OCNモバイルONEとBIGLOBEモバイルを比較してみました

月々のスマホ料金を格安SIMで安くしませんか?

OCNモバイルONEとBIGLOBEモバイルを比較してみました

ここでは、OCNモバイルONEとBIGLOBEモバイルのどちらを利用しようか悩んでいる方向けに双方のプランや料金主要なオプションサービスなどの比較をしていきます。

OCNモバイルONEとBIGLOBEモバイル

 

OCNモバイルONEとBIGLOBEモバイルの料金プラン比較

まずは双方提供しているプランの比較をしていきましょう。
比較対象がOCNモバイルONEとBIGLOBEモバイルという事で、OCNではドコモ回線のSIMカードしか提供していないので、表ではドコモ回線での月額料金で比較をしています。

 

※()内の金額はデータ専用SIM

OCNモバイルONE BIGLOBEモバイル

3GB/月
1800円
(1100円)

1GB/月
1400円
(データ専用SIM無し)

6GB/月
2150円
(1450円)

3GB/月
1600円
(900円)

10GB/月
3000円
(2300円)

6GB/月
2150円
(1450円)

20GB/月
4850円
(4150円)

12GB/月
3400円
(2700円)

30GB/月
6750円
(6050円)

20GB/月
5200円
(4500円)

110MB/日
1600円
(900円)

30GB/月
7450円
(6750円)

170MB/日
2080円
(1380円)

500kbps(15GB/月)
2500円
(1800円)

 

OCNモバイルONEとBIGLOBEモバイル料金プラン比較の評価

 

両社の最安値プラン

まず両社の中で一番安いプランをみていきます。
最安値はBIGLOBEモバイルの音声通話スタートプランという、お試しのようなプランで月間データ通信量が1GBで月額1400円のプランがこの2社の中では最安値になっています。

 

高速通信1GBは割とあっという間に消費してしまうと思いますが、1GBを越えても200kbpsという低速にはなりますが、使えないわけではないので、ほとんどスマホは使わないけど、連絡手段としてスマホを維持したい人などは、とにかく月額を安く済ませたいと思うので、OCNモバイルONEとBIGLOBEモバイルの2社で検討すると、コチラのプランが最安値になりますね。

 

セット割りを使えば最安値は同等になる

自宅にネット回線を持たれている方で、OCN光をご利用の方は、OCNモバイルONEでセット割りという割引が受けられ、月額料金が200円程安くする事ができます。
セット割りが適用できる方は、OCNの最安値である、データ通信110MB/日の月額1600円のプランが実質月額1400円になるので、BIGLOBEの最安値と実質同等になります。

 

高速データ通信量が110MB/日なので、毎日高速通信を使い切った場合、月間3GBと同等になるので、もしもセット割りが適用できるなら、OCNモバイルONEの最安値プランの方がおススメできると思います。

 

ミドルユーザー向けプランの比較

ここでは、契約者が一番多そうな約3GB〜10GBのプランをミドルユーザー向けプランと定義して、比較してみます。

 

両社共に3つのプランがあり、3GBでは200円BIGLOBEモバイルが安くなっており、6GBでは同額、次の上位プランではOCNが10GBで月額3000円なのに対して、BIGLOBEモバイルでは12GBで月額3400円となっていて、データ容量のプラン設定が若干違いがあります。

 

このミドルユーザー向けプランを超えると、次のヘビーユーザー向けプランだと一気に20GBと30GBというプランになってしまう為、このミドルユーザー向けプランに抑えたい人は多いと思います。

 

毎月10GBで収まる人はOCNモバイル、10GBだと少し不安という人はBIGLOBEといった感じでしょうか・・

 

ヘビーユーザー向け大容量プランの比較

両社のヘビーユーザー向けの大容量プランは2つのプランがあり、両社ともデータ容量は20GBと30GBになっています。

 

しかし月額料金に差があり、20GBではOCNモバイルONEが月額4850円なのに対し、BIGLOBEモバイルでは5200円、30GBのプランではONEモバイルONEが月額6750円、BIGLOBEモバイルが月額7450円となっており、どちらのプランでもOCNモバイルONEの方が安く設定されています。

 

へ―ビーユーザー向けの大容量プランでは月額料金が安い分、OCNモバイルONEの方がお得という事になりますね。

 

OCNモバイルONEの日割りプラン

OCNモバイルONEでは、高速データ通信容量が、月〇GBといった月間のデータ容量プランとは別に、日110MB、日170MBといった、日単位の通信量のプランがあります。

 

高速通信のデータ容量を使いきっても翌日には速度制限が解除されますし、1日分だけではありますが、使い切れなかったデータ容量は繰り越しもあります。

 

なかなか無いとは思いますが、フルでデータ容量を使った場合、月に3GB以上のデータ通信を使える事になるのですが、月間3GBのプランよりも月額は安く、この日割りプランは格安SIM業者ではOCNのみの唯一のプランで個人的にはライトユーザーには画期的でおススメのプランだと思います!

