月々のスマホ料金を格安SIMで安くしませんか?

iphoneで格安simを使う場合のメリットとデメリットを考えてみる

iphone



最近では格安SIMもテレビCMなど大きなメディアなどでもみかけるので、今使ってるiphoneや中古で購入したiphoneなどを格安SIMで使いたいと思われている方も多いと思います。

 

ここでは、iphoneで格安SIMを使う場合のメリットとデメリットを思いつく限り書いていきたいと思いますので、iphoneで格安SIMを検討されている方の参考になれば幸いです。

 

iphoneで格安SIMを使う場合のメリット

まずは、iphoneで格安SIMを使う際のメリットを書いて行きたいと思います。

 

月額料金が安いので維持費が安く済む

これは、誰もが考える最大のメリットというか、格安SIMを利用する場合の一番の理由がこれだと思います。

 

特に、通話はほとんどしないし、データ通信も少ないので、データ容量のギガが少なくて済んでるライトユーザーと呼ばれる層の人は、そこまでスマホを利用しないのにも関わらず、スマホを持ってるだけで大手キャリアの契約だと結構な月額料金を支払っていると思います。

 

私の場合、データ容量はそれなりに使うのですが、家の中で動画みたりがほとんどで、自宅ではWifiを使っているので、外でのデータ通信は2GBもあれば十分です。

 

ドコモで契約している時は、月額が6000円前後だったのですが、格安SIMに変えて月額1600円で済んでいます。

 

ドコモの契約でもプランをしっかり見直せばもう少し安くなったかもしれませんが、さすがに1600円には絶対ならなかったと思います

 

スマホに詳しくなれる

個人的にはこのメリットは非常に大きかったですが、iphoneで格安SIMを使おうと思うと、色々調べる事が多いと思います。

 

この記事をご覧になられてる方も、何かが知りたくて検索して見てくださってるのだと思いますが、大手キャリアの場合、スマホが使いたかったらショップへ行けば全部やってくれるので、自分ではほとんどの事を考える必要はなく、大げさに言うと何も知らないままスマホを使う事ができると思います。

 

SIMカードが入ってる事すら知らない人も多くいるのが現状だと思います。

 

大手キャリアを使われている人は、現在自分が利用してる料金プランですらよく分かって無い場合も多いんじゃないでしょうか?

 

そして、ほとんどの場合が知ってるだけで誰でもできる簡単な事ばかりだったりします。

 

プランが分かりやすく、プラン変更も容易

 

最近では、格安SIMもプランがわかりにくい所もありますが、楽天モバイルのスーパーホーダイだったりUQモバイルのおしゃべりプランだったり、色々セットになったプランを提供している所は、2年間は月額料金が何円で・・・などなど
わかりにくいプランの所もありますが、基本的には格安SIM業者のプランはシンプルです。

 

3GBだと月額1600円、6GBだと月額2000円といった具合に、月々のデータ容量で月額が決まってる場合がほとんどなのでプランと月々の支払額が非常に分かりやすいです。

 

プラン変更も公式アプリから毎月変更可能です。

 

iphoneで格安SIMを使うメリットのまとめ

こうして記事を書いてみると、メリットについてそこまで書く事はなかったですね・・

 

iphoneで格安SIMを使う事の目的は料金を安くしたいのが一番の理由だと思います。
そしてそれがやはり一番のメリットですね。

 

安くなる上に、料金以外の大手キャリアよりメリットが豊富!なんて冷静に考えたらあるわけがないですよね(笑)

 

iphoneで格安SIMを使う場合のデメリット

それでは次にiphoneで格安SIMを使う場合のデメリットを思いつく限り書いていきたいと思います。

 

格安SIMを推奨しているし、おススメしているので、デメリットばかり書きたくないのですが、安くなる分やはりデメリットは必ずあるので、避けては通れない部分だと思います。

 

今まで使ってたメールアドレスが使えなくなる、キャリアのアドレスでしか登録できないサービスが使えなくなる。

キャリアからの乗換えの場合、ドコモ、au、ソフトバンクで利用していた、今まで慣れ親しんだメールは当然利用できなくなります。

 

とはいえ、最近ではLINEなどのSNSでのやり取りがメインの時代になっていますので、使ってない人も多いと思いますが。

 

キャリアのメールアドレスというのは個人のメインのメールアドレスになるので、公式サイトだったりスマホ専用サイトではキャリアのメールアドレスでしか登録できない物もあります。
最近はそういうサイトも少ないですが、そういう場合もあります。

 

また、iphoneで格安SIMを使うようになると、キャリアメールに変わって、契約した格安SIM業者が提供しているメールアドレスや、iCludのメールアドレス、またはgmailなどを使うようになると思いますが、キャリアのメールアドレスのメールを送る際に相手に届かない場合があります。

 

