HUAWEI P20 lite を格安simで使う

HUAWEI P20 liteを格安simで使う

端末セット



ここでは2018年6月15日に発売された、HUAWEIP20liteを格安SIMで利用したいと思われている方向けの情報を配信していきたいと思います。

 

HUAWEI P20 liteを格安SIM

HUAWEI P20 lite取扱い販売中の格安SIM業者一覧

コチラの項目ではHUAWEI P20 liteをセット端末で取扱いされている格安SIM業者を紹介していきます。
発売当初のバージョンではauVoLTEに対応しておらず、au回線では利用できませんでしたが現在ではバージョンアップによりauVoLTEは対応しています

 

HUAWEIP20liteは全てのキャリアの回線に対応している上に価格もお手頃で、格安SIMとの相性が非常によくほとんどの業者でセット端末として販売されているおススメのSIMフリー端末の一つです

 

mineo(マイネオ)の格安SIM

mineo(マイネオ)では一括と分割の両方の支払いに対応、発売当初はau回線での利用は不可でしたが現在ではドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線全の回線に対応しています。

 

詳細は公式サイトにて

mineo(マイネオ)でセット販売されているHUAWEI P20 liteの価格はこちら
価格

一括:29,400円

分割:1,225円/月×24カ月

IIJmioの格安SIM

IIJmioでは一括と分割の両方の支払い対応、利用できる回線はドコモ回線のタイプD、au回線のタイプAの両方に対応となっています。

 

詳細は公式サイトにて

IIJmioでセット販売されているHUAWEI P20 liteの価格はこちら
価格

一括:27,800円

分割:1,200円/月×24カ月

 

LINEモバイルの格安SIM

 

LINEモバイルでは一括と分割の両方の支払いに対応、利用できる回線はドコモ回線、ソフトバンク回線の共に利用可能になっています。

 

さらに現在HUAWEI P20 liteは値下げセール中になっているのでチャンスです!

 

詳細は公式サイトにて

LINEモバイルでセット販売されているHUAWEI P20 liteの価格はコチラ
価格

一括:31,980円26,980円

分割:1,390円→1,210円/月×24カ月

 

楽天モバイルの格安SIM

 

楽天モバイルでは一括と分割の両方の支払いに対応、利用できる回線はドコモ回線、au回線の共に可能になっています。

 

2回線目の契約の場合、HUAWEIP20liteを表示価格よりさらに5000円割引きで購入となっていますので、家族で複数回線契約される場合はお得になっています!

 

詳細は公式サイトにて

楽天モバイルでセット販売されているHUAWEI P20 liteの価格はコチラ
価格

一括:31,980円

分割:1,439円/月×24カ月

 

BIGLOBEモバイルの格安SIM

BIGLOBEモバイルでは一括支払いは無く、アシストパックという分割支払いのみの対応となっています。
2019年2月3日まで、スマホセットで新規申込される方はセレクトプラン端末値引き特典キャンペーン中でアシストパックの端末料金が毎月450円割引中なので、今がチャンス!

 

詳細は公式サイトにて

BIGLOBEモバイルで販売されているHUAWEI P20 liteの価格はコチラ
価格

一括:無し

分割:1,240円/月×24カ月

今なら新規申込特典価格

au回線のセットの場合

640円/月×24カ月

ドコモ回線のセットの場合

790円/月×24カ月

 

DMMモバイルの格安SIM

DMMモバイルでは一括払い、分割払いの両方に対応しています。
DMMモバイルでは2019/1現在でドコモ回線のみの取り扱いですので、利用できる回線はドコモ回線となっています。

 

詳細は公式サイトにて

DMMモバイルで販売されているHUAWEI P20 liteの価格はコチラ
価格

一括:31,980円

分割:1,700円/月×24カ月

 

イオンモバイルの格安SIM

 

イオンモバイルでは一括払い、分割払いの両方に対応しています。
利用出来る回線はドコモ回線とau回線の両方の回線に対応となっております

 

詳細は公式サイトにて

イオンモバイルで販売されているHUAWEI P20 liteの価格はコチラ
価格

一括:31,800円

分割:1,431円/月×24カ月

 

エキサイトモバイルの格安SIM

 

エキサイトモバイルでは一括払い、分割の両方の支払い方法に対応、エキサイトモバイルでは2019/1現在ではドコモ回線の取り扱いのみですので、利用できる回線はドコモ回線となっています。

 

詳細は公式サイトにて

エキサイトモバイルで販売されているHUAWEI P20 liteの価格はコチラ
価格

一括:28,800円

分割:1,200円/月×24カ月

 

NifMo(ニフモ)の格安SIM

 

NifMo(ニフモ)では一括払い、分割払いの両方の支払いに対応、利用できる回線はドコモ回線となっています。

 

