HUAWEI nova lite 3を格安SIMで利用したい人はコチラ

端末セット



ここでは2019年2月に発売された、HUAWEI nova lite3を格安SIMで利用したいと思われている方向けの情報を配信していきたいと思います。

HUAWEI nova lite 3を格安SIM

出典:https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one/set.html

 

HUAWEI nova lite 3取扱い販売している格安SIM業者一覧

 

HUAWEI nova lite 3をセット端末で取扱いされている格安SIM業者を紹介していきます。
発売初期の出荷時のバージョンではauVoLTEに対応しておらず、auの通話回線が利用できません。

 

公式発表で、バージョンアップ後にauVoLTEに対応予定との記載があるので、バージョンアップ後はau回線もセット販売される予定です。
発売日の17:00にすでにアップデートを提供開始されてました。

 

出荷時にauVoLTEに対応できない理由が何かあるのかしりませんが、最近発売されるHUAWEIのスマホはいつもこの仕様ですね。

 

OCNモバイルONEの格安SIM

 

HUAWEInovalite3

■新生活応援プライス■

スマホセット 端末価格

8,800円(税抜)

※対象オプション同時加入でさらに最大5,000円OFF!

かけ放題オプション加入の場合

6,800円(税抜)

かけ放題+あんしんモバイルパック加入の場合

3,800円(税抜)

■実施期間■

3月18日(月)11時まで

発売直後の新製品のHUAWEI nova lite 3がこの価格で購入できるチャンスはそう無いと思います。

 

新規申込時の初回のみの価格ですが、OCNモバイルONEのセット端末は通常でもかなり安く販売されています。
そこから更にセールでこの価格はヤバいですね(;^ω^)

 

2月18日までとちょっと期間は短いですが、今がチャンスです。
3月18日まで期間延長!

 

分割はクレジットカードの支払い回数で対応

 

詳細は公式サイトにて

OCNモバイルONEで販売されているHUAWEI nova lite 3の価格はコチラ

 

価格

期間限定価格

一括:8,800円

通常価格

14,800円

分割:無し

IIJmioの格安SIM

IIJmioでは一括と分割の両方の支払い対応、利用できる回線はドコモ回線のタイプDとなっています。

 

詳細は公式サイトにて

IIJmioでセット販売されているHUAWEI nova lite 3の価格はこちら
価格

一括:22,800円

分割:980円/月×24カ月

 

楽天モバイルの格安SIM

 

楽天モバイルでは一括と分割の両方の支払いに対応、利用できる回線はドコモ回線になっています。

 

発売記念キャンペーン開催中
新規申込で音声SIMとのセット購入が対象

詳細は公式サイトにて

楽天モバイルでセット販売されているHUAWEI nova lite 3の価格はコチラ

 

価格

発売記念キャンペーン価格

一括:9,980

通常価格

一括:26,880

発売記念キャンペーン価格

分割:449円/月×24カ月

通常価格

分割:1,209円/月×24ヶ月

 

 

DMMモバイルの格安SIM

DMMモバイルでは一括払い、分割払いの両方に対応しています。
DMMモバイルでは2019/1現在でドコモ回線のみの取り扱いですので、利用できる回線はドコモ回線となっています。

 

詳細は公式サイトにて

DMMモバイルで販売されているHUAWEI nova lite 3の価格はコチラ
価格

一括:26,880円

分割:1,429円/月×24カ月

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イオンモバイルの格安SIM

 

 

イオンモバイルでは一括払い、分割払いの両方に対応しています。
利用出来る回線はドコモ回線とau回線なっており、ドコモ回線au回線共にSIMカードとのセット販売になっています

 

au回線を利用する場合、要アップデート
au回線を利用する場合、通話回線を利用する為に購入後端末のアップデートが必要になります、

 

詳細は公式サイトにて

イオンモバイルで販売されているHUAWEI nova lite 3の価格はコチラ
価格

一括:26,800円

分割:1,206円/月×24カ月

 

エキサイトモバイルの格安SIM

 

エキサイトモバイルでは一括払い、分割の両方の支払い方法に対応、エキサイトモバイルでは2018/10現在ではドコモ回線の取り扱いのみですので、利用できる回線はドコモ回線となっています。

 

詳細は公式サイトにて

エキサイトモバイルで販売されているHUAWEI nova lite 3の価格はコチラ
価格

一括:23,400円

分割:975円/月×24カ月

 

LINEモバイルの格安SIM

 

LINEモバイルでは一括払い、分割払いの両方の支払いに対応、利用できる回線はドコモ回線とソフトバンク回線となっています。

 

現状では唯一のソフトバンク回線でもセット販売されている格安SIM業者ですね。

 

詳細は公式サイトにて

LINEモバイルで販売されているHUAWEI nova lite 3の価格はコチラ
価格

一括:26,880円

分割:1,220円/月×24カ月

 

 

 

HUAWEI nova 3のスペック(性能)

 

こちらの項目ではHUAWEI nova 3の特徴やスペック(性能)などを紹介していきます。

 

HUAWEI nova 3の機能紹介

しずく型ノッチ搭載の高精細フルビューディスプレイ

丸みを帯びたなめらかな3D湾曲デザイン。ノッチを極限まで押さえた約6.21インチ高精細フルビューディスプレイ。

 

ダブルレンズAIカメラ

新しいAI認識は22のカテゴリ―と、500のシナリオをリアルタイムで識別し最適化。
1300万画素 + 200万画素のダブルレンズカメラは、色彩豊かで立体感のある写真や、味わいあるボケ感を演出。

 

自撮りもAIでキレイに

AI搭載のインカメラは、セルフィー撮影時、8種類の背景を感知して、リアルタイムで写真を最適化。
自撮りも簡単でキレイに。

 

