上部へ戻る

 

ドコモからIIJmioへ乗換えの流れ

現在ドコモをご利用中の方でIIJmioに乗換えをお考えの方へ、乗換えの際の必要な手続きや、ポイントなどをご紹介。

 

ドコモからIIJmioへ乗換え

IIJmioで利用する端末(スマホ本体)の確認

ドコモからIIJmioに乗換える際に、IIJmioで利用する端末についてご説明していきます。

 

IIJmioで利用できる端末は大きく分けて3種類になります。

その1、ドコモで発売されているスマホ

IIJmioでは現在、ドコモの回線を利用したタイプDというプランと、au回線を利用したタイプAという2種類のプランがあります、この2種類のうちドコモ回線を利用したプランDの場合だと、ドコモ回線を利用しているので、現在ドコモで利用されているスマホをIIJmioでも、SIMロック解除無しでそのまま利用する事が可能となっています。

 

その2、SIMフリー端末

ドコモなどのキャリアから販売されいるスマホは、SIMロックという物がかかっていて、自社のSIMカードしか利用できないようになっています。
しかし、SIMフリー端末は名前から想像できるように、SIMロックがかかっていない端末ですので、基本的には通信規格が適合していれば、何処のSIMカードでも利用が可能な端末になっています。

 

しかし、通信規格が適合しているか、自分で調べる必要があるので、SIMフリー端末を利用する場合、IIJmioでもセット端末として、SIMフリー端末を販売されていますので、IIJmioで販売されているSIMフリー端末を利用するのが一番安心の選択だと思います。

現在IIJmioで販売中のSIMフリー端末の確認はコチラから
>>IIJmio(みおふぉん)公式サイトはコチラから

その3、SIMロック解除をした、ドコモ以外のキャリアの端末

2015年5月以降に販売されたスマホはSIMロック解除の義務化が定められた為、ショップに持っていくか、WEBからのSIMロック解除ができるようになっています。

 

しかし、各キャリアから販売されているスマホは、そのキャリアが使っている電波の帯域に最適化されている事が多く、実際にはSIMロック解除をしても他のキャリアのエリアで利用する場合、なんらかの不具合が生じる可能性があります。

 

iphoneに関しては、元々世界中で利用される事を想定されたグローバルな端末なので、主要な通信規格にほぼ対応していますし、SIMロック解除義務化以降に販売されたiphone6/6Sは、ドコモ・au・ソフトバンク3社共通のモデルになっていますので、中身は同じですので、SIMロック解除すれば、何処のキャリアのiphoneでもIIJmioで利用可能となっています。
当然、ドコモのiphoneならSIMロック解除無しでもそのまま利用可能です。

 

2年縛りの契約更新月を確認

携帯大手3社とも2年契約を条件に料金が安くなるプランを提供していて、ほとんどの場合がいわゆる「2年縛り」と呼ばれる2年契約をされていると思います。

 

この2年契約の期間中に解約すると、9,500円の解約料が発生しますので、できれば、契約更新月に解約した方がお得です。
契約更新月は、以前は満了月の翌月の一ヶ月間でしたが、総務省の指導により、現在は満了月から2ヶ月間となっています。
さらに満了月にはメールでお知らせしてくれると思います。

 

自分が契約した日なんて覚えてない場合がほとんどだと思いますので、解約金のかからない更新月を知りたい場合、WEBから各キャリアのマイページ、ドコモなら「My docomo」にログインして確認や、お問合せのサポートダイヤルに電話して確認する事ができます。

 

ドコモの携帯から: 151(無料)
固定電話から:0120-800-000

 

IIJmioに乗換えする事によって、月々の料金が3分の1程度になる場合も多く、ドコモの解約金の9500円を払いたくないので、長い期間乗換えを待ってしまうより、解約金を払ってでも乗換えした方が、結局安くなる場合も多いので、ドコモの更新月が遠い場合、解約金を払っても乗換えする方が賢い選択になる場合も多いと思います。

解約金や、スマホの分割の残高が残っている場合は、解約後の最終支払の時にまとめて支払いになります。
月額料金+解約料9500円+端末の分割金の残高

 

電話番号そのままで乗換えのMNPを利用される場合、上記にプラス、MNP転出手数料の2000円が加算されます。(ソフトバンクだと3000円)

 

MNP予約番号の取得

ドコモからIIJmioに乗換えする際に、電話番号を新規に取得する場合は必要ありませんが、現在使っている電話番号そのままでIIJmioに乗換えする場合、ドコモでMNP予約番号という番号を取得する必要があります。

 

このMNP予約番号は、IIJmioに申込される際に、入力するフォームがありますので、その時に必要になります。

 

MNP予約番号のついて

  • MNP予約番号は発行から15日間が有効期限
  • MNP予約番号の発行は無料
  • 予約番号の有効期限が切れても、再発行が必要になるだけで、転出先のIIJmioの申込で利用しない限り、ドコモが解約される事はありません。
  • MNP予約番号を使い、転出が完了した時点で、ドコモは自動解約になりますので、別途ドコモでの解約手続きなどはありません。

MNP予約番号の取得方法

MNP予約番号の取得方法は3つあります。

  1. Mydocomoから取得
  2. https://www.nttdocomo.co.jp/mydocomo/
    コチラのMydocomoからログインして、「ドコモオンライン手続き」→「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)」からMNP予約番号の取得ができます。

  3. サポートセンターから電話で取得
  4. ドコモの携帯から: 151(無料)
    固定電話から:0120-800-000

    へ電話かけ音声ガイダンスに従い番号ポータビリティのお手続きについてをプッシュボタンで選択します。
    オペレーターに繋がったら、MNP予約番号の発行をお願いしますと伝えます。

  5. ショップの店頭での取得
  6. 身分証の提示を求められるかもしれないので、運転免許や、保険証などの身分証を持参していくのを忘れずに。

IIJmioでは一週間以上の有効期限があるMNP予約番号が必要になりますので、MNP予約番号はIIJmioに乗換えの際に必要な条件を全てそろえてから、最後に取得される事をおススメします。

クレジットカードの確認

IIJmioでは現在、クレジットカードでの支払いにしか対応していません。
契約者本人名義のクレジットカードが必要になります。

ドコモからIIJmioへ乗換え

上記の4つのポイントが全て完了したら、いよいよIIJmioへの申込になります。
こちらから公式サイトへ移動し、契約のお手続きが行えます。

 

また、その他気になる点なども、コチラの公式サイトから営業時間内ならチャットでリアルタイムで質問なども出来ますので安心です。

 

IIJmio(みおふぉん)