月々のスマホ料金を格安SIMで安くしませんか?

SIMフリーで、おサイフケータイに対応しているオススメのスマホを紹介、一番安い価格で販売をしている最安値ショップは?

更新日:2019/01/04

SIMフリースマホ 端末セット おサイフケータイ


SIMフリーの格安スマホでおサイフケータイが使える端末を探してる人って結構多いんじゃないでしょうか?

 

私もおサイフケータイを使うまでは、いらない機能だと思ってましたけど、使うようになったら手放せない機能になってしまいました。

 

格安SIMに変えてもおサイフケータイの機能は、キャリアのサービスではなくスマホに搭載された機能ですので、SIMカードの種類は関係なく、ナナコ、楽天edy、マクドナルドのかざすクーポンなどそのまま使えます。

 

しかし、SIMフリー端末は海外製品が多く国内で使われる事が想定されるおサイフケータイやワンセグ機能など付いてない場合が多いです。

 

そこで、FeliCa搭載のおサイフケータイ対応のSIMフリー端末と販売してる所を紹介致します

ソニーXperiaのSIMフリー端末でおサイフケータイ対応の機種

非常に人気の高いSonyMobileCommunicationsのXperia(エクスペリア)のSIMフリー端末でおサイフケータイ対応の機種を紹介

 

海外向けに販売しているグローバルモデルというのもあり海外向けなのでもちろんSIMフリーですが、グローバルモデルは海外向けという事でおサイフケータイなど国内向けの機能は付いてません。

 

それとは別に格安SIM業者向けに作られたXperiaのSIMフリー端末がありますので紹介します。

 

Xperia XZ PremiumのSIMフリー版

Xperia XZ Premiumにはキャリア版とは別に実はSIMフリー版があります。

 

ソニーグループが運営している格安SIM業者で、nuroモバイルという所でしか販売されていませんので、XperiaXZPremiumのSIMフリー版はnuroモバイルでしか購入できません。

 

 

おサイフケータイ、防水、ワンセグ/フルセグ対応

キャリア版のXperiaXZPremiumと全く同じ仕様のままSIMフリーになっているので、おサイフケータイ対応はもちろん、防水やワンセグ/フルセグといった国内向け機能全て搭載しています。

 

Xperia J1 Compact

Xperiaの一番最初にでた国内向けSIMフリー端末です。

 

2018年現在では発売からかなりたっている事もあり、すでに取扱いされている業者も少なくなっています。
コンパクトサイズのXperiaで、おサイフケータイ対応のSIMフリー端末という希少な端末ですが、OSもAndroid4.4とかなり古くなっていますので、現役のメイン機種としてはちょっとおススメはできませんが、イオンモバイルではまだ端末セットで販売されています。

 

イオンモバイルでも在庫がなくなり次第販売終了だと思いますので、欲しい方はお早めに。

 

 

シャープ AQUOSのSIMフリー端末でおサイフケータイ対応の機種

続いて、シャープ製のスマホ、AQUOSのSIMフリー端末でおサイフケータイ対応の機種を紹介していきます。

 

AQUOSのSIMフリー端末は、ほとんど格安SIM業者で取扱いがされている格安SIMではメイン機種の一つです。

 

国内メーカーのSIMフリーは単発で発売されたあと、後継機が出ない場合も多いですが、AQUOSのSIMフリー端末は現在の所、新機種もどんどん発売されています。

 

AQUOS sense2 SH-M08

 

2018年冬モデルで主な特徴はコチラ

  1. 縦横比18:9の約5.5インチ フルHD+(2,160×1,080画素) IGZO液晶ディスプレイを搭載
  2. メインカメラに、AIが最適な撮影モードを自動で選択する「AIオート」機能を搭載
  3. 防水・防塵性能やおサイフケータイなど充実の基本機能に加え、文字やアイコンを大きく表示する「かんたんモード」を搭載

 

2018/12現在でAQUOS sense2 SH-M08を販売、取扱いされている格安SIM業者はコチラ

AQUOS sense2 SH-M08は思ったより取扱い業者は少ないですね。
スマホは毎年新機種が発売されて、売れ残ると古い機種は販売が難しくなるので取扱いが難しいのかもしれませんね。