これの原因は、ほとんどの人が迷惑メールフィルタをONにした状態で、キャリアのメールはキャリアのアドレス以外だと迷惑メールと判断してブロックするようにフィルタがかけられてる場合が多い事で起こります。

 

この場合相手側に自分のアドレスを個別で許可してもらう事で解決はできますが、面倒ですね。。

 

最新のiphoneが手に入れにくくなる

 

キャリアでiphoneを使ってる場合、新しいiphoneが発売されたらショップへ行って機種変をすれば、その場でお金を払う事なく、最新のiphoneに機種変更ができますよね。

 

とはいえ、月額料金に端末代が含まれてその場でお金がいらないだけなんですけども。

 

現在使ってるiphoneを下取りしてくれて、さらに月々サポートなどで、端末代のみで言えば安くはなります。

 

これが、格安SIMでiphoneを使ってる方の場合、最新のiphoneに機種変しようと思ったら、appleのストアで自分で最新のSIMフリーのiphoneを定価で購入する必要があります。

 

最新のiphoneの場合、即中古で出回る事はないので、やはり新品を定価で購入する事になるでしょうね。

 

しかし、appleでも分割払いに対応していますし、現在使ってるiphoneを売れる中古のスマホショップは最近では多いですし、ネットでも買取してくれます。

 

この最新のiphoneを手にいれにくくなるというデメリットは、手に入れにくいというより、キャリアの場合ショップ行けば済むのに対して、格安SIMを使ってる場合は色々メンドクサイという話ですね。

 

通信速度が遅い

 

個人的にはこれがかなり大きいメインのデメリットの一つだと思います。

 

iphoneは動作自体は非常にサクサクと性能が高いですが、通信速度が遅いと動作が早くてもやはりストレスに感じる事が多くなると思います。

 

ちなみに通信速度が遅いのは1日通して常に遅いというわけではありません、通信が込み合う時間帯、昼間の12時~13時や、18時~21時といった、スマホのデータ通信を使う人が多い時間帯などです。

 

なお、通信速度に定評のあるUQモバイルなど、通信設備に対して他社より高いコストをかけて安定して速度を確保して業者などもあります。

通話料金が高くなる可能性がある

 

ひと昔前までは格安SIMは通話に関するサービスが無く、iphoneで通話する場合30秒20円という高額の通話料のみでした。
しかし現在では、月額800円前後で10分かけ放題のオプションがどこの格安SIM業者でもあります。

 

ですが、一回10分までという縛りがあり、キャリアのような完全なかけ放題が無いので、長電話する場合は高額になる可能性があります。

 

10分かけ放題で10分を過ぎた場合、通常の30秒20円ではなく、30秒10円の通常の半額です。

 

ちなみに、OCNモバイルONEではトップ3かけ放題という、一番通話時間が長かった3番号まで通話料金無料というオプションがあり、この場合、その上位3番号への通話に対しては完全かけ放題になるというサービスもあります

 

 

LINEの年齢認証が出来ない

年齢認証が出来なくてもiphoneで格安SIMを使っていてもLINEは使えるのですが、友達追加する時のID検索の機能が年齢認証をしてないと利用できません。

 

この年齢認証はキャリアの契約で確認する為、格安SIMではできません。

 

ID検索しない人は関係ないので個人的にはデメリットって程でもないのですが、ID検索を活用する人は注意が必要です。

 

格安SIMの中でもLINEモバイルだけは、LINEの年齢認証に対応しています。
アプリの提供元なので当然と言えば当然ですが。

設定などを自分でする必要がある

キャリアの場合はショップへ行けば、メール設定やiphoneで設定が必要な分からない事など店員さんがやってくれるか、対面で教えて貰いながら設定可能です。

 

格安SIMでiphoneを利用している場合、基本的には自分でそれらをやる事になると思います。

 

とはいえ、最近では実店舗やサポート窓口がある格安SIM業者も増えていますし、サポートダイヤルに電話すれば丁寧に教えて貰えます。

 

また、iphoneは非常に利用者の多いスマホですので、困った事は検索すればほとんどの情報がみつけれますので、ほぼ自分で解決可能だと思います。

 

iphoneで格安SIMを使う場合のデメリットのまとめ

上記のデメリットを一通り見てわかったと思いますが、デメリットは全員に該当するデメリットというのは少なく、ほとんどの場合が特定の条件で起きるデメリットで、該当しない人にはあまり関係のない事も多いです。

 

各デメリットの項目では、解決策になるヒントも記載したので、それらも参考にして頂けると幸いです。

 

我が家では、iphoneを2台ドコモで契約をしていて、現在格安SIMに乗換えて、2台合わせて毎月1万2000円も月額料金を安くできました。

 

これを年間にすると、なんと14万4000円の節約になります。

 

iphoneを格安SIMで利用する場合、間違いなくデメリットも存在しますが、この金額はデメリットを考慮しても無視できない金額ではないでしょうか?

 

PR