mineo(マイネオ)とLINEモバイルを分かりやすく比較

月々のスマホ料金を格安SIMで安くしませんか?

mineo(マイネオ)とLINEモバイルを分かりやすく比較

ここでは、mineo(マイネオ)とLINEモバイルのどちらを利用しようか悩んでいる方向けに双方のプランや料金主要なオプションサービスなどの比較をしていきます。

mineo(マイネオ)とLINEモバイルを分かりやすく比較

 

mineo(マイネオ)とLINEモバイルの料金プラン比較

まずは双方提供しているプランの比較をしていきましょう。
比較対象がLINEモバイルという事で、マイネオ側はドコモ回線のDプランを使って比較していきます

 

※()内の金額はデータ専用SIM
LINEフリープラン:LINEアプリの通話・トークのデータ消費ゼロ
コミュニケーションフリープラン:LINE、Twitter、Facebook、Instagramのデータ消費ゼロ
MUSIC+プラン:LINE MUSICと主要のSNSデータ消費ゼロ

mineo(マイネオ) LINEモバイル

500MB/月
1400円
(700円)

LINEフリープラン(1GB/月)
1200円
(500円)

1GB/月
1500円
(800円)

コミュニケーションフリープラン(3GB/月)
1690円
(1110円)

3GB/月
1600円
(900円)

コミュニケーションフリープラン(5GB/月)
2220円
(1640円)

6GB/月
2280円
(1580円)

コミュニケーションフリープラン(7GB/月)
2880円
(2300円)

10GB/月
3220円
(2520円)

コミュニケーションフリープラン(10GB/月)
3220円
(2640円)

20GB/月
4680円
(3980円)

MUSIC+プラン(3GB/月)
2390円
(1810円)

30GB/月
6600円
(5900円)

MUSIC+プラン(5GB/月)
2720円
(2140円)

MUSIC+プラン(7GB/月)
3280円
(2700円)

MUSIC+プラン(10GB/月)
3520円
(2940円)

 

mineo(マイネオ)とLINEモバイル料金プラン比較の評価

月間データ容量の選択幅はmineoは最大で30GBのプランがあるのに対してLINEモバイルでは最大10GBまでのプランまでしか提供されていませんので、単純に月間データ容量の選択肢でいえばmineoの方が選択の幅が広いです。

 

ほとんどスマホを使わないので、とにかく月額を安くしてスマホを維持したい人向けの最安値のプランですが、mineo(マイネオ)は月500MBで月額1400円なのに対して、LINEモバイルはLINEフリープランの月1GBで月額1200円のプランを提供されていますので、両社の最安値プランを比較すると、データ容量、月額共にLINEモバイルの方が安くなっています。

 

最初に書いた通り、単純な月間データ容量で言えば、最大30GBのプランを提供されているmineo(マイネオ)の方が、データ容量を多く使うヘビーユーザーには向いているといえますが、LINEモバイルが提供しているコミュニケーションフリー&MUSIC+プランは、LINE、Twitter、Facebook、Instagramの主要SNSのデータ消費をカウントしないカウントフリーサービスが付いています。
特にInstagramは画像と動画がメインのSNSなので、データ容量の消費が非常に多いので、月々の使用するデータ容量の内カウントフリー対象のSNSのデータ容量がほとんどという方なら、mineoの大容量プランよりも、LINEモバイルのコミュニケーションフリープランの方が、得になる場合もあると思います。

 

また、10GB以内のプランを検討される場合、両社同等のデータ容量のプランの場合、月額はあまり変わらないので、SNSがカウントフリーで使える分、LINEモバイルの方がおススメと言えると思います。

 

LINEモバイルのカウントフリー対象のSNSはあまり使わないヘビーユーザーの方はLINEモバイルは最大10GBのプランまでしかないので、mineo(マイネオ)の方がおススメと思います。

 

 

 

スマホセット(端末セット)の比較

 

SIMカード契約時に一緒に新しくスマホも購入したい方も多いと思います。
格安SIM業者でも、SIMフリー端末を端末セットとして販売されています。

 

2018/8月現在での最新機種でのmineo(マイネオ)とLINEモバイルの両社で取扱いがある同じ機種での値段で比較をしてみましょう。

 

mineo(マイネオ) LINEモバイル

HUAWEI P20 
一括:65400円
分割:2725円×24ヶ月

HUAWEI P20
一括:69800円
分割:3010円×24ヶ月

ZenFone 5
一括:52800円
分割:2200円×24ヶ月

ZenFone 5
一括:52800円
分割:2270円×24ヶ月

HUAWEI P20 lite
一括:29400円
分割:1225円×24ヶ月

HUAWEI P20 lite
一括:31980円
分割:1390円×24ヶ月

 

mineo(マイネオ)とLINEモバイルのスマホセット(端末セット)の比較のレビュー

格安SIM業者でもキャリアと同様にスマホの販売もされています。
業者によって端末代はキャンペーンなども含めかなりの差がありますので、スマホセットを検討されている方は各社のスマホの端末代は要チェック項目だと思います。

 

上記の比較対象端末では、ZenFone5は同額で提供されていますが、その他の機種はmineo(マイネオ)の方が数千円程安く設定されている場合がほとんどですね。

 

上記以外の取り扱い端末をみても、mineo(マイネオ)の方が、若干安い傾向にあります。

 

iphoneも両社取扱いがあり、mineo(マイネオ)ではWEB限定で販売されていて、定番ラインナップではなく、在庫限りで入荷された時のみ販売されています。
2018/8現在では、mineoはiphone6Sの在庫があるようですね。
在庫がある時は、その他の格安SIM業者では取扱いがされていないiphone7も販売していたようです。

