Xperia Z3 SO-01GでMVNOの格安SIMを使う

ドコモ2014年冬春モデルとして2014年10月23日に発売されたXperia Z3 SO-01GをMVNOの格安SIMで運用しようと考えていらっしゃる方向けの情報ページです。

 

Xperia Z3 SO-01GでMVNOの格安SIMを使う

Xperia Z3 SO-01Gを格安SIMで使う場合、ドコモ回線を利用したMVNO業者の格安SIMを利用する事になります。

 

2.5GHzクアッドコアCPUにRAM3GBとandroid6.0までアップデート予定と、格安SIMに乗換え後も数年はバリバリのメイン機種として使える機種です。

 

格安SIMではアップデートできないとの情報も交錯していますが、wifi経由、もしくは公式で配布されているPCコンパニオンというソフトをパソコンにインストールすればパソコン経由でアップデートは可能です。

 

バッテリーが内臓式で自分でバッテリー交換ができないので、乗換え前にバッテリー交換を行ってから乗換えがオススメです。

 

 

ちなみに、白ロムの価格は4万〜6万が相場のようです。

 

 

利用できるMVNOの格安SIM事業者一覧

Xperia Z3 SO-01GをMVNOの格安SIMで利用する場合、ドコモの回線を利用したMVNO業者になります。

各業者、Xperia Z3 SO-01Gは動作確認端末として掲載されているので問題なく運用が可能となっています
SIMカードのサイズはnanoSIMとなっています。
この機種は、SIMロック解除可能の端末ですが、ドコモ回線のMVNO業者のSIMカードならSIMロック解除不要でそのまま差し替えるだけで使えます。

 

Xperia Z3 SO-01GをMVNOの格安SIMで使う際のポイント

ココではXperia Z3 SO-01GでキャリアからMVNOの格安SIMに乗り換える際のメリットやデメリットなどのポイントを簡単に紹介します。

テザリングについて

ドコモで販売されているAndroid端末は他社のSIMカードではテザリングができません。
Xperia Z3 SO-01Gも同様にテザリングが不可になります。
ドコモ製のiphoneはテザリングも可能となっています

 

docomo版Xperia/Galaxy/Optimusに関しては、ある程度知識のある人はコチラのサイトのツールを使えばテザリングの利用ができるようです
http://hanpenx914.blogspot.jp/2015/03/docomo-tethering-1click.html
その他の機種をお使いの方は基本的にはドコモ製のandroid端末と格安SIMの組み合わせではテザリングが不可となっています。

おサイフケータイは使えます

格安SIMに乗り換える際に、おサイフケータイは使えるのか心配されてる方も多いようですが、おサイフケータイで利用されるFeliCa(フェリカ)の機能は端末に搭載してある機能なので、各キャリアの契約とは関係ありません。
Xperia Z3 SO-01GはFeliCa(フェリカ)対応の機種ですので、MVNOの格安SIMに乗り換え後も通常どおりおサイフケータイの機能は使えます。

 

ただし、ドコモのiDなど各キャリアが独自に提供しているサービスは各キャリアの契約が無いと使えません
その他のおサイフケータイを利用した機能のマクドナルドのかざすクーポン、楽天edy、セブンイレブンのnanaco(ナナコ)、モバイルSuicaなどは通常どおり利用可能です。

ドコモ独自のサービスが使えなくなる

@docomo.ne.jpのドコモで使ってたキャリアメールが使えなくなります
マイネオでは@mineo.jpのメールアドレスが貰えます。

 

その他にもキャリア決済対応サイトで利用した料金が通話料と一緒に請求される便利なサービス、spモード コンテンツ決済やドコモのキャリア決済であるドコモケータイ払いなども使えなくなります。

 

ドコモ提供のコンテンツサービス「dマーケット」「dヒッツ」「dマガジン」などは最近ではMVNO業者と提携を始め、利用できるようになっています。

 

>>格安SIM業者一覧はコチラ

 

Xperia Z3 SO-01Gスペック

Xperia Z3 SO-01Gを格安SIMで使う前にスペックの再確認などの参考にどうぞ
docomo2014年冬春モデルとして2014年10月23日発売

2070万画素の高解像度カメラ

ソニーのカメラテクノロジーを結集させた高画質により、デジタルカメラに迫るディテールを美しく繊細に再現できます。

インテリジェントアクティブモード

ソニーがハンディカムやサイバーショットで採用する電子式手ブレ補正技術を応用。
独自のブレ解析技術により、強力なブレ補正を実現し、手持ちで走りながら被写体を追いかけてもなめらかで自然な動画を記録できます。

マルチカメラ

複数のXperiaがつながり、感動が何倍にも増幅。
Xperiaをワンタッチ接続し、最大3台の視点で撮影できます。
ソニーのWi-Fi/NFC対応カメラとの場合はXperiaを含んで2台まで対応します。
多画面放送のような感覚で、同じ場所にいながらさまざまなショットを一枚の写真、一つの動画に収めることができます。

サウンドフォト

ャッターを押す前の最大約8秒、押した後の最大約2秒、合計最大約10秒の周囲の音声を写真とともに録音。音声が付くことで、その場の雰囲気や会話などをより鮮明に思い起こすことができるので、ひと味違った臨場感を味わうことができます

4Kビデオ撮影

フルHDの4倍の解像度(3840×2160ピクセル)を持つ4K ビデオを撮影できます。

WALKMANアプリケーションを搭載

豊富な機能を搭載するこだわりのオーディオプレーヤー。
画面左端から右に向かってスワイプするとドロワーメニューを表示し、「アーティスト」や「アルバム」などのカテゴリーで楽曲のすばやい並べ替えが可能です。
検索機能も備え、聴きたい曲をすぐに探し出せます。
また、再生している音楽に合わせた視覚エフェクトを表示する「ビジュアライザー」で音楽を視覚的に楽しめます。
Xperiaなら長時間連続再生が可能なので、時間を気にせずに音楽を楽しめます。

ハイレゾ音源対応

音楽CDよりも高音質なハイレゾ音源を再生できます。ハイレゾ対応ヘッドホンをイヤホンジャックにつなぐだけで再生を楽しめます。
原音に近いサウンドを再現し、今まで感じることができなかった繊細な音の変化や余韻、まるでその場にいるかのような空気感までも体感することができます。

手ぶくろモード

タッチパネルの感度を高めて、手ぶくろをしたままでも操作ができる地味に便利な機能です。

VoLTE(ボルテ)

LTEネットワークを活用することで、安定した通話に加えて、高音質でスムーズな発着信が可能

サイズ 146(H)×72(W)×7.3(D)
OS Android4.4.4 →アップデート後5.0.2(6.0へアップデート予定有り)
CPU Qualcomm Snapdragon 801 MSM8974AC (2.5GHz クアッドコア)
メモリ RAM:3GB/ROM32GB (microSD/microSDHC/microSDXC最大128GB)
ディスプレイ 5.2インチ フルHD(1920×1080ドット)TFT トリルミナスディスプレイ for mobile
カメラ 2070万画素(インカメラ 220万画素)
バッテリー 3,100mAh
SIMカードサイズ nanoSIM

 

オススメ格安SIM業者一覧はコチラから