詳細は公式サイトにて

NifMo(ニフモ)で販売されているHUAWEI P20 liteの価格はコチラ
価格

一括:28,889円

分割:1,204円/月×24カ月

 

OCNモバイルONEの格安SIM

 

OCNモバイルONEでは以前まで分割支払いの料金も記載されていたのですが、現在では一括払いの価格のみとなっているので、どうやら現在は一括払いのみとなっているようです。
しかし、らくらくセットでの販売価格は他社と比べて大幅に安いのが特徴です。
らくらくセットは音声対応SIMとのセットで初回申込時のみ利用可能となっていて、データ専用SIMとのセットで購入する場合はらくらくセットは適用されず通常セットでの購入になります。

 

詳細は公式サイトにて

OCNモバイルONEで販売されているHUAWEI P20 liteの価格はコチラ
価格

一括:6,800円

分割:無し

 

UQモバイルの格安SIM

UQモバイルはau回線のみの取り扱いとなっております。
当サイトが紹介している販売ページはから申込されるとキャッシュバックもついているので公式サイトから直接申込むよりもかなりお得になっています!

 

 

詳細は公式サイトにて

UQモバイルで販売されているHUAWEI P20 liteの価格はコチラ
価格

一括:31,212円

分割:1296円

 

HUAWEI P20 liteのスペック(性能)

 

こちらの項目ではHUAWEI P20 liteの特徴やスペック(性能)などを紹介していきます。

 

HUAWEI P20 liteの機能紹介

約5.84インチの大画面フルHD+ディスプレイ

見ていることを忘れてしまうくらいのフルビュー ディスプレイ。
画面比率が19:9のワイドな約5.8インチ大画面を搭載。
横幅約71.2mm・重さ約145gの軽量・コンパクトなデザインで、長時間持っていても疲れにくい、スリムなスマートフォンです。

 

高性能ダブルレンズカメラ

HUAWEI P20 liteは、約1,600万画素と約200万画素のダブルレンズで、一眼レフで撮影したかのような、美しいボケ味を演出できます。
また、 HUAWEI P20 liteはインカメラにも約1,600万画素の高性能カメラを採用。

 

高性能オクタコアCPUに、便利な顔認証機能

パワフルなオクタコアCPUを搭載したHUAWEIP20liteなら、複数のアプリを同時に立ち上げても、安定したパワーで快適な使い心地が長持ちします。
さらに、指紋センサーに加えて顔認証機能も追加され、素早くロック解除ができ、セキュリティ面がより快適に

 

急速充電

急速充電はHUAWEI P20 liteの素晴らしい機能のひとつです。
9V/2Aの高電圧急速充電技術は、時間がなくても素早く充電することができます。
また、HUAWEIが開発した電力配分技術により、電力の無駄が最小限に抑えられ、バッテリーの持ち時間が最大化されます。

 

デュアル Bluetooth

HUAWEI P20 liteは、昨今のさまざまな機器との接続を考え、デュアルBluetoothをサポート。
エクササイズ時にスマートバンドとイヤホンをスマートフォンに同時に接続したり、イヤホンを使用しながら車載用のBluetoothナビゲーションに接続できます。

 

 

HUAWEI P20 liteのスペック

サイズ 71.2(W)×148.6(H)×7.4(D)
カラー ブルー/ブラック/サクラピンク
OS Android 8.0
CPU HUAWEI Kirin 659 オクタコア (2.36GHz×4+1.7GHz×4)
メモリ RAM:4GB / ROM:32GB(microSD:最大256 GB) 
ディスプレイ 約5.84インチ フルHD+(2,280×1,080ドット)
カメラ

アウトカメラ(ダブルレンズ):1,600万画素+200万画素
インカメラ:1,600万画素

バッテリー 3,000 mAh 急速充電対応 9 v / 2 A
通信方式(対応バンド)

FDD LTE: B1/3/5/7/8/18/19/26/28
TDD LTE: B41
CA(キャリアアグリゲーション)対応
WCDMA: B1/2/5/6/8/19
GSM: 850/900/1800/1900MHz

SIMカードサイズ nanoSIM
付属品 クイックスタートガイド/HUAWEI Quick Charger/クリアケース/イヤホンマイク/SIM取り出しピン

 

 

HUAWEI P20 liteのピックアップ情報(その他)

 

コチラではHUAWEI P20 liteの気になる情報を項目に分けて紹介していきます。

 

HUAWEI P20 liteおサイフケータイ対応状況

HUAWEI P20 liteはキャリアではauからも販売されている機種なのでおサイフケータイに対応しているかも・・・
と、期待したんですが、残念ながらおサイフケータイには非対応ですね。

 

auから発売されているキャリア版のHWV32でも非対応なのでSIMフリー版は当然非対応という結果でした。

 