 

 

スマホセット(端末セット)の比較

 

SIMカード契約時に一緒に新しくスマホも購入したい方も多いと思います。
格安SIM業者でも、SIMフリー端末を端末セットとして販売されています。

 

2018/7月現在での最新機種でのOCNモバイルONEとBIGLOBEモバイルの両社で取扱いがある同じ機種での値段で比較をしてみましょう。

 

OCNモバイルONE BIGLOBEモバイル

AQUOS sense plus SH-M07
一括:29800円
分割:1300円×24ヶ月

AQUOS sense plus SH-M07
分割:1650円×24ヶ月

ZenFone 5
一括:39800円
分割:1660円×24ヶ月

ZenFone 5
分割:2200円×24ヶ月

HUAWEI P20 lite
一括:14800円
分割:750円×24ヶ月

HUAWEI P20 lite
分割:1240円×24ヶ月

 

OCNモバイルONEとBIGLOBEモバイルのスマホセット(端末セット)の比較のレビュー

格安SIM業者でもキャリアと同様にスマホの販売もされています。
業者によって端末代はキャンペーンなども含めかなりの差がありますので、スマホセットを検討されている方は各社のスマホの端末代は要チェック項目だと思います。

 

月額料金は各社同等のプランなら数百円程度の差しかありませんが、端末代の場合、1万円以上差がある場合も中にはあります。
例えば、月額が200円安い所を選んだとして、月額料金が年間2400円浮く事になりますが、端末セットを購入して、月額は多少高くなっても端末代が1万円以上安い所で購入すれば、月額が高くても結果的には安く済むなど十分にありえます。

 

上記の表を見て、気づかれたと思いますが、大きな特徴は、BIGLOBEモバイルは一括支払いに対応していません。
分割のみになっています。

 

OCNモバイルONEのらくらくセットは業者最安値レベル

音声対応SIMとのセット購入という縛りはありますが、OCNモバイルONEのらくらくセットでの購入条件を満たす場合、セット端末の端末代はOCNが業者最安だと思います。

 

他業者でもキャンペーンなどでもしかしたら、OCNよりも安く買える業者もあるかもしれませんが、基本的にはセット端末での購入の場合、OCNが一番安いと思っていても問題ないと思います。

 

とにかく端末を安く買いたいというなら、OCNは比較対象から外せませんね。

 

OCNモバイルONEとBIGLOBEモバイルの通話料金の比較

OCNモバイルONEとBIGLOBEモバイルの通話料金の比較をしていきます。
通話オプションを利用せず通常の通話に関しては、OCNモバイルONEとBIGLOBEモバイルに限らず基本的には国内通話:20円/30秒になってます。

 

格安SIMのサービスが始まったばかりの頃は、通話に関するサービスがほとんどありませんせんでしたが、現在では10分かけ放題のサービスなどが登場して、ほとんどの格安SIM業者で通話オプションを提供されています。

 

OCNモバイルONE BIGLOBEモバイル

通常発信での国内通話
30秒/20円

通常発信での国内通話
30秒/20円

OCNでんわアプリからの通話
30秒/10円

BIGLOBEでんわアプリからの通話
30秒/9円

10分かけ放題
月額850円

10分かけ放題
月額830円

トップ3かけ放題
月額840円

通話パック90(90分無料通話)
月額830円

かけ放題ダブル
月額1680円

 

OCNモバイルONEとBIGLOBEモバイルの通話料金比較の評価レビュー

通常発信の通話

普段通りの通常発信での通話はOCNモバイルONEとBIGLOBEモバイルともに、30秒/20円となっています。
これはOCNモバイルONEとBIGLOBEモバイルというより、どこの携帯電話会社でも通話オプション無しでの通話だと同じだと思います。

 

各社提供の通話アプリからの発信

格安SIM業者はほとんどの場合、通話のサービスでプレフィックス通話という通話料金を安くするサービスを提供しています。

 

プレフィックス通話というのは、電話番号の前にプレフィックス番号を付けて発信する事で、通常とは異なる通話回線を利用して通話料金を安くするサービスです。

 

