月々のスマホ料金を格安SIMで安くしませんか?

スマホ 2台持ち ドコモ

スマホ代を節約したいけど、通話を良く使う人などはこの2台持ちをされる方が多いですね。

 

MVNOの格安SIMに乗り換えた場合、パケット料金は格安に節約できます。
しかし、通話に関しては30秒20円とお高いです。

 

MVNO各社、IP電話などの提供で通話料の節約も提供してますがMVNOに変えて月々の基本料金は安くおさえれても、通話料金は別なので、結局さほど安くならない場合が多いです。

 

そこで、2台持ちされる方は、ガラケーでカケホーダイのみの契約をしてガラケーでは通話のみ。
スマホでは、データ通信のみのSIMをMVNOで契約してアプリやLINEなどはスマホで使うというスタイルの方が多いですね。

 

 

ガラケーは自分で用意する

新規でガラケーを購入する時に、ドコモでは月々サポートで機種代を安くするサービスがありますが
これは、パケットパックと同時契約をするという条件がついています。
ドコモショップで新規にガラケーを購入してカケホーダイのみで契約すると、月々サポートが効かないので機種代丸々払う事になります。
なので、家で眠っているドコモのガラケーを探すか、友達に譲ってもらうか、もしくは白ロムと呼ばれる中古の安いガラケーを用意して
本体は持ち込みで、契約する事をおススメします。

 

デメリット

ガラケーでドコモの契約は継続するけど、カケホーダイのみの契約なので@docomo.ne.jpのドメインのキャリアメールは使えなくなります。

 

2台持ちを行う時の流れ

現在ドコモのスマホをお使いの方は、ガラケーを用意して、ドコモショップへ行って、カケホーダイのみの契約でこのガラケーに変えたいと申し込みます。
現在xiのLTE通信のスマホをお使いの方は、今使ってるSIMカードをそのままガラケーには使えないので
ガラケーに使えるSIMカードへの切り替えで事務手数料はかかると思いますが。
切替えたSIMカードをガラケーにさせば、通話専用のガラケーの完成です。

 

そうすると、手持ちに使えなくなったドコモのスマホが残ります。

 

次に、docomo系のMVNO業者のデータ通信専用SIM契約します。
自宅に届いた、MVNOの格安SIMカードをスマホに差し込めばデータ通信専用のスマホの完成です。