 

取扱いされている格安SIM業者は以下の5業者になります

AQUOS sense2 SH-M08の各業者の価格と最安値販売されている業者をチェック

AQUOS sense2 SH-M08を販売している5業者の価格を表にまとめてみました。

IIJmio

一括:29,800 円
24回分割:1,250 円

OCNモバイルONE

一括:21,800円
分割はクレジットカードの支払い回数での対応のみ

DMMモバイル

一括:32,800円
24回分割:1,743円

BIGLOBEモバイル

一括払い無し
24回分割1,380円

楽天モバイル

一括:29,800円
24回分割1,341円(税込)

最安値はOCNモバイルONEの一括:21,800円ですね。
この値段は初回申込で音声対応SIMとのセットで買われる場合のみでおひとり様1台のみ価格になっています。

 

BIGLOBEモバイルでは新規申込の場合特典として、au回線での申込の場合表示価格より毎月600円値引き、ドコモ回線の場合毎月450円の値引きが適用されますので、au回線の場合総額だとOCNより安くなりますね。
特典の適用期間がいつまでか不明なので、要公式サイト確認でお早めに!

 

楽天モバイルではご家族で複数回線契約される場合、2回線目で端末セットを買われる場合、表示価格から5000円引き!

 

AQUOS sense plus SH-M07

2018年夏モデルで主な特長はコチラ

  1. スマートフォンAQUOSとして初めてのSIMフリー専用モデル
  2. 縦横比18:9の約5.5インチ
  3. フルHD+(2,160×1,080画素)のIGZO液晶ディスプレイを搭載
  4. 約1,640万画素の高精細カメラと高速フォーカスで美しい写真を簡単に撮影可能
  5. Qualcomm Snapdragon 630採用と独自のチューニングにより快適な操作性を実現
  6. 防水性能やおサイフケータイなど、充実の基本性能

AQUOSのSIMフリー端末はこれまでも発売されていましたが、キャリアで販売されているモデルのSIMフリー版でした
SH-M07はキャリアでは販売されていないモデルでSIMフリー専用モデルとして初めて製品化された機種で多くのMVNO業者がメイン機種としてラインナップした機種です。

 

2018/12現在でAQUOS sense plus SH-M07を販売、取扱いされている格安SIM業者はコチラ

大手MVNO業者の1つmineoでも取扱いされていましたが、mineoでは残念ながらすでに販売終了となってますね。
現在は以下の6業者で取扱いされていますが、すでに後継機もでているので、在庫が無くなると販売終了になる可能性が高いのでお早めに。

 

AQUOS sense plus SH-M07の各業者の価格と最安値販売されている業者をチェック

 

IIJmio

一括:36,800円
24回分割:1,580円

OCNモバイルONE

一括:29,800円
分割はクレジットカードの支払い回数での対応のみ

DMMモバイル

一括:40,800円
24回分割:2,169円

BIGLOBEモバイル

一括払い無し
24回分割1,650円

イオンモバイル

一括:42,800円
24回分割1,926円

楽天モバイル

一括:32,800円
24回分割1,476円(税込)

最安値はOCNモバイルONEの一括:29,800円ですね。
この値段は初回申込で音声対応SIMとのセットで買われる場合のみでおひとり様1台のみ価格になっています。

 

BIGLOBEモバイルでは新規申し込み特典料金として、毎月450円の値引きが適用されるので、上記の表の価格より450円安くなります。

 

AQUOS R compact SH-M06

2017年冬モデルで主な特徴はコチラ

4.9インチ「フルHD+(2,032×1,080)」の「フリーフォームディスプレイ」による革新デザイン「EDGESTfit」を採用。

 

残像を抑えてなめらかな表示を実現する「ハイスピードIGZO液晶ディスプレイ」の他、高速ハイブリッドAF対応の広角約1,640万画素アウトカメラを搭載。

 

防水・防塵・おサイフケータイ対応で、付属のアンテナを利用すればワンセグ視聴も可能

 