OCNの場合プレフィックス番号は「0035-44」で、OCN電話アプリを利用すれば、この「0035-44」を自動で追加して相手番号にかけてくれるアプリになっています。

 

電話帳からの発信も当然可能で、自動でプレフィックス番号を追加して発信できる仕組みになっています。
BIGLOBEモバイルBIGLOBEでんわも同様の仕組みになっています。

 

通話料金はOCNモバイルONEは、通常発信の約半額の30秒/10円になっています。
BIGLOBEモバイルは30秒/9円になっています。

 

かけ放題

OCNモバイルONEとBIGLOBEモバイルともに10分かけ放題の通話オプションがあり、1回の通話が10分以内なら何度でも通話可能なサービスになっています。
こういった、〇分かけ放題の通話オプションはほとんどの業者で提供されているサービスで、10分で通話が自動で終了するアプリや、10分をアラームで通知してくれるアプリなど、便利なアプリがiphone、andorid共にあるので、アプリストアで探してみてください!

 

料金は10分かけ放題が、OCNモバイルONEは月額850円、BIGLOBEモバイルは月額830円とBIGLOBEモバイルの方が若干安くなっています。

 

10分かけ放題以外の通話オプション

10分かけ放題以外でも両社ともそれぞれ、独自の通話オプションを提供されています。

 

BIGLOBEモバイルでは90分の無料通話を月額830円で提供しています。

 

対するOCNモバイルONEでは、トップ3かけ放題という、通話が多かった上位の3番号の通話料金を無料にするという画期的なオプションを提供されています。

 

特定の相手との通話料が3人までですが、完全にかけ放題という事になる他社にはないかなり画期的なプランだと思います。
そして、トップ3かけ放題と10分かけ放題がセットになったかけ放題ダブルというオプションも提供されていて、通話オプションに関しては総合的に考えれば、圧倒的にOCNがおススメだと思います。

 

 

 

 

端末保証サービス比較

 

両社とも数多くの追加オプションを提供されていますが、利用者が多いと思われる追加オプションの端末保証のサービスの比較をしてみます。

 

ドコモ/ソフトバンク/auの大手3キャリアと違い、格安SIM業者の場合持ち込みできるショップがほとんど無いので、故障した時などの修理保証は気になる方も多いと思います。

 

OCNモバイルONE BIGLOBEモバイル

あんしん保障(セット端末)
スマートフォン/月額430円
タブレット/月額410円
ルーター/月額340円

BIGLOBE端末あんしんサービス
月額380円〜570円(機種によって価格が変動)

あんしん保障(持ち込み端末)
月額500円

BIGLOBE SIM端末保証サービス
月額500円(android限定、iphoneは保証外)

 

端末保証サービスの比較のレビュー

BIGLOBEモバイルでは機種によって月額が設定されていて、新機種や本体価格の高い端末などが月額が高い傾向にあります。

保証内容
OCNモバイルONE

修理代金は2回目まで無料
端末の交換1回目5000円、2回目8000円
3回目以降は実費になります。
実質年2回までの保証ですね。

 

BIGLOBEモバイル

【BIGLOBEモバイルで購入した機種】
修理は無しで交換対応となります。
端末の交換は1回目5000円、2回目10000円、3回目15000円、4回目以降は機種によって代金が異なるので、公式サイトでご確認ください。
【持込み端末】
修理代金は2回目まで無料(ただし上限4万円まで)
端末の交換1回目4000円、2回目8000円
こちらも実質年2回までの保証ですね。
※持込み端末の保証はAndroid端末のみでiphoneは対象外です

 

修理時は代替機を送ってくれます。
早ければ翌日到着で送って貰えるそうで助かりますね。

 

保証内容や月額料金はそこまで変わりがないと思いますが、交換対応の場合、OCNモバイルONEは3回目以降は実費になるのに対して、BIGLOBEでは4回目以降まで料金が設定されています。

 

年に4回も壊れる事は早々ないとは思いますが、年に3回以上故障してしまう運の悪い人にはBIGLOBEモバイルの端末保証の方が助かりますね・・・

 

あと、大きな注意点としては持ち込み端末の保証で、BIGLOBEモバイルではiphoneは保証外でandoroid端末のみ対象になっているので注意が必要です。
日本はiPhoneのシェアが非常に高く、格安SIMでもiphoneで利用される方が多いと思うので、iphoneを自分で用意して格安SIMを利用される場合、端末保証が使えるかどうかは割と大きなポイントだと思います。