月々のスマホ料金を格安SIMで安くしませんか?

MVNOの格安SIMでVoLTEは使えるか?

最近の機種は音声通話がVoLTEに対応しています。

 

そこで、MVNOの格安SIMでもVoLTEが使えるか気になったの調べてみました。

 

その前に・・・

VoLTEって何?

今まで音声通話は3G回線を利用して音声通話をしていました。
単純に言えば、VoLTEはLTE回線を利用した通話という事です。
ちなみに、データ通信で使うLTE回線とは別の音声通話専用のLTE回線を利用しています。
3G回線での通話も同じくデータ通信とは別の回線です
データ通信回線は利用者の多い混雑時は通信が安定しませんが、音声通話は、音声通話専用回線という事で、通常の通話は安定して通話ができる仕組みです。

 

話しは戻りまして

 

MVNO大手のIIJmioを運営するIIJの技術者の方がIIJmioの格安SIMでVoLTEが使えるか検証をされている記事をみた所
ドコモ回線を利用したMVNOの格安SIMはVoLTEでの通話は可能という結果でした
また、au回線のMVNOではVoLTE対応のSIMカードが別途必要になるようです。
au回線を利用したMVNO大手のmineo(マイネオ)では11月から、このVoLTE対応のSIMカードの提供が始まるようです。
また、現在mineoのau回線を利用のユーザーにもVoLTE対応SIMへの変更を受付けるようです。

 

VoLTEのメリットは?

ドコモ回線とソフトバンク回線では、LTE通信時は音声通話とデータ通信を同時処理できないため、音声通話中は3G回線に切り替わります、通話中はアンテナピクトがLTEから3G回線に切り替わっている事に気づかれた方もいるんじゃないでしょうか?
しかし、ドコモとソフトバンクの回線ではコンカレント通信というのができるので、通話中も3G回線でならデータ通信が可能です。
なので、通話中でもネットを開いたり、地図を見たりなど通話しながらデータ通信ができます。
VoLTEのメリットは、通話回線もLTEなので、通話中のデータ通信もLTE回線が使えるという部分です。

 

変わりまして、au回線では音声通話の通信方式が違うので、通話中にデータ通信ができませんでした。
VoLTEに対応する事でauでも通話中にデータ通信が可能になり、通話しながらネットを開いたりできるようになります。
なのでVoLTEのメリットはau回線の方が恩恵が大きいですね。

 

 

という事で・・・
MVNOの格安SIMでもドコモ回線ならVoLTEがそのまま使える
au回線では2015年11月以降はVoLTE対応のSIMカードの提供開始がされた
という事でした。

 

オススメの格安SIM業者はコチラから