月々のスマホ料金を格安SIMで安くしませんか?

SIMロック解除アダプター(SIM下駄)でのLTE通信が安定

auやソフトバンク版のiphoneシリーズで格安SIMを使う場合、SIMロック解除アダプター(SIM下駄)という物が必要になるのですが、やはり正規の利用方法では無く、裏技みたいなものなので、圏外病と呼ばれる症状や音声対応SIMでの利用時に発信はできても着信が上手くいかないなど、様々な問題がありました。

 

しかし、最近ではこの問題が、APN設定ファイルによるものという可能性が高いという事がわかり、各MVNO業者ではiOS 7〜iOS 9の端末用にCellular Payload版と呼ばれる新しいAPN設定ファイルの配布を行っています。

 

こちらの新しいAPN構成プロファイルでは非常に安定していて、圏外病と呼ばれる症状や着信の問題は起きず、安定して利用できているようです。

 

ソフトバンクやau製のiphoneでSIMロック解除アダプター(SIM下駄)を利用して格安SIMを運用する場合、格安SIMの正規の利用法とは異なるので、MVNO業者では利用方法など掲載されていませんしソフトバンクとauのiphoneは動作確認端末の一覧にも掲載されていません。

 

ですので、利用を検討されている方は色々と、ご自信で情報を調べると思いますが、古い情報を掲載したサイトが多いので、問題が多く通常利用できそうにないと思って、SIMロック解除アダプターを使ってソフトバンクやau製のiphoneを運用する事を断念されている方も多いと思います。

 

そういった方に是非読んで頂きたく思いただいまこの記事を書いています。

 

とはいえ、動作を完全には保障はできませんが、現在MVNO各社で配布されているAPN構成プロファイルはCellular Payload版に変更されていますので、ソフトバンクやau製のiphoneでSIMロック解除アダプター(SIM下駄)を利用して格安SIMの運用を考えていらっしゃる方には朗報なのではないでしょうか?