 

一方LINEモバイルでは定番のラインナップとして、iphoneSEを取り扱われています、2018/8現在の所、ソフトバンク回線のSIMカードでのみ販売されています。

 

スマホセット(端末セット)での比較は、ほとんどの場合、mineoの方が端末代が少し安い傾向になってるので、スマホの本体はmineoの方が安く買えると言えますね。

 

 

mineo(マイネオ)とLINEモバイルの通話料金の比較

mineo(マイネオ)とLINEモバイルの通話料金の比較をしていきます。
通話オプションを利用せず通常の通話に関しては、mineo(マイネオ)とLINEモバイルに限らず基本的には国内通話:20円/30秒になってます。

 

格安SIMのサービスが始まったばかりの頃は、通話に関するサービスがほとんどありませんせんでしたが、現在では10分かけ放題のサービスなどが登場して、ほとんどの格安SIM業者で通話オプションを提供されています。

 

mineo(マイネオ) LINEモバイル

通常発信での国内通話
30秒/20円

通常発信での国内通話
30秒/20円

mineoでんわアプリからの通話
30秒/10円

いつでも電話アプリからの通話
30秒/10円

10分かけ放題
月額850円

10分かけ放題
月額880円

通話定額30(30分無料通話)
月額840円

通話定額60(60分無料通話)
月額1680円

 

mineo(マイネオ)とLINEモバイルの通話料金比較の評価レビュー

通常発信の通話

普段通りの通常発信での通話はmineo(マイネオ)とLINEモバイルともに、30秒/20円となっています。
これはmineo(マイネオ)とLINEモバイルというより、どこの携帯電話会社でも通話オプション無しでの通話だと同じだと思います。

 

各社提供の通話アプリからの発信

格安SIM業者はほとんどの場合、通話のサービスでプレフィックス通話という通話料金を安くするサービスを提供しています。

 

プレフィックス通話というのは、電話番号の前にプレフィックス番号を付けて発信する事で、通常とは異なる通話回線を利用して通話料金を安くするサービスです。

 

mineoの場合プレフィックス番号は「0063」で、mineo電話アプリを利用すれば、この「0063」を自動で追加して相手番号にかけてくれるアプリになっています。

 

電話帳からの発信も当然可能で、自動でプレフィックス番号を追加して発信できる仕組みになっています。

 

LINEモバイルのいつでも電話も同様の仕組みになっています。
ちなみにいつでも電話のプレフィックス番号は「0035-45」です。
通話料金はmineo(マイネオ)とLINEモバイルともに、通常発信の約半額の30秒/10円になっています。

 

かけ放題

mineo(マイネオ)とLINEモバイルともに10分かけ放題の通話オプションがあり、1回の通話が10分以内なら何度でも通話可能なサービスになっています。
こういった、〇分かけ放題の通話オプションはほとんどの業者で提供されているサービスで、10分で通話が自動で終了するアプリや、10分をアラームで通知してくれるアプリなど、便利なアプリがiphone、andorid共にあるので、アプリストアで探してみてください!

 

料金は10分かけ放題が、mineo(マイネオ)は月額850円、LINEモバイルは月額880円とLINEモバイルの方が30円程高くなってますね。

 

通話プランの多様性については、mineo(マイネオ)では10分かけ放題の他に通話定額のプランもある分選択肢は多いです。

 

通話オプションで比較すると、10分かけ放題の他に定額通話も提供されていますし、月額も若干安いので、mineo(マイネオ)の方がおススメと言えますね。

 

端末保証サービス比較

 

両社とも数多くの追加オプションを提供されていますが、利用者が多いと思われる追加オプションの端末保証のサービスの比較をしてみます。

 

ドコモ/ソフトバンク/auの大手3キャリアと違い、格安SIM業者の場合持ち込みできるショップがほとんど無いので、故障した時などの修理保証は気になる方も多いと思います。

 

mineo(マイネオ) LINEモバイル

端末安心保証サービス
月額370円

端末補償
月額450円

持込み端末安心保証サービス
月額500円

持込端末保証
月額500円

 

端末保証サービスの比較のレビュー

mineoの保証サービスはmineoで購入した端末セットの場合月額370円と若干お得になっていますね。
対してLINEモバイルでは月額450円、持込みの端末保証は両社同額500円になっています。

保証内容
mineo(マイネオ)

修理代金は2回目まで無料
端末の交換1回目5000円、2回目8000円
3回目以降は実費になります。
実質年2回までの保証ですね。

 

LINEモバイル

LINEモバイルで購入した端末の修理・交換
1回目5000円、2回目8000円
こちらも実質年2回までの保証ですね。
年3回目以降の対応は公式では書かれてないので、受付してくれないか、全額実費になると思われます。

 

持込み端末の修理・交換
1回目4000円、2回目8000円(上限5万円まで)
コチラも年3回目以降が書かれてなかったですが、実費になると思われます。

 

修理時は代替機を送ってくれます。
早ければ翌日到着で送って貰えるそうで助かりますね。

 

mineo(マイネオ)とLINEモバイル共に、持ち込み端末も保証対象になりますが、マイネオの場合、マイネオで購入したセット端末の場合、月額が少し安くなります。

 

端末保障オプションでは、セット端末の場合、月額が安くなるので、セット端末を購入されるならmineo(マイネオ)の方がおススメできますね。