上部へ戻る

 

iphone4、iphone4Sを格安SIMで使う

お家で眠っているiphone4やiphone4S
特に4Sは眠らせとくには勿体無いと個人的には思います。

 

私の周りにも機種変して家で眠っているって人が結構いました。
ちょうど娘が、スマホが欲しいとうるさいので、友達にいらないなら貰えないかと声をかけたらあっさり貰えました(^^)

 

iphone4S+MVNOの格安SIMは子供のスマホデビューにはもって来いだと思います!

 

理由は違えどiphone4、4SをMVNOの格安SIMで運用できないかと思ってるかた多いんじゃないでしょうか?

 

 

通常、iphone4/4SにはSIMロックというものがかかっています。
(SIMロックに付いてはコチラから)
これを、通称下駄とよばれる物を使う事によってSIMロックの解除ができます
正確にはSIMロックを解除するわけではなく、docomoのSIMを下駄を履かせる事でソフトバンクのSIMだと偽装する感じみたいですが。
この辺は詳しくないので、詳しくは書けませんが。

 

とにかく、使えるようになるよーって事で・・・

 

問題の通称下駄ですが、購入方法は、amazonや楽天市場で販売されています
売り切れなどでリンク切れになる可能性もあるので、リンクはしませんので、気になる方はamazonか楽天で検索してみてください
iphone4S 下駄 などのキーワードで出てきますので。

 

使い方は簡単で、使用するSIMカードを下駄にセットしてからトレイに挿入するだけです。

 

いくつかの気をつけるポイントがあるので書きます

docomo系のMVNO格安SIMでしか使えない

ドコモの電波網を借りてるMVNO業者の格安SIMはLTEと3G回線両方のエリアに対応しています。
auの電波網を借りてるmineoやUQモバイルはLTE回線のみの対応になっています
iphone4/4SはLTEに対応してません、したがって3G回線が使えるドコモ系のMVNOしか使えません。

 

対応OSと偽物に気をつける

下駄はKingmobileやGPPというメーカーの物の主流ですが偽物が流通しているそうです。
amazonや楽天は、ショッピングモールのように、多くのショップが出品しています。
中にはそういう物を扱う不正な業者もあるみたいなので、ただ、安い品を探すだけじゃなくて買う前にレビューをしかっり読みましょう。
もう一つは下駄によって、対応するOSのバージョンが違います。
最新版のGPPだとiOS8以降でも対応されてますが、自分のiphoneのOSバージョンを確認して、対応した下駄を購入しましょう。
こちらも、レビューをしっかりみる事をおススメいたします。

 

 

以上に注意して下駄を購入したら格安SIMの申し込みは是非当サイトから(笑)

APN設定

下駄を履かせてMVNO業者のSIMカードをさしてDOCOMOの電波を無事拾えたら、あとはAPN設定です

 

電波を拾えてもこのAPN設定てのをしないとデータ通信が行えません。
例えば、OCNモバイルONEでSIMを購入した場合、電波はDOCOMOの電波を使うわけですが、ネットの接続はOCNが行います。
そこで、OCNに繋いで貰うためにアクセスポイントの設定を行わないいけないんですね。
APN(アクセスポイントネーム)の設定です。
OCNのアクセスポイントを設定してOCNに繋いでくださーいって感じです。

 

auのiphone4/4Sをお使いの方は、iphoneの設定画面でAPN設定が出来ます
契約したMVNO業者の指示通りにAPN設定を行えばOK

 

続いてソフトバンクのiphone4/4Sですが、設定画面からのAPN設定ができないようにされてます。
APN設定には幾つかの方法があります
1.各MVNO業者から配布されてるのでAPN構成プロファイルを配布サイトからダウンロードしてインストール
2.パソコンを使ってiphone構成ユーティリティというアプリをアップルの公式サイトからダウンロードしてAPN構成プロファイルを自作する
(現在windows用がなくなりMAC用のみ)
3.http://www.unlockit.co.nz/にiphoneからアクセスしてAPN構成プロファイルを作成する
アクセスしたら画面下部の「APNを作成」を選択します、

 

1.3でやる場合、パソコン不要でiphoneのみでできますが配布サイトに一度アクセスしないといけないので、wifiでの接続が必要になります。
自宅にwifi環境がない場合、コンビニ等の無料wifiなどを使いましょう。

 

各MVNO業者の公式サイトでiphone用のAPN構成プロファイルは配布されていますが
OCNモバイルONEにつきましては、iphone4S用の構成プロファイルがありません。
iOS7.1以降のバージョンの場合、LTE端末用APN :lte-d.ocn.ne.jpを使えば3G接続もできるので大丈夫なようです
それ以前のバージョンの場合iphone4用のAPN構成プロファイルで大丈夫です。