月々のスマホ料金を格安SIMで安くしませんか?

OCNモバイルONEでGALAXYを使う方法

更新日:2019/03/31

 

 

ここでは、現在利用中ののGalaxyや中古端末で購入したGalaxyをOCNモバイルONEの格安SIMで利用を考えている方向けに、OCNモバイルONEでGalaxyを利用する為の情報を紹介していきます。

OCNモバイルONEでGALAXYを使う方法

OCNモバイルONE/OCN光

 

OCNモバイルONEの格安SIMで利用できるGalaxyシリーズ一覧

まずは使えないと意味がないのでOCNモバイルONE利用可能なGalaxyシリーズを紹介していきます。

 

ドコモのGalaxy

OCNモバイルONEはドコモグループの企業という事もあり、ドコモ回線の格安SIMしか提供していませんので、SIMロック解除無しで利用できるドコモから販売されているGalaxyを利用が一番相性が良くおススメです。

 

機種名 テザリング SIMカード
Galaxy Feel2 SC-02L nanoSIM
Galaxy Note9 SC-01L nanoSIM
Galaxy S9 SC-02K nanoSIM
Galaxy S9+ SC-03K nanoSIM
Galaxy Note8 SC-01K nanoSIM
Galaxy Feel SC-04J nanoSIM
Galaxy S8 SC-02J nanoSIM
Galaxy S8+ SC-03J nanoSIM
Galaxy S7 edge SC-02H nanoSIM
Galaxy Active neo SC-01H × nanoSIM
Galaxy S6 SC-05G


Android7.0へアップデートで可能

nanoSIM
Galaxy S6 edge SC-04G


Android7.0へアップデートで可能

nanoSIM
Galaxy Note Edge SC-01G × microSIM
Galaxy S5 ACTIVE SC-02G

×
OCNの動作確認端末一覧では〇になってますが、恐らく誤表記です

microSIM
Galaxy S5 SC-04F × microSIM
Galaxy J SC-02F × microSIM
Galaxy Note 3 SC-01F × microSIM
Galaxy S4 SC-04E × microSIM
Galaxy Note II SC-02E × microSIM
Galaxy S III α SC-03E × microSIM
GalaxyS III SC-06D × microSIM
Galaxy Note SC-05D × microSIM
Galaxy NEXUS SC-04D × 標準SIM
Galaxy S II LTE SC-03D × 標準SIM

これ以上古い機種はLTE非対応で実用的ではないので・・・
OCNモバイルONEでは3G回線も対応しているので古い機種も利用する事も可能ではあります。

 

 

auやソフトバンクのGalaxy(ギャラクシー)の利用について

auやソフトバンクで販売されているGalaxy(ギャラクシー)もSIMロック解除された端末であればOCNモバイルONEでの利用も可能な端末は多くあります。

 

しかし、対応バンド(電波の種類)など各キャリアに最適化されている場合が多いので、対応していないバンドなどもあり本来の性能を損なう可能性もあるので、auのGalaxy(ギャラクシー)はau回線の格安SIM、ソフトバンクのGalaxy(ギャラクシー)はソフトバンク回線の格安SIMで利用されるのをおススメ致します。

 

ちなみに

 

昨今SIMロック解除の義務化や、各キャリアのSIMロック解除条件の緩和などで、中古端末がどこのキャリアでも利用できる環境が整いつつあるので、今後発売されるGalaxy(ギャラクシー)は国内のキャリア全てでの利用を想定した仕様になっていくとは思われます。

 

 

au回線のMVNO業者

auのGalaxy(ギャラクシー)を利用される場合SIMロック解除してOCNモバイルONEで利用するより以下のau回線の格安SIMでの利用をおススメします

 

ソフトバンク回線のMVNO業者

ソフトバンクのXperia(エクスペリア)を利用される場合、SIMロック解除してOCNモバイルONEで利用するより以下のソフトバンク回線の格安SIMでの利用をおススメします。

 

OCNモバイルONE公式内のGalaxy(ギャラクシー)動作確認端末について

動作確認端末一覧というのは自社で実際にその機種で動作するか確認した端末を掲載されています。

 

逆に言えば掲載されていない機種は動作確認を自社で出来ていない機種という事になります。
残念ながらドコモから販売されている機種全ての動作確認をしている業者はほぼなく、動作確認端末一覧に掲載されていない機種もよく見受けられます。

 

実際、当サイトの問い合わせから「動作確認端末一覧に掲載されていなかったんですが利用できるんでしょうか?」
という相談は何度か受けた事があります。

 

