。

 

発売が2014年11月8日という事で、あと数か月程度で、2年縛りも終える頃ですし、MVNOの格安SIMに乗換えには非常におススメ出来る機種です。

 

使用頻度によっては2年程度で、バッテリーの劣化も出てくるのでドコモ解約前にバッテリー交換をして、格安SIMに乗り換えれば、まだ当分使っていける機種だと思います。

 

中古端末など白ロムを購入されての格安SIMでの運用をお考えの場合も、同じくらいの価格でF-03Gよりスペックの高い機種もあるとは思いますが、多少スペックダウンになったとしてもF-03Gは完成度の高い機種なので、おススメできる機種です。

 

ドコモ回線のMVNO業者の格安SIMへの乗換えの場合、SIMロック解除は不要です

 

利用できるMVNOの格安SIM事業者一覧

ARROWS Tab F-03GをMVNOの格安SIMで利用する場合、ドコモの回線を利用したMVNO業者になります。

ARROWS Tab F-03Gを動作確認端末として掲載されていない業者もありますが、基本的にはドコモ回線の格安SIMならドコモ製のスマホは問題なく利用可能です。

 

自社で実機にて確認していないというだけで、利用できないわけではないです。

 

ドコモ回線のA社の格安SIMは利用できて、B社のは利用出来ないという事例は聞いた事がないので問題なく利用できると思います。
ですので上記の業者の内の何社かは動作確認されてますので、ARROWS Tab F-03Gは上記で紹介しているドコモ回線の格安SIMなら基本的には利用可能です。

 

SIMカードのサイズはnanoSIMとなっています。
この機種は、SIMロック解除可能の端末ですが、ドコモ回線のMVNO業者のSIMカードならSIMロック解除不要でそのまま差し替えるだけで使えます。

 

ARROWS Tab F-03GをMVNOの格安SIMで使う際のポイント

ココではARROWS Tab F-03GでキャリアからMVNOの格安SIMに乗り換える際のメリットやデメリットなどのポイントを簡単に紹介します。

テザリングについて

ドコモで販売されているAndroid端末は他社のSIMカードではテザリングができません。
ARROWS Tab F-03Gも同様にテザリングが不可になります。
ドコモ製のiphoneはテザリングも可能となっています

 

docomo版Xperia/Galaxy/Optimusに関しては、ある程度知識のある人はコチラのサイトのツールを使えばテザリングの利用ができるようです
http://hanpenx914.blogspot.jp/2015/03/docomo-tethering-1click.html
その他の機種をお使いの方は基本的にはドコモ製のandroid端末と格安SIMの組み合わせではテザリングが不可となっています。

ドコモ独自のサービスが使えなくなる

@docomo.ne.jpのドコモで使ってたキャリアメールが使えなくなります
マイネオでは@mineo.jpのメールアドレスが貰えます。

 

その他にもキャリア決済対応サイトで利用した料金が通話料と一緒に請求される便利なサービス、spモード コンテンツ決済やドコモのキャリア決済であるドコモケータイ払いなども使えなくなります。

 

ドコモ提供のコンテンツサービス「dマーケット」「dヒッツ」「dマガジン」などは最近ではMVNO業者と提携を始め、利用できるようになっています。

 

>>格安SIM業者一覧はコチラ

 

ARROWS Tab F-03Gスペック

ARROWS Tab F-03Gを格安SIMで使う前にスペックの再確認などの参考にどうぞ
docomo2014-2015冬春モデルとして2014年11月8日発売

安心の電池持ち

7840mAhのバッテリーと省エネ技術により、安心の電池持ちを実現。
外でも電池切れを心配せずに動画やインターネットを楽しめるパワーを備えています。

急速充電2

朝起きて家を出るまでのわずかな時間の充電で思う存分使えます。
うっかり充電を忘れてしまった朝など、急いでいるときに便利です。

10.5インチ高精細有機ELディスプレイ

自己発光により200万:1という高コントラストを実現。
通常の液晶ではバックライトの光でぼんやりしてしまう暗い部分は、はっきりと暗く、明るい部分はさらに明るく表現されるから、細かい部分まで鮮明に映し出します。

WQXGA(2560×1600pixel)ディスプレイ

タブレット最高クラスの解像度で写真や動画のギザギザ感が気にならず、小さな文字も、印刷物のような読みやすさを実現しました。

高速ダウンロード&マルチコネクション

サーバーへのリクエスト数を増やした富士通独自の高速ダウンロードを、Wi-Fiと3G/LTEの2つのネットワークで同時に実行。
かつてないほど高速で安定したダウンロードを実現します。

フルセグテレビ(録画対応)

お風呂やベッドサイドで、自分専用のテレビとしてハイビジョン放送(フルセグ)を楽しめます。
録画対応だから見たい番組を見逃す心配もありません。

DLNA連携(DTCP+対応)

DLNA対応のブルーレイディスクレコーダーなどに録画した地デジ番組をリビング以外の部屋や外出先で、有機ELディスプレイの鮮やかな大画面で存分に楽しめます。

ハイレゾ音源対応

音楽CDの約6.5倍の情報量をもつハイレゾ音源の再生に対応。
原音をより正確な形に再現するので、録音されたときの空気感・臨場感まで楽しめます。

テレビ出力対応(MHL/Miracast)

映像データを高速転送する「MHL」に対応。また、Wi-Fi経由で出力が可能な「Miracast」にも対応しました。フルHDで撮影した動画や写真、ゲームなどを、テレビに映し出せます。

手袋タッチ

静電容量を識別し、指でのタッチか手袋でのタッチかを自動的に判別するタッチパネルを搭載。冬の寒い日でも手袋をはずすことなくラクに操作できます。

プライバシーモード

ブックマークやアプリケーション、ギャラリーなどの情報、NX!メールなどの新着通知を非表示にできます

サイズ 169(H)×261(W)×8.9(D)
OS Android4.4.4
CPU Qualcomm Snapdragon 801 MSM8974AB (2.3GHz クワッドコア)
メモリ RAM:2GB/ROM64GB (microSD最大128GB)
ディスプレイ 10.5インチ WQXGA(2560×1600ドット) 有機EL
カメラ 810万画素(インカメラ 130万画素)
バッテリー 7,840mAh
SIMカードサイズ nanoSIM

 

オススメ格安SIM業者一覧はコチラから