フラグシップモデル「AQUOS R」で培った技術を受け継ぐ、プレミアムなコンパクトスマートフォン。

2018/12現在でAQUOS R compact SH-M06を販売、取扱いされている格安SIM業者はコチラ

スマホは新機種の導入が多く、在庫が無くなり再販なく次第販売終了になるパターンが多く、すでに販売終了になっている所もあるかもしれませんが、現時点では下記のMVNO業者での取り扱いを確認しています。

 

AQUOS R compact SH-M06の各業者の価格と最安値販売されている業者をチェック
IIJmio

一括:49,800 円
24回分割:2,100 円

楽天モバイル

音声対応SIMセット
一括:49,880円
24回分割:2,244円
データ専用SIMセット
一括:67,800円
24回分割:3,051円

DMMモバイル

一括:64,800円
24回分割:3,444円

BIGLOBEモバイル

一括払い無し
24回分割2,350円

NifMo(ニフモ)

一括:55,556円
24回分割2,315円

最安値はIIJmioの一括:49,800円
楽天モバイルも80円高いだけでほぼ同額となっていますね。
楽天モバイルはキャンペーンがやたら多いので、その辺を考えるともっと総額では一番安いかも・・・

 

BIGLOBEモバイルも新規申込特典を適用すると毎月450円引きになるので、一括購入は無いですが、分割の総額で言えば一番安くなると思います。
新規申込特典の適用期間は不明なので、公式サイト内で要確認ですね。

 

 

AQUOS sense lite SH-M05

2017年冬モデルで主な特徴はコチラ

  1. AQUOSならではの美しいディスプレイ、高精細フルHD IGZO搭載
  2. 画面が濡れても快適に使える防水機能、おサイフケータイなど充実の機能
  3. 大容量メモリと指紋センサーで軽快な操作感
  4. いつでも誰でも、思い通りの写真。シンプルでかしこい機能満載のカメラ
2018/12現在でAQUOS sense lite SH-M05を販売、取扱いされている格安SIM業者はコチラ

国産SIMフリー端末は海外メーカーのSIMフリー端末と比べて割高な事が多いですが、AQUOSsenseliteSH-M05はどこの業者でも3万円前後の価格設定で、格安スマホと呼ぶにふさわしい機種となっています。
非常にコスパの良い機種で、SIMフリーのAQUOSシリーズの中でも一番取扱い業者の多い機種となっています。

 

AQUOS sense lite SH-M05の各業者の価格と最安値販売されている業者をチェック

AQUOS sense lite SH-M05を販売している業者の一括払いと分割払いの料金を表にまとめています。
表の料金が2018/12月のものですので、値下げなどの料金変更などある場合もありますので、現在の料金は公式サイトで必ず確認してみてください。

 

また、キャンペーンなどで表示価格よりも割引になる場合もありますので、キャンペーン情報の確認もお忘れなく!

mineo

一括:33,000円
24回分割:1,375円

楽天モバイル

音声対応SIMセット
一括:14,880円
24回分割:669円
データ専用SIMセット
一括:29,800円
24回分割:1,341円

IIJmio(みおふぉん)

一括:19,800円
24回分割:850円

BIGLOBEモバイル

一括払い無し
24回分割1,240円
新規申し込み特典適用で790

LINEモバイル

一括:33,800円
24回分割1,460円

DMMモバイル

一括:27,800円
24回分割1,478円

イオンモバイル

一括:32,800円
24回分割1,476円

エキサイトモバイル

一括:29,800円
24回分割1,241円
※初回のみ1,257円

OCNモバイルONE

一括:14,800円
分割はクレジットカードの支払い回数での対応のみ

最安値はOCNモバイルONEの一括:14,800円
楽天モバイルも80円高いだけでほぼ同額となっていますね。
楽天モバイルはキャンペーンがやたら多いので、その辺を考えるともっと総額では一番安いかも・・・

 

最安値のOCNモバイルONEですが、音声対応SIMとのセットで新規申し込み時のみ、おひとり様1台限りとなっています。

 

冒頭でも記載しましたが、表の値段は2018/12時点でのものです、各公式サイトでの確認をお忘れなく。

 

