上部へ戻る

 

MVNOって何?


まず、みなさんご存知のドコモやソフトバンクやauなど、自社で無線通信インフラ設備(電波を飛ばすアンテナや基地局)を持っている事業者をMNO(Mobile Network Operator)移動通信事業者と呼びます

 

ではMVNOとは?
Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)と呼ばれる事業者で、自社で無線通信インフラ設備を持っている事業者からインフラ設備(電波網)だけを借りてサービスを提供する業者の事です

 

MVNO業者の利用エリアの紹介ではNTTドコモのLTE通信「Xi」(クロッシィ)3G通信「FOMA」と同じ!
などという説明がされていますが、その業者はドコモの電波網を借りてサービスを行ってるという事になります。

 

今現在では、大半のMVNO業者はドコモの通信網を借りている業者が一番多く、次にauになってます

 

以前までは、電気通信事業法や電波法に則って総務省から認可を受けた事業者しか携帯通信事業のサービスを行えない為大手3社の携帯事業者しか、ユーザーは選択肢がなかったのですが
通信インフラだけを借りて携帯通信サービスが行えるMVNO業者の増加で、さまざまなサービスプランが増えユーザーが自分に合ったプランを選ぶという選択肢が増えました。

 

みなさまも是非、自分に合ったプランを探して通信費の見直しをしませんか?