AQUOS SERIE mini SHV38でMVNOの格安SIMを使う

月々のスマホ料金を格安SIMで安くしませんか?

AQUOS SERIE mini SHV38でMVNOの格安SIMを使う

au2017年春モデルとして発売されたAQUOS SERIE mini SHV38をMVNOの格安SIMで運用しようと考えていらっしゃる方向けの情報ページです。

AQUOS SERIE mini SHV38でMVNOの格安SIMを使う

 

小型のスマホが欲しい人に人気のSERIE miniシリーズ
前モデルのSHV33から基本性能は大幅にアップしていますが、今回も内部ストレージが16GBと、かなりすくないです。

 

システムだけで、約半分のストレージを使っているので、実質自由に使える内部容量は約半分。
ヘビーユーザーならあっという間に容量オーバーしてしまうと思います。

 

通話、LINE等のSNS、カメラ、ネットで調べもの。
基本的にはこれくらいの事しかしない、ライトユーザー向けの機種になると思います。

 

パソコンなども、最新のパソコンであっても、ほんの数万で買えるライトユーザー向けのパソコンもあれば、数十万するヘビーユーザー向けのパソコンもあるように、スマホも自身の使用方法によって、自分にあったスペックのスマホを選ぶ時代になっているのですが、なかなかそういった事が一般には周知されないので、値段と最新の機種という理由だけで選んでしまい、最新機種なのに使い物にならない!
と不満を漏らすヘビーユーザーも多く、AQUOS SERIE mini SHV38も同様に、レビューサイトでは評価の低い機種になってしまってますね。

 

逆にライトユーザーが利用するなら、スペック的には必要以上くらいの良機種だと思います。

 

記事執筆中の2018/7現在ではまだ発売から1年半なので、この機種で格安SIMを使われる方は多くはないかもしれませんが、分割で購入された方も購入から101日目以降ならSIMロック解除に対応して貰えるので、この機種のスペックで問題なく利用できている方はそのまま格安SIMでの利用もおススメです(^^)

 

 

 

利用できるMVNOの格安SIM事業者一覧

au製AQUOS SERIE mini SHV38をMVNOの格安SIMで利用する場合、auの回線を利用したMVNO業者になります。

※au回線を利用する場合でも、SHV38はSIMロック解除が必要です、SIMロック解除はauショップにて手数料3000円で出来ます。

 

 

 

各業者、AQUOS SERIE mini SHV38は動作確認端末として掲載されているので問題なく運用が可能となっています

 

SIMカードのサイズはnanoSIMとなっています。
SHV38は、au製のスマホですが、au回線の格安SIMを利用する場合でもSIMロック解除が必要となっています。

 

AQUOS SERIE mini SHV38をMVNOの格安SIMで使う際のポイント

ココではAQUOS SERIE mini SHV38でキャリアからMVNOの格安SIMに乗り換える際のメリットやデメリットなどのポイントを簡単に紹介します。

 

SIMロック解除について

2017年の冬モデル以降の端末あたりからauのVoLTE端末でもSIMロック解除は不要になったのですが、それ以前のauから販売されているVoLTE対応端末は、au回線の格安SIMでもSIMロック解除が必要となっています。
AQUOS SERIE mini SHV38は2017年春に販売された機種ですのでSIMロック解除が必要です。
auのVoLTE対応スマホの特徴は機種名にSHV38のようにVが付いたスマホになります。
また、以前は端末の購入者本人でなくてもSIMロック解除に対応して貰えたので、SIMロック解除されていない中古端末などを入手した際でもSIMロック解除可能でしたが、最近では一番初めにauで購入された本人以外はSIMロック解除不可になっていますので、SHV38を中古端末を購入される場合はSIMロック解除の有無の確認するよう注意が必要です。

 

SIMロック解除はauショップ、または購入者本人で、まだauの契約者の方ならMy auへアクセスしてWEBからSIMロック解除手続きが出来ます。
ショップの場合手数料3000円、WEBからの場合手数料無料で行えます。

テザリングについて

端末の仕様によっては、格安SIMではテザリングが出来ない端末もありますが、AQUOS SERIE mini SHV38は格安SIMでもテザリング可能となっています

 

 

おサイフケータイは使えます

格安SIMに乗り換える際に、おサイフケータイは使えるのか心配されてる方も多いようですが、おサイフケータイで利用されるFeliCa(フェリカ)の機能は端末に搭載してある機能なので、各キャリアの契約とは関係ありません。
AQUOS SERIE mini SHV38はFeliCa(フェリカ)対応の機種ですので、MVNOの格安SIMに乗り換え後も通常どおりおサイフケータイの機能は使えます。

 

ただし、ドコモのiDなど各キャリアが独自に提供しているサービスは各キャリアの契約が無いと使えません
その他のおサイフケータイを利用した機能のマクドナルドのかざすクーポン、楽天edy、セブンイレブンのnanaco(ナナコ)、モバイルSuicaなどは通常どおり利用可能です。

auの独自のサービスが使えなくなる

今まで利用していた「ezweb .ne.jp」や「au.com」などのキャリアメールが使えなくなります
格安SIMでもメールアドレス付きの業者もありますが、その他はgmail等のフリーメールを利用する事になります。

 

その他にもキャリア決済対応サイトで利用した料金が通話料と一緒に請求される便利なサービス、auかんたん決済なども使えなくなります。
※UQモバイルを利用される場合は、auかんたん決済の利用が可能になりました。

 

 

>>格安SIM業者一覧はコチラ

 

AQUOS SERIE mini SHV38のスペック

AQUOS SERIE mini SHV38を格安SIMで使う前にスペックの再確認などの参考にどうぞ

約2,100万画素メインカメラ

約2,100万画素の高精細メインカメラにより、コンパクトなサイズでも、細部まで高精細に描写できます。

光学式手ブレ補正 & 高画質ズーム

レンズを動かす新開発の光学式手ブレ補正を採用。手ブレを抑えたクリアな写真や動画が撮れます。また、高精細センサーと超解像技術により、ズームしても質感が感じられるほど、細部まできめ細やかな画質で再現します。

フルHD IGZO液晶ディスプレイ

約4.7インチフルHDのIGZO液晶ディスプレイを搭載。
高精細で自然な色合いの美しい描画と低消費電力化を実現しました。

人工知能エモパー

シーンに応じて、タイミングよく役立つ情報を話しかけてくれるエモパー。
朝、知りたい天気予報や、いま急上昇しているワードなど、豊富な話題の中から、あなたの生活にあわせてお話ししてくれます。

防水・防塵対応

お風呂でも使える防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)性能。
水濡れに強いIGZO&タッチパネルだから、画面に水滴がついていても快適に操作できます。

ツイストマジック

本体を持ったまま手首をひねるだけで、ひとつ前のアプリに戻ります。
面倒なアプリの切り替えが楽にできます。

アルバムの画像非表示

アルバム内で人に見られたくない写真を選択して、非表示にすることができます。
アルバムのメニューから、かんたんに表示・非表示モードを切り替えることができます。

サイズ 135(H)×67(W)×8.6(D)
OS Android7.0→8.0
CPU Qualcomm Snapdragon 617 MSM8952(1.5GHz+1.2GHz オクタコア)
メモリ RAM:3GB/ROM16GB (microSD/microSDHC/microSDXC最大200GB)
ディスプレイ 4.7インチ フルHD(1,920×1,080ドット)TFT IGZOディプレイ
カメラ 2,100万画素(インカメラ800万画素)
バッテリー 2,400mAh
SIMカードサイズ nanoSIM

 

オススメ格安SIM業者一覧はコチラから