富士通 arrowsシリーズのSIMフリー端末でおサイフケータイ対応機種

富士通製のスマホ、arrowsシリーズのSIMフリー端末でおサイフケータイ対応の機種を紹介します。

 

いち早く国産SIMフリー端末を投入した富士通のarrowsシリーズは格安SIM業者の定番機種となっていて多くの業者で取り扱いされています。

arrows M04

2017年夏モデルで主な特徴はコチラ

  1. 汚れても食器用洗剤やハンドソープで洗える
  2. 使うシーンを選ばない堅牢設計防水(IPX5/8)・防塵(IP6X)に対応
  3. 思い出を綺麗に残せる高性能カメラ1,310万画素F値2.0のアウトカメラは、画像処理エンジンが進化
  4. テレビアンテナ付きのワンセグ搭載、おサイフケータイにも対応、日本製「arrows」ならではの充実した機能
2018/12現在でarrows M04を販売、取扱いされている格安SIM業者はコチラ

2014年よりMVNO市場に参入し、「arrows」ブランドのSIMフリースマートフォンを提供してきたパイオニア

 

スマートフォンを初めて使う方やご年配の方にも使いやすい「かんたんセット」など幅広い年齢層の方に利用可能なスマホで多くのMVNO業者で取り扱いされています。

 

arrows M04の各業者の価格と最安値販売されている業者をチェック

富士通製スマホ、arrows M04を販売している業者の一括払いと分割払いの料金を表にまとめています。
表の料金が2018/12月のものですので、値下げなどの料金変更などある場合もありますので、現在の料金は公式サイトで必ず確認してみてください。

 

また、キャンペーンなどで表示価格よりも割引になる場合もありますので、キャンペーン情報の確認もお忘れなく!

mineo

一括:31,800円
24回分割:1,325円

楽天モバイル

音声対応SIMセット
一括:15,880円
24回分割:714円
データ専用SIMセット
一括:34,800円
24回分割:1,566円

IIJmio(みおふぉん)

一括:21,800円
24回分割:950円

BIGLOBEモバイル

一括払い無し
24回分割1,490円
新規申し込み特典適用で1,040

LINEモバイル

一括:32,800円
24回分割1,417円

DMMモバイル

一括:33,800円
24回分割1,797円

イオンモバイル

一括:37,800円
24回分割1,701円

最安値は楽天モバイルの一括:15,880円
arrows M04の現在の所の最安値は楽天モバイルになってますね。

 

楽天では他社にはにはない無いカラーの楽天限定色のゴールドも取り扱われています
この値段はキャンペーン価格と書かれていたので、購入される前に現在もキャンペーン中か確認をお忘れなく!
さらに、この価格は音声対応SIMとのセットで購入された場合のみ適用の価格なので注意が必要です。

 

次にarrows M04が安いのはIIJmio一括:一括:21,800円
IIJmioはキャンペーン価格とかではなく、値下げされたようです。
他社よりも約1万円安いのは大きいですね。

 

恐らくですが、値下げして在庫一掃だと思うので、在庫無くなり次第取扱い終了となる可能性が高いと思いますのでお早めに!

 

arrows M03

2016年夏モデルで主な特徴はコチラ

  1. 思い出を綺麗に残せる高性能カメラ、F値2.0の高性能レンズに加え、1,310万画素
  2. 3日を超える安心の電池持ち2,580mAhの大容量バッテリーを搭載
  3. おサイフケータイ「FeliCa」対応
2018/12現在でarrows M03を販売、取扱いされている格安SIM業者

発売当初は希少なおサイフケータイ対応の国産SIMフリースマホでかなりの注目を浴び多くのMVNO業者で取扱いがされていましたが、発売から2年が過ぎ、すでに後継機のM04も発売されていて現在取扱いされている所も少なくなっていますね。

 

mineo(マイネオ) 公式
楽天モバイル 公式
イオンモバイル 公式

 

arrows M03の各業者の価格と最安値販売されている業者をチェック

個人的な感想としては販売時期を考えると、意外とまだ高いですね・・・
在庫処分の投げ売りが始まってもいいくらいかと思いましたが、国産SIMフリーでおサイフケータイ対応という事でまだまだ需要があるのかもですね。

