上部へ戻る

 

DIGNO M KYL22をマイネオで使う

コチラではauから発売されているDIGNO M KYL22をmineo(マイネオ)の格安SIMを使って運用しようとお考えの方向けの情報を配信しています。

 

DIGNO M KYL22をマイネオで使う

mineo(マイネオ)では現在au回線を使った格安SIMのAプランとドコモ回線を使った格安SIMのDプランの2つのプランを展開しています。

 

DIGNO M KYL22はauから発売された機種なので、mineo(マイネオ)の格安SIMを利用する場合au回線を使ったAプランでの利用なら端末のSIMロック解除無しでmineo(マイネオ)の格安SIMはそのまま利用可能となっています。

 

また、KYL22はマイネオでもセット販売端末として販売されています、本体自体の性能などはau製のDIGNO M KYL22と全く同じで、背面にmineoのロゴが入ったマイネオ専用機として京セラと提携して販売されています。

 

セット販売で購入した場合、APN設定などの初期設定は設定済みの状態なので初心者の方にも安心です。
さらに、マイネオで販売されている機種になるので、端末保障なども付いているので心強いです。

 

OSはandroid4.2.2と少し古く感じますが、CPUにはクアッドコア搭載でバッテー容量も多く急速充電にも対応で、カメラ性能も1300万画素と高くスペック的にみてもまだまだメインで使える機種ですので、格安SIMの運用には最適の機種の一つです。

 

mineo(マイネオ)ホームページ内でもDIGNO M KYL22は動作確認端末一覧に掲載されいる機種です
下記の公式から抜粋した画像を参考ください。

 

動作確認済み端末kyl22
データ通信、通常の携帯番号による通話、テザリングなどの基本的な機能は全て対応しています。

 

>>mineo公式サイトはコチラから

 

mineo(マイネオ)に乗り換えの際のポイント

ココではDIGNO M KYL22でauなどのキャリアからMVNOの格安SIMに乗り換える際のメリットやデメリットなどのポイントを簡単に紹介します。

テザリングは可能

ドコモ製のスマホでドコモ回線の格安SIMを使う場合、ドコモのスマホの仕様でテザリングが出来ないのですが、au製のスマホでau回線の格安SIMを使う場合は通常通りテザリングが利用できるのは大きなメリットですね。

LTEのみで3G回線は非対応

一つ注意するポイントはau回線のMVNOでは3G回線を使ったデータ通信には対応していません。

 

mineo(マイネオ)でも同様に、データ通信はLTE回線のみになっています。
しかし、現在ではLTEが主流で、LTE回線の人口カバー率は99%超です

 

通常だと、LTEの電波が入らない場所だと3Gに切り替わるのですが、LTEのサービス開始時ならともかく、現在では特殊な状況下でもない限りほとんどの地域でLTE回線の電波は届いてるはずです。

 

ほぼ無いとは思いますが、現在auをお使いの方で、うちの辺りはLTE入らないんです!
という方は、mineo(マイネオ)に乗り換える際は気をつけましょう。

 

通話回線は3G回線ですが、通話に関しては3Gで通信されますのでご安心ください。
LTEのみ対応はデータ通信時のみです。

おサイフケータイは使えます

mineo(マイネオ)の格安SIMに乗り換える際に、おサイフケータイは使えるのか心配されてる方も多いようですが、おサイフケータイで利用されるFeliCa(フェリカ)の機能は端末に搭載してある機能なので、auの契約とは関係ありません。
DIGNO M KYL22はFeliCa(フェリカ)対応の機種ですので、mineo(マイネオ)に乗り換え後も通常どおりおサイフケータイの機能は使えます。

 

au WALLETなどauが提供しているサービスはauユーザーでないと使えませんが、その他のおサイフケータイを利用した機能のマクドナルドのかざすクーポン、楽天edy、セブンイレブンのnanaco(ナナコ)、モバイルSuicaなどは通常どおり利用可能です。

au独自のサービスが使えなくなる

@ezweb.ne.jpのauで使ってたキャリアメールが使えなくなります
マイネオでは@mineo.jpのメールアドレスが貰えます。

 

その他にもキャリア決済対応サイトで利用した料金が通話料と一緒に請求される便利なサービス、auのキャリア決済であるauかんたん決済なども使えなくなります。

 

>>mineo公式サイトはコチラから

 

DIGNO M KYL22のスペック

DIGNO M KYL22をmineo(マイネオ)で使う前にスペックの再確認などの参考にどうぞ
au2013冬モデルとして2013年11月23日に販売

極薄約3mmのミニマムエッジ

手に持ったときにふれるサイドの厚みを極薄にすることで、大画面でもコンパクトに収まる持ち心地を実現

約5インチ大画面で超軽量

大画面なのに軽くて持ちやすい、超軽量約134gを実現。

トントON

本体を机などに置いたままでも、ディスプレイを2回タッチすると画面が点灯。時計などの確認がスムーズです。
2回目のタッチは画面にふれたままにしてください。

スライドスクリーン

画面上部を指が届くエリアまで引き下げられるので、片手がふさがっている時や手の小さい女性でも簡単に片手で操作することができます。

急速充電

30分で約50%の急速充電が可能で朝や外出前などの短時間でもしっかり充電できるので安心です。
同梱されている専用卓上ホルダが必要

インテリジェントWi-Fi

歩行中や、電車/自転車での移動中であることを自動的に感知し、静止時のみWi-FiRに自動接続。
意図しないWi-Fi接続がなくなり、快適に通信できます

スローモーションムービー撮影

毎秒120フレームで撮った動画を4分の1のスピードで再生できます。ペットやスポーツなどの決定的瞬間をスローモーション映像で楽しめます。

DiXiM Player

DLNA対応ブルーレイレコーダー等に無線LAN(Wi-Fi)経由で接続し、録画されたデジタル放送番組をハイビジョン(HD)画質で再生することが可能です。
例えばレコーダーが接続されたテレビが占有されていても、自分の部屋で楽しめます。
ブルーレイレコーダーは、パナソニック、シャープ、ソニー、東芝といった主要メーカーに対応。
また、放送中の番組を転送して視聴したり、録画番組を「DIGNOR M」にコピーして通勤時間などに視聴することもできます。

 

さらに、DTCP+にも対応。外出先から自宅にあるDLPA NAS Level.3 リモートアクセス対応NASにリモートアクセスして録画番組を視聴できます。

サイズ 138(H)×69(W)×9.9(D)
OS Android4.2.2
CPU Qualcomm Snapdragon 800 MSM8974(2.2GHz(クアッドコア)
メモリ RAM:2GB/ROM32GB/microSD(最大64GB)
ディスプレイ 5インチ フルHD(1920×1080ドット)TFT液晶
カメラ 1300万画素(インカメラ 120万画素)
バッテリー 2,600 mAh
SIMカードサイズ nanoSIM

 

マイネオ