OCNモバイルONEとDMMモバイルを比較してみました。

月々のスマホ料金を格安SIMで安くしませんか?

OCNモバイルONEとDMMモバイルを比較してみました。

ここでは、OCNモバイルONEとDMMモバイルのどちらを利用しようか悩んでいる方向けに双方のプランや料金主要なオプションサービスなどの比較をしていきます。

OCNモバイルONEとDMMモバイルを分かりやすく比較

 

OCNモバイルONEとDMMモバイルの料金プラン比較

まずは双方提供しているプランの比較をしていきましょう。
比較対象がDMMモバイルという事で、DMMモバイルではau回線のプランも提供していますが、OCNはドコモ回線のみなので、ここではドコモ回線での料金プランの比較をしています。

 

※()内の金額はデータ専用SIM
背景色はデータ容量が日割りプランです。
背景色は最大500bpsで月間15GBまで制限無しです。

OCNモバイルONE DMMモバイル

3GB/月
1800円
(1100円)

200kbps固定/月
1140円
(440円)

6GB/月
2150円
(1450円)

1GB/月
1260円
(480円)

10GB/月
3000円
(2300円)

2GB/月
1380円
(770円)

20GB/月
4850円
(4150円)

3GB/月
1500円
(850円)

30GB/月
6750円
(6050円)

5GB/月
1910円
(1210円)

110MB/日
1600円
(900円)

7GB/月
2560円
(1860円)

170MB/日
2080円
(1380円)

8GB/月
2680円
(1980円)

500kbps(15GB/月)
2500円
(1800円)

10GB/月
2890円
(2190円)

15GB/月
3980円
(3280円)

20GB/月
4680円
(3980円)

 

OCNモバイルONEとDMMモバイル料金プラン比較の評価

プランの多様性をコチラの2社で比較すると、表からもわかるように、DMMモバイルの方が、月間データ容量のプランを細かく設定されていますね。

 

ライトユーザー向けプランの比較

基本的には連絡手段の携帯電話として維持したいだけの方などとにかく月額を安くスマホを維持したい人向けのデータ容量でいえば3GB以下のライトユーザー向けプランをOCNモバイルONEとDMMモバイルで比較します。

 

OCNモバイルONEライトユーザー向けプラン

まずOCNモバイルONEは、110MB/日プランの月額1600円のプランのがライトユーザー向けプランに該当します。
このプランは、月間データ容量ではなく一日110MBというプランになり、日に110MBを超えると翌日まで200kbpsに速度制限されます。

 

データの繰り越しもあり、1日分だけですが、余った容量は翌日に繰越しされます。

 

DMMモバイルライトユーザー向けプラン

続いてDMMモバイルでは、ライトプラン月額1140円、1GB/月で月額1260円、2GB/月で月額1380円の3つのプランがライトユーザー向けプランに該当します。

 

一番安いライトプランは通信速度が200kbps固定のプランになります。
200kbpsという速度は速度制限がかかってる時と同等の速度と思っていただければわかりやすいかと思います。

 

200kbpsという速度は、画像の少ないWEBサイトを見る場合や、LINEやTwitterなどでも文字でのメッセージのやり取り程度ならストレスなく使えるとは思いますが、画像の多いサイト、SNSでの動画や画像のやり取りなどにはかなり時間がかかりストレスにはなる速度と思います。

 

あとは、アプリのダウンロードや更新などのデータ容量の多い通信も困難だと思いますので、自宅にwifi環境があり、高速回線も利用できる環境化にある方や、スマホをただの連絡手段として主に使いたい方がとにかく安く維持したいという場合には良いと思いますが、それ以外の方はいくら安く済むとは言えちょっとしんどいプランだとは思います。

 

OCNとDMMの2社で最安値プラン

この2社を比較した場合のもっとも安いプランは上記でも説明したDMMモバイルのライトプラン月額1140円になります。

 

ほとんどの格安SIM業者はデータ通信の速度をアプリから切り替える事ができ、低速時はデータ容量が減らないので高速通信が必要ない場合は低速に切換えるなどして、データ容量の節約ができるようになっています。

 

私は娘とシェアSIMでデータ容量をシェアして使っているのですが、常に自分は低速にしていて、データ容量はほぼ娘に使わせています。
自宅にwifi環境があるので、アプリの更新やダウンロードはwifi接続時にしか行わないですし、平日の外でのスマホの利用は仕事の休憩時間くらいしかスマホ使う事が無いので、低速で十分事足りています。

 

ですので、私のような使い方の方など、スマホの利用の仕方によっては低速のみでも十分可能だとは思います。

 

 

ミドルユーザー向けプランの比較

ここでは、約3GB~10GB程度の一番利用者の多いと思われるプランをミドルユーザー向けプランと定義して比較してみます。

 

OCNモバイルONEのミドルユーザー向けプラン

OCNモバイルONEのミドルユーザー向けプランは、3GB/月額1800円、6GB/月額2150円、10GB/月額3000円の3つになります。

 