 

mineo

一括:25,800円
24回分割:1,075円

楽天モバイル

一括:32,800円
24回分割:1,476円

イオンモバイル

一括:29,800円
24回分割1,341円

最安値はmineoの一括:25,800円

 

楽天モバイルでは楽天モバイルユーザーの方で機種変更でarrows M03に変える場合は29520円の割引価格で購入できるようです。

 

HTCのSIMフリー端末でおサイフケータイ対応機種

1997年に設立されたHTCCorporationは、受賞歴を持つモバイルデバイスの数々や、世界初・業界初のモバイルデバイスを多数開発する台湾のモバイルメーカー
auなどキャリアからのスマホも発売されているので、比較的馴染みのある海外メーカーだと思います。

 

海外製のSIMフリー端末では珍しく国内向けの使用である、おサイフケータイに対応した端末を発売している貴重なメーカーになっています。

 

HTC U12+

2018年夏モデルで主な特徴はコチラ

  1. 片手で操作しやすい
  2. HTC U12+は、感圧ボタンと新しいタッチフィードバックにより、スマートフォンの操作を変えました。次世代のエッジセンスは、左右どちらの手を使っているのかを理解して、どちらの手で持っていても片手操作ができます。

  3. 業界最高のデュアルカメラ搭載
  4. またもや、DxOの専門家が支持するカメラを搭載しました。
    あなたの撮影した写真は素晴らしく、あなたの撮影したビデオは臨場感あふれるオーディオとともに類を見ないものとなるでしょう

  5. イヤホン、スピーカの音質ともに最高で輝かしい音
  6. HTC USonicイヤホンまたはHTC BoomSound Hi-Fi エディションスピーカーシステムのいずれの場合でも、これまでにないサウンドエクスペリエンスを提供します。
    HTC U12+を一度聞くと後戻りできません。

  7. 便利なおサイフケータイ対応
  8. 駅の改札や、街でのお買いものを便利にするおサイフケータイ対応のFeliCaを搭載。
    楽天Edyなども利用できます。

2018/12現在でHTC U12+を販売、取扱いされている格安SIM業者

おサイフケータイ対応ハイスペックSIMフリースマホ
ハイエンドCPU「SnapDragon 845」を搭載、メモリ6GB、ストレージ128GB

 

格安SIMを利用する人は節約したくて乗換えされる方が多いので、高価なハイエンドよりミドルスペックのスマホを使われる方が多いせいか、ハイスペックのHTCU12+を取り扱いしている格安SIM業者は少なく、以下の3業者になります。
あとはリンクは貼ってませんが、LinksMateという格安SIM業者でもセット販売されてるようですね。

 

HTC U12+の各業者の価格と最安値販売されている業者をチェック

HTC U12+を販売している各業者の販売価格を一覧で分かりやすく表にしています。

IIJmio

一括:92,000円
24回分割:3,900円

楽天モバイル

一括:89,800円
24回分割:4,041円

NifMo

一括:91,112円
24回分割3,797円

最安値は楽天モバイルの一括:89,800円
といっても各社ほぼ差はあまりないですね。
楽天モバイルの一括が一番安いのに分割料金が高いのは、楽天のみ税込料金で書かれていたのをそのまま記載した為です(;^_^A

 

HTC U11 life

2018年夏モデルで主な特徴はコチラ

  1. メインカメラとサブカメラの両方に有効画素数約1,600万画素のカメラを搭載、肉眼に近い自然な色味ある撮影が可能に
  2. おサイフケータイ対応 楽天Edyなどが使える
  3. 握るだけで操作できる「エッジ・センス」搭載
  4. あなたの毎日を学び成長する、世界にひとつのAI
2018/12現在でHTC U11 lifeを販売、取扱いされている格安SIM業者

 

HTC U11 lifeは販売ショップが非常に少く、あっという間にソールドアウトする人気機種!
格安SIM業者では、IIJmioと楽天モバイルで取扱いされていましたが、IIJmioではあっという間に全色完売、HTC公式のHTCe-shopでも全色あっという間に完売し、12/17に再入荷した時も20日には全色完売という人気っぷり。

