月々のスマホ料金を格安SIMで安くしませんか?

HUAWEI P20 liteのカメラ性能や機能などまとめてみた。

更新日:2019/01/27

HUAWEI P20 liteのカメラアプリは非常に高機能で様々な機能やモードが搭載されていますが、何もしなくてもカメラアプリ開いて写真撮るだけなら何も問題ないので、撮る以外にカメラについて全くわからない人がほとんどだと思います。

 

説明書みれば色々と書いてあるんですが、スマホ購入して説明書見ない人はめちゃくちゃ多いと思います。

 

今回はHUAWEI P20 liteのカメラの機能など説明書読んで勉強したので、シェアしたいと思います。

HUAWEI P20 liteのカメラスペック

まずはHUAWEI P20  liteに搭載されたカメラの基本スペックを紹介します。

画素数

メインカメラ:約1600万画素+約200万画素(ダブルレンズ)
インカメラ:約1600万画素

F値

メインカメラ:2.2
インカメラ:2.0

ズーム 4倍

 

HUAWEI P20 liteのカメラのイチオシ便利機能

説明書を開いた所、カメラの機能説明とは別に便利機能一覧の項目がありそこに2つのカメラ機能が書いてありましたので紹介します。

 

ポートレートモード

人物撮影する際に利用するモードでコチラのモードを利用すると、フレーム内の人物を自動で判別し、人物にビューティー効果が適用されます。

 

人物撮影する場合は覚えておきたい機能ですね!

 

フードモード

インスタをみてると、インスタ映えするランチ画像やカフェ画像など、美味しい料理やスイーツの写真の投稿をよく目にするようになりましたね。

 

フードモードではナイスフードという設定があるのですが、このナイスフードの設定はHUAWEI P20 liteにはデフォルトでは入っていないので、設定ファイルをダウンロードして利用する流れになります。

 

ナイスフードのダウンロード方法

まず、カメラを開きます。

 

そして、画面を右にスワイプすると各種設定のアイコン画面ででてきます。
このようなアイコンです。

この、その他アイコンをタップすると追加できる設定一覧がでてくるので、その中からナイスフードをダウンロードすれば利用できるようになります。

 

HUAWEI P20 liteのカメラで撮影シーンに合わせた機能を使う

それでは、HUAWEI P20 liteのカメラ機能について紹介していきます

 

また、撮影シーンに応じた最適なモードや機能など撮影時に使える情報を紹介

ビデオ動画撮影中に写真撮影

HUAWEI P20 liteはビデオ撮影中の撮影中の一コマを写真撮影する事ができます。

 

この機能は最近のスマホを出来る事が多いですね。

 

利用方法は簡単でビデオ撮影中にカメラアイコンをタップするだけです。

 

自動的に笑顔を撮影

カメラを開いて左に画面をスワイプする設定画面がでます。

 

スマイルキャプチャ機能

設定でスマイルキャプチャをオンにすると、ビューファインダー内に移った被写体の笑顔を自動で検出し、笑顔になると自動で撮影されます。

 

非常に面白い機能ですねコレ。

 

ハイチーズ、(´∀`)ニコ
カシャ!

 

ちょっと早かったー、もう一回

 

なんて感じの昔ながらの写真撮影が消えてしまう恐ろしい機能ですね。

 

動いてる被写体を撮影

走り回ってる子供や、ペットの愛犬など動き回る被写体を撮影するのに便利な機能がコチラ

 

オブジェクトトラッキング

カメラ を開いて、画面を左にスワイプして設定画面からオブジェクトトラッキング を有効にします。

 

オブジェクトトラッキングは動き回る被写体へ自動的にピントを合わせる機能になります。

 

ビューファイ ンダー内で被写体をタップすると、ピントが合った状態で被写体を自動的に追跡してくれるので、被写体が動いていてもブレにくくなる超便利な機能です。

 

連射撮影

最近のスマホのカメラでは、ほぼこの連射機能がついています、HUAWEI P20 liteももちろん連射撮影可能です!

 

ほとんどのスマホが連射撮影は撮影ボタンを長押しする事で連射されますが、HUAWEI P20 liteはシャッターボタンを長押しの場合の動作を設定する必要があります。

 

連射撮影の設定方法

設定方法は、カメラを開いて左にスワイプして設定画面を開きます。
設定一覧にシャッターボタンを長押しという項目があるので、シャッターを長押しした場合の動作を「連射」と「フォーカス」か選べるので、連射に設定します。

 

声で撮影をする

自撮り棒など使う場合、シャッターボタンが付いていたり、スマホを触らなくても撮影できるアイテムもありますが、HUAWEI P20 liteは声に反応してシャッターを切る事ができます。

 

音声シャッター

音声シャッター機能を使えば音声を発する事でシャッターを切る事ができます。

 

音声シャッターの設定方法

設定方法は、カメラを開いて左にスワイプして設定画面を開きます。
設定一覧で音声シャッターを有効にする事で利用できるようになります。

 

ただし、にぎやかな場所では使えないですね(;^_^A

 

スローモーション動画

HUAWEI P20 liteのカメラではスローモーション動画の撮影も可能です。

 

スローモーション動画の撮影方法

カメラを開いて右にスワイプしてモード設定画面を開きます。

 