ちなみに、相談された方は結果全て利用可能でした。

 

基本的にはドコモから販売されている機種とOCNモバイルONEのようなドコモ回線の格安SIMの組み合わせは動作確認端末一覧に記載されていない機種でも利用可能と思って大丈夫です。

 

掲載されていない機種は実際に実機にて動作確認をしていない機種というだけで、利用不可の機種では無いという事です。

 

しかし、2019/3月現在で、先ほど公式サイト内の動作確認端末一覧でGalaxyシリーズを検索してみましたが、さすがにGalaxyは人気機種なだけあってほとんどの機種で動作確認されていましたね。
強いて言えばGalaxy S9 SC-02Kが掲載されていなかったですが・・・

 

新しい機種なので、そのうち動作確認されて一覧に掲載されるとは思いますが。

 

OCNモバイルONEの格安SIMでGalaxy(ギャラクシー)の利用までの具体的な流れ

ここまでの項目で、ご自身のGalaxy(ギャラクシー)がOCNモバイルONEの格安SIMで利用できる事の確認ができたらここからは実際に利用するまでの具体的な流れを紹介していきます。

 

OCNモバイルONEの契約

まずはOCNモバイルONEと契約しないと話が始まらないので、まずはOCNモバイルONEへ申込を行います。

 

相当お急ぎでない限り、公式サイトから直接申込は行わずコチラのOCNモバイルONEの販売ページからSIMパッケージを購入してから申込を行う方が非常にお得です。

 

 

一旦SIMパッケージが自宅に届いてから申込する流れになるので、直接申込むより手間がかかりますが、初期費用の3000円が数百円で済む上にamazonギフト券が申込プランに応じて最大10,000円分貰えますますので利用しない手はないです。

 

SIMパッケージが自宅に届いたら同封されているエントリーコードを利用して申込になります。

 

申込自体は案内にそって必要事項を記入していくだけなので10分もあればお申し込みは完了します。

 

参考リンク:申込に必要な物から申込の具体的な流れ
MVNO業者の格安SIMの契約方法、申込の流れ

MNPされた方は開通手続き

お申し込み後、自宅にSIMカードが届いたら、届いたSIMカードで通信ができるように開通手続きを行います。

 

MNPではなく新規の場合

新規で電話番号を取得しての音声対応SIMを申込された場合は開通手続きは必要ありません。
届いた時点で利用可能となっています。

 

次のSIMカードの差し替えの項目まで読み飛ばしてください。

 

MNPされた場合

MNPされた場合、自宅にSIMカードが届いて、この開通手続きを行うまで、現在お使いのキャリアのSIMカードはまだ利用可能となっています。

 

SIMカードに同梱されている開通手続きの案内を読みながら手順通りに進めるだけでWEBから簡単に開通手続き可能となっているので不安な方もご安心ください(*^▽^*)
コチラの開通申込ページから申込になります。
https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one/mypage/mnp.html

 

MNP開通のお申込が完了し、しばらくしたらお手元のスマホは圏外になると思います。
現在利用しているキャリアのSIMカードから届いたOCNモバイルONEのSIMカードへ切り替わった事を示しています。

 

SIMカードの差し替え

開通が完了したOCNモバイルONEのSIMカードをお手元のGalaxy(ギャラクシー)へ挿入します。

 

Galaxy(ギャラクシー)のSIMカードが入っている場所はGalaxyS5 SC-04Fより古い機種は背面のカバーを外した所にある電池パック付近にあり、GalaxyS6以降の機種からはiphoneと同様に端末の側面にSIMスロットがあり、SIMスロットを取り出すピンを差し込んで取り外すようになっています。

 

ピンを使って取り外すタイプと、背面のカバーを取り外すタイプの機種の2種類の画像を取り扱い説明書の画像から抜粋してみましたので参考にしてください。

 

Galaxy Feel2 SC-02LのSIMカードの場所

Galaxy Feel2 SC-02LのSIMカードの場所

出典:Galaxy Feel2 SC-02L取扱い説明書より

GALAXY S5 SC-04FのSIMカードの場所

GALAXY S5 SC-04FのSIMカードの場所

出典:Galaxy S5 SC-04F取扱い説明書より

 