 

現在では格安SIM業者では、は楽天モバイルでのみセット販売されていますね。

 

HTC U11 lifeの各業者の価格と最安値販売されている業者をチェック

HTC U11 lifeの業者別の販売価格と、最安値で販売しているショップを紹介。

 

といっても、2018/12月現在で取扱いは楽天モバイルだけなので比較対象がなかったり・・・

 

楽天モバイル

音声対応SIMセット
一括:24,800円
24回分割:1,116円
データ専用SIMセット
一括:39,800円
24回分割:1,791円

最安値は楽天モバイルの一括:29,800円
しかも現在は音声対応SIMとのセットはキャンペーン価格で購入可能でチャンスです!

 

OPPOのSIMフリー端末でおサイフケータイ対応機種

OPPO(オッポ)は2018年に日本に進出してきて聞きなれないメーカーで、日本ではあまり受け入れられない傾向にある中国のメーカーですが、2018年現在ではスマホの世界シェアは第4位でアジア圏では1位のスマホメーカーだったりします。

 

正直スマホに関してで言えば、日本のメーカーは世界市場で全く売れてないのが現実・・
シェア数でわかる通り世界的に認められた、特にアジア圏ではトップのスマホメーカーになり、中国メーカーという先入観無しでみれば、コスパの高い非常に優れたスマホメーカーとなっています。

 

日本進出にも力を入れており、日本国内向けのおサイフケータイ対応のSIMフリー端末も一部製造されています!
OPPOではColorOSという独自のOSを採用されていますが、ColorOSはAndroidをベースに作られたOSですので、基本的にはAndroidと思って問題ありません、もちろんアプリもAndroidのアプリが利用可能となっています。

 

OPPO R15 Pro

2018年秋モデルで主な特徴はコチラ

  1. これまでにないリアルな美しさへ。A.I.インテリジェントカメラ
  2. R15 Proは1,600万+ 2,000万画素のA.I.デュアルカメラを採用

  3. 5分間の充電で2時間の通話が可能。VOOCフラッシュチャージ
  4. OPPO独自のVOOCフラッシュチャージは、低電圧充電技術によって、スマホを使いながら快速充電しても熱くなりません。

  5. 生活にうれしい2大機能を搭載。おサイフケータイ&防水
  6. R15 ProにはFeliCaが装備されています。電子マネーやIC乗車券にも対応。

2018/12現在でOPPO R15 Proを販売、取扱いされている格安SIM業者

個人的には、コスパの良いミドルスペックのR15Neoもおサイフケータイに対応して欲しかったですが、ハイスペックのOPPOR15Proのみ、おサイフケータイ対応。

 

世界的には有名でも国内では認知度の低いメーカーですし、R15Proは高価なハイスペックという事で扱いづらいのか取扱いされてる業者は少なく、こちらの2社になっています。

 

OPPO R15 Proの各業者の価格と最安値販売されている業者をチェック

 

OPPO R15 Proをセット端末として取り扱い業者は2018/12現在で2社となっていますので比較も非常に分かりやすいと思います。

DMMモバイル

一括:69,880円
24回分割:3,714円

NifMo(ニフモ)

一括:66,667円
24回分割:2,778円

最安値はNifMo(ニフモ)の一括:66,667円

 

ハイスペックのスマホなので、そもそもがそれなりに高い機種ですが、amazonを確認した所、現時点では74,783円だったので、その他のネットショップと比べても安いですね。

 

おサイフケータイ対応のSIMフリー端末の白ロムについて

ここまででご紹介してきたおサイフケータイ対応のSIMフリー端末は格安SIM業者のセット販売がメインになっています。

 

セット販売ではなく本体のみを欲しい方は、家電量販店でも取扱いがある機種もありますが、多くの機種がamazonでも取扱いされています。

 

セット販売ではなく、おサイフケータイ対応のSIMフリー端末を本体のみお探しの方はamazonで探すのがおススメです。

 

セット販売で購入する方が分割払いもできますし、基本的には安く買えるので、格安SIMを新規でお考えの場合はセット販売がおススメです。

PR