これまでの写真設定では左にスワイプでしたが、今度はモード変更で右なので注意してください。

 

右にスワイプすると撮影モードのアイコンが並んでますので、スローをタップでスローモードが有効になります。

 

あとは、通常通り動画撮影を開始すればスローモーション動画の撮影が可能となります。

 

ワイドアパーチャで被写体の強調

HUAWEI P20 liteのワイドアパーチャモードを使えば被写体を鮮明に映して、背景がボヤけた感じのプロが撮ったような写真が簡単に可能。

 

こんな感じの背景がボヤけた写真になります。

 

 

ワイドアパーチャモードの使い方

まずはカメラを開きます、画面上部のフラッシュやインカメラ、アウトカメラの切換えアイコンなど並んでいる所にコチラのアイコンがあると思います。
↓コレ

このアイコンがワイドアパーチャモードのオンオフのアイコンです。
ワイドアパーチャモードの画面になると、スライダーが表示されますので、そちらのスライダーを動か事でボケの深度を調整できます。

 

パノラマ撮影

最近はあまり見なくなりましたが、パノラマ写真は通常の写真より横長で風景の全体を収めるのに効果的な撮影方法です。

 

このパノラマ写真、どういう風に撮ってるのか前から気になってたのですが、カメラが視界内の被写体の写真を複数撮影し、これらの写真をつなぎ合わせて1枚 の写真を作成して作成されるらしいです。

 

パノラマ撮影の使い方

カメラを開き、画面を右にスワイプしてモード設定画面を開きます。

 

パノラマのアイコンがあるのでそれをタップしてモード設定完了です。

 

撮影の仕方ですが、シャッターを押したあと、端末を画面の表示そって動かします。

 

こうする事で、撮られた写真を自動で繋ぎ合わせて横長のパノラマ写真ができるんですね。
ある程度は自動で補正してくれるんでしょうけど、水平に端末をずらす必要があるので、ある程度技術が必要そうですね!

 

プロモード

カメラが詳しい人専用モード。

 

デジカメに搭載されている露出やシャッター速度など様々なパラメーターを自分で調整して撮影できるモードになっています。

 

露出補正、ホワイトバランス、ISOなど、私のような一般人にはチンプンカンプンなパラメーターを自分で細かく設定できるようです。

 

プロモードの使い方

カメラを開いて、画面を右にスワイプします。

 

モード設定画面にプロ写真のアイコンがあるのでタップ。
これで、プロモードに変わります。

 

ライトペインティングモード

HUAWEI P20 liteのラインペインティングモードを使って、光の軌跡を撮影する事で幻想的な写真を撮る事が可能です

 

光の軌跡を撮影

ライトペインティングモードでは、遅いシャッター速度に自動的に設定し、露出時間を長くして光の軌跡を 撮影する事ができます。

ライトペインティングモードの使い方

カメラを開いて、画面を右にスワイプ

 

モード設定にラインペインティングモードがありますのでタップ

 

ラインペインティングモードにはさらに細かいモード設定がありそれぞれ最適なモードを設定する事ができます。

  • テールライトトレイル:夜間に車のライトの軌跡を撮影します。
  • ライトグラフィティ:暗所で移動する光源の軌跡を撮影します。
  • シルキーウォータ:流れる水の様子をシルクのように滑らかに撮影します。
  • スタートラック:夜空の星の軌跡を捉えた美しい写真を撮影します。

 

コマ抜き動画(タイムラプス)を撮る

花がつぼみから開花する動画や、一日の星の流れや、雲が流れる様子をコマ送りにした動画をテレビなどで一度は目にした事があると思います。
なんとHUAWEI P20 liteならあのようなタイムラプス動画の撮影が可能です!

 

コマ抜き録画(タイムラプス)の使い方

カメラを開いて画面を右にスワイプします。

 

設定アイコン一覧のコマ抜きをタップして開始。

 

長時間の撮影になりますので、バッテリーやストレージの容量不足などを注意してください。
また、端末を三脚などで固定して撮影を行ってください。

 

夜間にキレイに撮影する

夜間の撮影は通常の撮影モードで撮影しても上手く撮れない場合が多いですよね。

 

HUAWEI P20 liteの夜間撮影モードを利用すれば簡単に夜間撮影が行えるように設定できます。

 

夜間撮影モード

カメラを起動してそのまま撮影する、標準撮影モードに比べ、夜間撮影モードでは、暗所や夜間での撮影における制約が解消され、明るさ 色味が向上したシャープな写真を撮影できます。

 

夜間撮影モードの使い方

カメラを起動し、画面を右へスワイプ

 

モード設定のアイコンから夜間撮影をタップすれば夜間撮影モードになります。

 

夜間モードで撮影する場合、カメラを固定して撮影する事で安定してより綺麗な画像撮影が可能となりますので、出来れば三脚を利用して撮影するのがおススメです。

 

まとめ

HUAWEI P20 liteカメラのモードや設定の操作で覚えておくポイントはコチラ

 

  • 撮影モード変更はカメラを開いて右にスワイプ
  • 設定されているモード中の設定変更は左へスワイプ
  • モードはプリインストールされている物と、必要な物をダウンロードして使う物がある。

 

PR