SIMカード交換時の注意点とSIMピンが無い場合の対処方
SIMスロットを取り出すピンが無い場合

ピンを無くされる方は非常に多いと思いますが、クリップや安全ピンなどで代用可能となっています。
ドコモの公式やSamsungのGalaxy公式サイトでも無くされた場合はクリップでの代用を記載されているので、クリップでの代用に関しては特に問題はないと思われます。

 

楽天市場などで販売もされています。

 

電源は必ず切ってから行う

電源を入れたままSIMカードの交換を行っても問題なく交換できる場合もありますが、最悪SIMカードが壊れる可能性もありますので、必ず電源を切ってから交換しましょう。

 

壊れるのは稀なケースのようですが、壊れたら元も子もないので(;^_^A

 

Galaxy(ギャラクシー)のAPN設定を行う

開通完了のOCNモバイルONEのSIMカードに差し替えて電源を入れた時点で電波は拾えるのでアンテナ表示がされ、通話だけならそのまま使える状態になります。

 

しかし、ネットへ繋げる為のAPN設定というスマホでインターネットにつなぐための設定を行わないとデータ通信ができないので、ネットへ繋ぐことができません。

 

開通済みのOCNモバイルONEのSIMカードをXperiaへセットしたらAPN設定を行いましょう!

 

SIMカードに同梱されている手順書にAPN設定の方法も書いてあるので手順書通りに行えば5分もかからず完了します

 

APN設定の画面はOSのバージョンによって若干違いがありますが、ほぼ同じ感じで設定画面へ行けます。
OCNモバイルONEから届いたSIMカードと一緒に入っている手順書みながらやれば簡単にできるようになってますが、一応紹介しておきます。

Android 5.xのAPN設定画面の開き方

設定

その他のネットワーク

モバイルネットワーク

APN

 

という順番でスマホの設定から開いて行くとAPN設定画面へ行けます。

 

Android 6.x~7.xのAPN設定画面の開き方

設定

その他

モバイルネットワーク

アクセスポイント名

 

という順番でスマホの設定から開いて行くとAPN設定画面へ行けます。

Android 8.xのAPN設定画面の開き方

設定

ネットワークとインターネット

モバイルネットワーク

アクセスポイント名

 

という順番でスマホの設定から開いて行くとAPN設定画面へ行けます。

 

APN設定の入力

最近の機種の場合、あらかじめAPN設定画面の一覧にすでにOCNモバイルONEのAPNが入力済みの機種もあります。

 

APN設定画面を開いた時にAPN一覧にOCNモバイルONEが表示されている場合そのままそれを選択すれば完了です。

 

一覧に表示されていない場合、自分で入力する流れになります。

 

APN設定画面右上の+のボタンをタップで新規編集画面が開きます
編集する場所は以下の通りになります。

名前

任意の名前:わかればなんでもOK
例:OCNモバイルONE

APN lte-d.ocn.ne.jp
ユーザー名 mobileid@ocn
パスワード mobile
MCC(または携帯国番号) 440
MNC(または通信事業者コード) 10
認証タイプ [PAPまたはCHAP]を選択
APNプロコトル [IPv4]を選択

認証方式欄に[PAPまたはCHAP]が無い場合は[CHAP]を選択してください。[CHAP]で接続できなかった場合は[PAP]をお試しください。

 

Android5.0の場合、このAPN設定編集項目にMVNO(仮想移動通信事業者)のタイプという項目があります。
私が利用した時はそこは設定せずに「なし」
のままで普通に利用できたので気にしていませんでしたが、接続が不安定になる場合があるらしいので「SPN]に設定してください。

 

SPNに設定して、その下の項目のMVNO(仮想移動通信事業者)の値という場所に「NTT DOCOMO」と表示されればOKです。

 

Galaxy(ギャラクシー)でOCNモバイルONEの利用開始

以上で、データ通信、音声通話による発着信の利用ができればGALAXY(ギャラクシー)でのOCNモバイルONEの利用が可能になります。

 

今まで使っていたアプリについて

ドコモで普段から使っていたGalaxy(ギャラクシー)をそのままOCNモバイルONEへMNPして利用される場合、これまで使っていたアプリはどうなるのか不安な方もいらっしゃると思います。

 

結果からいうと、ネットへ接続してくれる事業者がドコモからOCNに変わるだけなのでそのまま利用可能です。

 

LINEなどSMSで電話番号の認証が必要なアプリ

MNPされた場合は電話番号の変わらないので、LINEなど電話番号で認証するSNS系のアプリも特に変更する点は無くそのまま利用可能となっています。

メールアドレスを登録してアカウントを作るアプリ

PR