CPUにはKirin 710を搭載

先進のオクタコアCPU HUAWEI Kirin 710は、 12nmプロセス技術が効率的に省電力を実現しつつ、パフォーマンスを向上させます。
また、GPU Turboの搭載によりグラフィック処理能力が 向上したことで、高負荷なスマートフォンゲームもより快適

 

大容量バッテリー搭載

3400 mAhの大容量バッテリーの搭載により、スマートフォンゲームや動画等も快適に。
充電速度も前モデルのnova lite 2よりも22%アップ

 

 

HUAWEI nova lite3のスペック

サイズ 73.4(W)×155.2(H)×7.95(D)
カラー

オーロラブルー
コーラルレッド
■ミッドナイトブラック

OS Android 9/ EMUI 9.0.1
CPU HUAWEI Kirin 710 オクタコア (4 x 2.2 GHz A73 + 4 x 1.7 GHz A53)
メモリ RAM:3GB / ROM:32GB(microSD:最大512 GB) 
ディスプレイ 約6.21インチ フルHD+(2,340×1,080ドット)TFT液晶
カメラ

アウトカメラ(ダブルレンズ):1,300万画素+200万画素
インカメラ:200万画素

バッテリー 3400 mAh
通信方式(対応バンド)

FDD LTE: B1 / 2 / 3 / 8 / 12 / 17 / 18 / 19
TDD LTE: B41
CA(キャリアアグリゲーション)対応
WCDMA: B1 / 2 / 5 / 6 / 8 / 19
GSM: 850 / 900 / 1800 / 1900 MHz
(ソフトウェア更新でauVoLTEに対応)

SIMカードサイズ

nanoSIM×2
デュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)対応

付属品 ACアダプタ、USBケーブル、保護ケース、イヤホンマイク、クイックスタートガイド

 

 

HUAWEI nova lite 3のピックアップ情報(その他)

 

コチラではHUAWEI nova lite 3の気になる情報を項目に分けて紹介していきます。

 

nova lite 3 おサイフケータイ対応状況

HUAWEIはキャリア版でもおサイフケータイ非対応の機種などあるので期待はしてなかったですがやはり、残念ながらおサイフケータイには非対応のようです。

 

NFCも非対応なので、ICカード読み取りなども不可になっています。
ICカードの残高読み取りとか意外と便利なんですけどね(;^_^A

 

 

HUAWEI nova lite 3の格安simでの利用状況

記事執筆中の2019/2/5現在では、格安SIM業者でのセット販売の取り扱いのみのようで、HUAWEI公式のオンラインストアでも販売されていない状況ですね。

 

各社のセット販売状況を見る限りでは、ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線全てのキャリア回線で利用可能のようです。

 

ちなみにソフトバンク回線でのセット販売は現在LINEモバイルのみ

 

au回線での利用に関しては、出荷時の状態ではauVoLTEに非対応なので利用不可ですが、すでにソフトウェアの更新が配信されており、ソフトウェアの更新でauVoLTEの利用が可能になります。

 

 

 

HUAWEI nova lite 3を最安値で販売している所

まず参考までに、HUAWEIのプレスリリースによると、『HUAWEInovalite3』を市場想定売価26,880円(税抜)にて2月1(金)より発売します。
との事ですので、それが定価という事になると思います。

 

 

そして、気になる最安値の販売店ですが、サイト上部の取り扱い業者一覧を見て頂けるとわかると思いますが、novalite3を最安値で販売している格安SIM業者はOCNモバイルONEです。

2/18までは新生活応援価格

8,800円

ダントツの最安値ですね。

 

しかも、かけ放題オプション同時加入などでここから、さらに最大5000円OFF

 

OCNモバイルONEの音声対応SIMとのセット販売、初回申込時のみという条件はあります。
これらの条件を満たす方ならOCNモバイルONEでの購入は一番安くなるはずです。

 

 

HUAWEI nova lite 3の口コミやレビュー

口コミやレビューの定番といえば価格.comだと思うので見てきました。

 

この記事を書いているのが2019/2/5で、発売から一週間もたってないので、レビューは少なかったですね。
満足度が☆5という最高値でしたが、レビュー件数が少なすぎるのでそこまで参考にはならないですね

 

活発に情報がやりとりされてる真っ最中ですので、これからどんどん詳細な情報がでてくると思います。
参考にした価格.comのHUAWI nova lite3のページはコチラ
https://bbs.kakaku.com/bbs/J0000029552/

 

DSDV対応

 

ハイスペックモデルでは以前から対応した機種は出ていましたが、今回は廉価版の格安スマホであるnovalite3でデュアルSIM対応機の最新機能であるDSDVに対応しています。

 

DSDVはデュアルSIMデュアルVoLTEの略で、今までは不可だったVoLTEのデュアルスタンバイに対応しています。

 

一部の格安SIM業者を除いて、au回線の格安SIMは3G回線に対応していないので、2枚目のSIMカードでは待ち受けが不可でしたが、DSDVに対応する事で同時待ち受けが可能になりますね!

 

 

HUAWEI nova lite 3のスマホケースやアクセサリー

SIMフリースマホのケース類はリアルショップの販売店では取扱いが非常に少なく、ネットでの購入がメインになります。

 

HUAWEIのスマホに関しては、SIMフリースマホの国内販売でトップシェアなので、他のメーカーよりは置いてある確率は高いですが、選べる程種類は置いてないのが現状だと思います。

 

 

amazonで探す場合はコチラ
HUAWEI nova lite 3のケース一覧

 

楽天で探す場合はコチラ
HUAWEI nova lite 3のケース一覧

 

 

 

PR