DMMモバイルのミドルユーザー向けプラン

DMMモバイルのミドルユーザー向けプランは、3GB/月額1500円、5GB/月額1910円、7GB/月額2560円、8GB/月額2680円、10GB/月額2890円の5つになります。

 

 

2社の完全に同等のプランは3GBと10GBの二つになりますが、どちらともDMMモバイルの方が若干月額が安くなっていますね。
そして、データ容量の区切りもDMMモバイルの方が多く、細かく容量プランの選択が可能になっています。

 

 

ヘビーユーザー向けプランの比較

続いて10GB以のヘビーユーザー向けプランを比較してみます。

 

OCNモバイルONEのヘビーユーザー向けプラン

OCNモバイルONEのヘビーユーザー向けプランは20GB/月額4850円、30GB/月額6750円の2つになります。

 

DMMモバイルのヘビーユーザー向けプラン

続いてDMMモバイルのヘビーユーザー向けプランは、15GB/月額3980円、20GB/月額4680円の二つになります。

 

 

この2社のデータ容量が同じ同等のプランは20GBプランで月額料金は170円程DMMモバイルの方が安く設定されています。
OCNモバイルONEの大容量プランは10GBプランからは10GB区切りでアップしていき、20GB、30GBとなるのに対し、DMMモバイルは5GB区切りで15GB、20GBというプラン設定になっています。

 

そして、DMMモバイルは最大容量は20GBプランが最大になり、OCNモバイルONEは30GBが最大プランになっています。

 

 

 

 

 

 

スマホセット(端末セット)の比較

SIMカード契約時に一緒に新しくスマホも購入したい方も多いと思います。
格安SIM業者でも、SIMフリー端末を端末セットとして販売されています。

 

2018/9月現在での最新機種でのOCNモバイルONEとDMMモバイルの両社で取扱いがある同じ機種での値段で比較をしてみましょう。

 

 

OCNモバイルONE DMMモバイル

AQUOS sense plus SH-M07
一括:29800円
分割:1300円×24ヶ月

AQUOS sense plus SH-M07
一括:40800円
分割:2169円×24ヶ月

ZenFone 5
一括:39800円
分割:1660円×24ヶ月

ZenFone 5
一括:52800円
分割:2806円×24ヶ月

HUAWEI P20 lite
一括:14800円
分割:750円×24ヶ月

HUAWEI P20 lite
一括:31980円
分割:1700円×24ヶ月

 

OCNモバイルONEとDMMモバイルのスマホセット(端末セット)の比較のレビュー

格安SIM業者でもキャリアと同様にスマホの販売もされています。
業者によって端末代はキャンペーンなども含めかなりの差がありますので、スマホセットを検討されている方は各社のスマホの端末代は要チェック項目だと思います。

 

比較しやすいように両社で取扱いのある同一端末での比較を行っていますが、表を見ての通り、かなりの価格差でOCNモバイルONEが安い事がわかると思います。

 

OCNのらくらくセット

OCNモバイルONEの表示価格は「らくらくセット」というセット価格になります。
らくらくセットは音声対応SIMとのセット限定という縛りがありますが、業界最安値レベルの価格設定になっています。

 

 

取扱い端末数

上記の表では両社で取扱いがある3機種のみの比較ですが、両社とも取扱い端末数は表以外にも多数あります。

 

DMMモバイルではOCNの倍以上(2018/9現在)のラインナップで販売されています。
しかし、DMMモバイルでは、取扱い端末の数は多いですが、かなり古い機種も取扱いされているので、購入時はスペック等もしっかりと確認する事をおススメします。

 

らくらくセット以外での購入の場合

OCNモバイルONEのらくらくセットは、音声対応SIMとセットでの購入や初回限定などの条件があり、条件を満たさない場合は通常セットでの購入になります。

 

通常セットの場合、端末代は他の格安SIM業者とあまり変わらないくらいの料金設定になっています。

 

 

OCNモバイルONEとDMMモバイルの通話料金の比較

 

OCNモバイルONEとDMMモバイルの通話料金の比較をしていきます。
通話オプションを利用せず通常の通話に関しては、OCNモバイルONEとDMMモバイルに限らず基本的には国内通話:20円/30秒になってます。

 

格安SIMのサービスが始まったばかりの頃は、通話に関するサービスがほとんどありませんせんでしたが、現在では10分かけ放題のサービスなどが登場して、ほとんどの格安SIM業者で通話オプションを提供されています。

 

 

OCNモバイルONE DMMモバイル

通常発信での国内通話
30秒/20円

通常発信での国内通話
30秒/20円

OCNでんわアプリからの通話
30秒/10円

DMMトークアプリからの通話
30秒/10円

10分かけ放題
月額850円

10分かけ放題
月額850円

トップ3かけ放題
月額840円

かけ放題ダブル
月額1300円

 

OCNモバイルONEとDMMモバイルの通話料金比較の評価レビュー

 

通常発信の通話

 

普段通りの通常発信での通話はOCNモバイルONEとDMMモバイルともに、30秒/20となっています。
これはOCNモバイルONEとDMMモバイルというより、どこの携帯電話会社でも通話オプション無しでの通話だと同じだと思います。