販売元によって多少スペックが違う

HUAWEIP20liteはキャリアでも取扱いがある機種で、auから発売された物と、UQモバイルから発売された物と、Ymobileから発売された物と、その他の格安SIM業者で販売されているSIMフリー版の物と4種類が存在します。

 

大きな違いを以下にまとめてみます。

VoLTE対応の違い

VoLTEについては今後のソフトウェアのアップデートで変わるかもしれませんが、2019/1月の現時点の対応状況はコチラ

  • どの機種もauVoLTEは対応
  • ドコモのVoLTEは全て非対応
  • Ymobile版はYmobileのVoLTEには対応
  • ソフトバンクVoLTEには非対応
SIMロックの違い

auから発売されているHUAWEI P20 lite HWV32はSIMロック有
その他の機種はYmobile版も含めSIMフリーのようです

メモリ(ストレージ)の違い

RAMは販売元のモデル関係なく全て同様の4GBですが、ROM(ストレージ)はau版のみ64GBという大容量となっています。
その他のモデルは32GBです。

DS(デュアルSIM)の対応の違い

本気はSIMスロットを2つ搭載した機種ですが、販売元のモデルによって機能制限されているようです

  • au、ワイモバイルモデル:シングルSIM
  • UQ、SIMフリーモデル:デュアルSIM

なお、DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)には対応しておらず、切替が必要なDSSS(デュアルSIMシングルスタンバイ)となっています。

 

その他も同梱品など細かい違いはあると思いますが、大きな違いはこれくらいだと思います。

 

 

HUAWEI P20 liteを最安値で販売している所

まず参考までに、HUAWEI公式サイトのオンラインストアは楽天市場のHUAWEIonlinestoreですが、そこでの販売価格は34,538円となっています。
公式のオンラインストアの価格なので、この34,538円が定価という事になると思います。

 

そして、気になる最安値の販売店ですが、サイト上部の取り扱い業者一覧を見て頂けるとわかると思いますが、HUAWEIP20liteを最安値で販売している格安SIM業者はOCNモバイルONEです。

 

一括:6,800円

ダントツの最安値ですね。

 

この価格は、セット販売されている格安SIM業者の中だけではなく、amazonや楽天といったネット通販サイトや、家電量販などとも比較してもダントツの破格だと思います。

 

公式サイトでは一括払いの料金のみの表示になっていますが、クレジットカードの支払い回数を決める事で分割は可能となっています。

 

 

HUAWEI P20 liteの口コミやレビュー

口コミやレビューの定番といえば価格.comだと思うので見てきました。

 

この記事を書いているのが2019/1/21現在で、人気ランキングではSIMフリー端末限定ではなくキャリアのスマホを含めたランキングでも1位、満足度ランキングでは12位という結果になっていました。

 

価格,comのランキングの決定の仕組みについては公表されておらず、様々な要因で決定されているのだとは思いますが、HUAWEIP20liteは利用者も多く人気の機種であるのは間違いないですね。

 

参考にした価格.comのページはコチラ(SIMフリー版のHUAWEI P20 lite)
http://kakaku.com/item/J0000027663/

 

HUAWEIP20liteはCA(キャリアアグリゲーション)対応で格安SIMでもCAは機能します。

HUAWEI P20 liteは2波CAに対応していて、CAは格安SIMでも機能します。

 

CA(キャリアアグリゲーション)とはわかりやすく言うと、異なる周波数帯の電波を束ねて、1つの通信回線として通信する技術で、例えばBand1の112.5MbpsとBand21の112.5MbpsでCAが効いた場合受信最大速度は単純に足した225Mbpsになります。

 

HUAWEI P20 liteはドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線の3キャリアの回線でのCAに対応しています。

 

過度の期待は禁物ですが、CA非対応機と比べると格安SIMでも通信速度はCA対応機の方が速くなります!

 

 

 

 

 

 

PR

HUAWEI P20 lite を格安simで使う記事一覧

HUAWEI P20 liteのカメラアプリは非常に高機能で様々な機能やモードが搭載されていますが、何もしなくてもカメラアプリ開いて写真撮るだけなら何も問題ないので、撮る以外にカメラについて全くわからない人がほとんどだと思います。説明書みれば色々と書いてあるんですが、スマホ購入して説明書見ない人はめちゃくちゃ多いと思います。今回はHUAWEI P20 liteのカメラの機能など説明書読んで勉強した...

HUAWEIP20liteはキャリアでも販売されている機種で、auからもHWV32として販売されています、キャリアでも取り扱っている分、SIMフリー版のみ販売のHUAWEI製の機種よりも、ケースなどスマホアクセサリー類が多く販売されています。とはいえ、iphoneのようにどの店行っても置いてあるような事はなく、実店舗でHUAWEIP20lite用のケースを探すのは困難ですので、やはりネットで購入す...