上部へ戻る

 

IIJmio(みおふぉん)で即日開通する方法

みおふぉんの愛称で人気にIIJmioの音声対応の格安SIMですが、特に現在の電話番号そのままでMNPしたい人は出来れば即日開通を希望される方が多いと思います。

 

現代人にとってスマホは日常の一部になっているので、1日でも繋がらないと不便だし不安に思われる方は多いはずです。

 

ここでは、IIJmio(みおふぉん)の即日開通についての情報を紹介していきます。

 

現在IIJmio(みおふぉん)での即日開通には2通りの選択肢があります

パターン1

即日開通の窓口を設置した提携店舗での申込み

家電量販店のコジマ/ビックカメラ/ソフマップのBIC SIM
カウンター設置店舗

 

SIMコーナーを設置した全国のAEON(イオン)

 

九州地方のディスカウントショップのミスターマックスの一部の店舗
ゆめタウンの一部の店舗

 

上記のお店の全ての店舗に窓口があるわけではございませんので受付窓口設置店舗の確認はコチラからIIJmio公式サイト内の即日開通取り扱い店舗一覧をご確認下さい

 

>>IIJmio(みおふぉん)公式サイトはコチラから

 

 

格安SIMは料金を安くする為、基本的には経費を抑える為にオンラインでの申込みでSIMカードは郵送という形が多いのですが、IIJmioは即日開通窓口を設置した店舗が多いMVNO業者です。

 

 

パターン2

おうちでナンバーポータビリティ

IIJmio(みおふぉん)は自宅で即日開通可能
以前までは、ネットでの申込みの場合、番号そのままでMNPして乗換える際には、申込み後MNPの番号切り替え作業が行われてから自宅にSIMカードが発送されていました。

 

IIJmio(みおふぉん)の新しいSIMカードへの番号切り替え作業を完了した時点で、現在使っている、ドコモ/ソフトバンク/auなどのキャリアの契約は自動で解約されるので、その時点で現在お使いのスマホは圏外表示に代わります。

 

発送の直前で切り替えてはくれてましたが、発送から自宅に届くまでの間、スマホが利用不能になってしまい俗に言うMNPの空白期間というものが出来ていました。

 

早くても2日はかかるので2日間繋がらない不安ができ、IIJmio(みおふぉん)に乗換えの際の大きなネックになっていたはずです。

 

しかし、現在ではSIMカードが自宅に届いてから開通センターに電話をかけて切り替えが出来る、おうちでナンバーポータビリティというサービスが開始されたのでネットでの申込みでも空白期間はほぼ無くなりました。
(切り替え作業中はもちろん使えませんが1〜2時間程度です)
>>IIJmio(みおふぉん)公式サイトはコチラから

 

初期設定などの不安からも店舗での契約を望まれる方もいるとは思いますが、IIJmio(みおふぉん)のSIMカードをスマホに挿入した時点で通話は可能になります。

 

あとは、ネットに繋げる為にデータ通信をできるようにAPN設定を行うだけですが、同封されている案内を見ながらすれば1,2分で完了する簡単な作業です。
設定画面を開いて、接続業者のアドレスとIDとパスワードの3つを入力するだけですので。

 

また、iphoneの場合は指定されたAPN設定プロファイルというものをダウンロードしてインストールするだけなので手動での入力は不要でさらに簡単です。

 

 

契約プラン料金など詳細はコチラから公式サイトへ