上部へ戻る

 

Xperia SX SO-05DでMVNOの格安SIMを使う

ドコモ2014年夏モデルとして2014年 6月19日に発売されたXperia SX SO-05DをMVNOの格安SIMで運用しようと考えていらっしゃる方向けの情報ページです。

 

Xperia SX SO-05DでMVNOの格安SIMを使う

Xperia SX SO-05Dを格安SIMで使う場合、ドコモ回線を利用したMVNO業者の格安SIMを利用する事になります。

 

Xperia SX SO-05Dは2012年の夏モデルとして販売された機種で、発売当時超人気機種で、今でもハイスペックを必要しないユーザーは、ネットで白ロムや中古端末を購入して格安SIMで運用される事も多い機種です。

 

LTE対応端末では世界最軽量をうたっていた機種で、コンパクトで持ちやすく個性的な端末です。

 

機種変で手元に余っている方は格安SIMを使って再利用もオススメの機種です。
バッテリーが容量が小さいのが弱点ですが、電池パックが取り外しできるタイプなので、電池パックもアマゾンや楽天で購入できるので、オススメです。

 

最近ではゲームなどのアプリ専用でハイスペック端末をデータ専用SIMを使って運用して、通話やLINEなど連絡用のスマホの2台持ちされる方も増えています。
小型で軽量でデザインもいいので、通話、LINEなど連絡用のメイン機種としての利用もお勧めです。

 

 

 

利用できるMVNOの格安SIM事業者一覧

Xperia SX SO-05DをMVNOの格安SIMで利用する場合、ドコモの回線を利用したMVNO業者になります。

各業者、Xperia SX SO-05Dは動作確認端末として掲載されているので問題なく運用が可能となっています
SIMカードのサイズはMicroSIMとなっています。
この機種は、SIMロック解除可能の端末ですが、ドコモ回線のMVNO業者のSIMカードならSIMロック解除不要でそのまま差し替えるだけで使えます。

 

Xperia SX SO-05DをMVNOの格安SIMで使う際のポイント

ココではXperia SX SO-05DでキャリアからMVNOの格安SIMに乗り換える際のメリットやデメリットなどのポイントを簡単に紹介します。

テザリングについて

ドコモで販売されているAndroid端末は他社のSIMカードではテザリングができません。
Xperia SX SO-05Dも同様にテザリングが不可になります。
ドコモ製のiphoneはテザリングも可能となっています

 

docomo版Xperia/Galaxy/Optimusに関しては、ある程度知識のある人はコチラのサイトのツールを使えばテザリングの利用ができるようです
http://hanpenx914.blogspot.jp/2015/03/docomo-tethering-1click.html
その他の機種をお使いの方は基本的にはドコモ製のandroid端末と格安SIMの組み合わせではテザリングが不可となっています。

おサイフケータイは使えます

格安SIMに乗り換える際に、おサイフケータイは使えるのか心配されてる方も多いようですが、おサイフケータイで利用されるFeliCa(フェリカ)の機能は端末に搭載してある機能なので、各キャリアの契約とは関係ありません。
Xperia SX SO-05DはFeliCa(フェリカ)対応の機種ですので、MVNOの格安SIMに乗り換え後も通常どおりおサイフケータイの機能は使えます。

 

ただし、ドコモのiDなど各キャリアが独自に提供しているサービスは各キャリアの契約が無いと使えません
その他のおサイフケータイを利用した機能のマクドナルドのかざすクーポン、楽天edy、セブンイレブンのnanaco(ナナコ)、モバイルSuicaなどは通常どおり利用可能です。

ドコモ独自のサービスが使えなくなる

@docomo.ne.jpのドコモで使ってたキャリアメールが使えなくなります
マイネオでは@mineo.jpのメールアドレスが貰えます。

 

その他にもキャリア決済対応サイトで利用した料金が通話料と一緒に請求される便利なサービス、spモード コンテンツ決済やドコモのキャリア決済であるドコモケータイ払いなども使えなくなります。

 

ドコモ提供のコンテンツサービス「dマーケット」「dヒッツ」「dマガジン」などは最近ではMVNO業者と提携を始め、利用できるようになっています。

 

>>格安SIM業者一覧はコチラ

 

Xperia SX SO-05Dスペック

Xperia SX SO-05Dを格安SIMで使う前にスペックの再確認などの参考にどうぞ
docomo2012年夏モデルとして2012年8月9日発売

MHL対応

高精細な映像をスピーディーに転送できる、MHLに対応
自宅のテレビと接続すれば、SO-05Dで撮影したフルHD動画を快適にハイビジョンで楽しめます

FMラジオ

ネットラジオのアプリなどスマホでラジオを楽しむ方法はありますが
アプリだと通信量を必要としますので、FMラジオだと通常のラジオ感覚でラジオが使えてアナログ好きな方には嬉しい機能です。

スイングパノラマ

カメラキーを押し本体を一振りするだけで、パノラマ写真が撮影できます。撮影した写真はアルバムアプリケーションに保存されます。

フルHD動画撮影

ディスプレイは3.7インチと小型ですがカメラ性能は抜群で解像度1920×1080、フレームレート30fpsのフルHD動画が撮影可能です。

WALKMANアプリケーションを搭載

音楽を快適に楽しめる、こだわりのアプリケーション。進化した操作性やSNSとの連携、視覚的にも楽しめる映像機能など、充実の音楽プレイヤーです。

サイズ 115(H)×54(W)×9.4(D)
OS Android4.0.4 →アップデート後4.1.2
CPU Qualcomm Snapdragon S4 Plus MSM8960 (1.5GHz デュアルコア)
メモリ RAM:1GB/ROM8GB (microSD/microSDHC最大32GB)
ディスプレイ 3.7インチ qHD(960×540ドット)TFT
カメラ 810万画素(インカメラ 31万画素)
バッテリー 1,500mAh
SIMカードサイズ microSIM

 

オススメ格安SIM業者一覧はコチラから