 

各社提供の通話アプリからの発信

 

格安SIM業者はほとんどの場合、通話のサービスでプレフィックス通話という通話料金を安くするサービスを提供しています。

 

プレフィックス通話というのは、電話番号の前にプレフィックス番号を付けて発信する事で、通常とは異なる通話回線を利用して通話料金を安くするサービスです。

 

OCNモバイルONEの場合プレフィックス番号は「0035-44」で、OCN電話アプリを利用すれば、この「0035-44」を自動で追加して相手番号にかけてくれるアプリになっています。

 

電話帳からの発信も当然可能で、自動でプレフィックス番号を追加して発信できる仕組みになっています。
DMMモバイルのDMMでんわも同様の仕組みになっています。

 

通話料金は2社とも、通常発信の約半額の30秒/10になっています。

 

 

かけ放題

 

OCNモバイルONEとDMMモバイルともに10分かけ放題の通話オプションがあり、1回の通話が10分以内なら何度でも通話可能なサービスになっています。
こういった、〇分かけ放題の通話オプションはほとんどの業者で提供されているサービスで、10分で通話が自動で終了するアプリや、10分をアラームで通知してくれるアプリなど、便利なアプリがiphone、andorid共にあるので、アプリストアで探してみてください!

 

料金は10分かけ放題が、OCNモバイルONEは月額850円、DMMモバイルは月額850円と同額で提供されていますね。

 

 

トップ3かけ放題とかけ放題ダブル

OCNモバイルONEでは10分かけ放題の他に「トップ3かけ放題」という通話オプションがあります。

 

トップ3かけ放題はその月に多く通話した3番号の通話料が0円になるサービスです。
このオプションが適用される3人の相手に対しては完全かけ放題と同等になるという、他社には現在の所ない画期的な通話サービスになっています。

 

そして、「かけ放題ダブル」は「トップ3かけ放題」と「10分かけ放題」がセットになった通話オプションになります。
通話時間が多かった3番号は無料になり、その他の通話は10分という超ナイスな通話オプションになっています。

 

IP電話050plus

OCNモバイルONEではNTTの提供するIP電話サービスの050plusが通常月額300円の所を半額の150円で利用可能となっています。

 

2018年7月以前はOCNモバイルONEの音声通話対応SIMを利用の方は無料で利用できたのですが、今は有料提供になっています。

 

無料通話などの通話定額のサービスは無いのですが、通話料はプレフィックス通話のOCN電話やDMMトークなどより少し安くなります。

 

IP電話は、050からはじまる電話番号も付与されるので、1台のスマホで2つの電話番号を持つ事になり、電話番号がもう一つ欲しい人などにもおススメのサービスです。

 

IP電話は、LINEの無料通話などと同様にインターネット回線を利用した通話になるので、電波状況によっては通話が乱れるなど品質的には通常の通話回線を利用した通話より通話品質は悪くはなります。

 

インターネット回線を利用した通話という事で、データ通信を利用するのですがOCNでは050plusのデータ通信はカウントフリーになっているので、データ容量が減る事はありません。

 

 

 

 

 

端末保証サービス比較

 

 

両社とも数多くの追加オプションを提供されていますが、利用者が多いと思われる追加オプションの端末保証のサービスの比較をしてみます。

 

ドコモ/ソフトバンク/auの大手3キャリアと違い、格安SIM業者の場合持ち込みできるショップがほとんど無いので、故障した時などの修理保証は気になる方も多いと思います。

 

 

OCNモバイルONE DMMモバイル

あんしん保障(セット端末)
スマートフォン/月額430円
タブレット/月額410円
ルーター/月額340円

端末交換オプション(セット端末)
月額350円

安心保障(持込端末)
月額500円

つながる端末保証(セット端末&持込端末)
月額500円

 

端末保証サービスの比較のレビュー

 

保証内容
OCNモバイルONE

修理代金は2回目まで無料
端末の交換1回目5000円、2回目8000円
3回目以降は実費になります。
実質年2回までの保証ですね。

 

DMMモバイルの端末交換オプション

コチラのオプションはDMMモバイルで購入した端末が故障した際に定額で端末交換を受けれるサービスになっています。
交換可能回数は年1回まで
交換代金は機種によって違い、3000円、5000円、7000円の3種類になっていて、単純に定価が高いほど負担金は高くなっています。
どの金額の負担になるか公式サイトで機種一覧があるので知りたい方は公式サイト内でご確認ください。

 

DMMモバイルのつながる端末保証

修理代金は上限50000円までで2回目まで無料
端末の交換1回目4000円、2回目8000円
端末交換はiphoneは非対応です。

 

 

修理時は代替機を送ってくれます。
早ければ翌日到着で送って貰えるそうで助かりますね。

 

DMMモバイルはセット端末で購入した端末のみですが、月額が通常の保証オプションより安い端末交換のみの保証を提供されているのが特徴だと思います。

 

通常の修理保証はOCNモバイルONE、DMMモバイル共に保証内容はほぼ同等で、月額も500円となっています

 

 

PR