AQUOS EVER SH-02JでMVNOの格安SIMを使う

月々のスマホ料金を格安SIMで安くしませんか?

AQUOS EVER SH-02JでMVNOの格安SIMを使う

ドコモ2016年冬春モデルとして2016年11月4日に発売されたAQUOS EVER SH-02JをMVNOの格安SIMで運用しようと考えていらっしゃる方向けの情報ページです。

 

AQUOS EVER SH-02JでMVNOの格安SIMを使う

AQUOS EVER SH-02Jは値段を抑えたミドルスペック機種です。
スマホは新機種がでる度に、どんどんスペックアップすると思いがちですが、中にはこういった、ライトユーザー向けのお値段を抑えたミドルスペックの端末がでます。

 

そこまでスマホを使わないユーザーにハイスペックの高価なスマホしか選択肢がないのも酷な話なのでこういったローエンドなスマホが登場するのも当然だとは思いますが。

 

そういった背景もあってか、レビューサイトなどでは、非常に評価の低い機種になってしまってますね・・
ネットで調べものしたり、LINEなどのSNSを利用したりなど通常利用では困る事はないと思いますが、ヘビーユーザーの方にはあまりおススメできない機種になると思います。

 

2018/6月には、android8.0の最新OSへのバージョンアップも提供され、機能面で言えばまだまだ利用できる機種ですので、スペックに不満が無い方は格安SIMに乗換え後もまだまだ現役で利用できる機種です。

 

 

AQUOS EVER SH-02Jを格安SIMで使う場合、ドコモ回線を利用したMVNO業者の格安SIMを利用する事になります。

 

 

 

ドコモ製のスマホという事で、当然、おサイフケータイやフルセグなど国内向け機能はフル装備ですし、ドコモ製のスマホで格安SIMを使う場合の大きなデメリットであった、ドコモのスマホと格安SIMではテザリングができないという仕様もSH-03G以降のシャープ製のスマホでは改善されていて、格安SIMでもデザリングが可能となっています。

 

 

利用できるMVNOの格安SIM事業者一覧

AQUOS EVER SH-02JをMVNOの格安SIMで利用する場合、ドコモの回線を利用したMVNO業者になります。

AQUOS EVER SH-02Jを動作確認端末として掲載されていない業者もありますが、基本的にはドコモ回線の格安SIMならドコモ製のスマホは問題なく利用可能です。

 

自社で実機にて確認していないというだけで、利用できないわけではないです。

 

ドコモ回線のA社の格安SIMは利用できて、B社のは利用出来ないという事例は聞いた事がないので問題なく利用できると思います。
ですので上記の業者の内の何社かは動作確認されてますので、AQUOS EVER SH-02Jは上記で紹介しているドコモ回線の格安SIMなら基本的には利用可能です。

 

SIMカードのサイズはnanoSIMとなっています。
この機種は、SIMロック解除可能の端末ですが、ドコモ回線のMVNO業者のSIMカードならSIMロック解除不要でそのまま差し替えるだけで使えます。

 

AQUOS EVER SH-02JをMVNOの格安SIMで使う際のポイント

ココではAQUOS EVER SH-02JでキャリアからMVNOの格安SIMに乗り換える際のメリットやデメリットなどのポイントを簡単に紹介します。

テザリングについて

ドコモで販売されているAndroid端末は他社のSIMカードでは基本テザリングができません。
しかし嬉しい事にAQUOS ZETA SH-03G以降のシャープ製のスマホは格安SIMでもテザリングが可能になっています
AQUOS EVER SH-02Jも03G以降の機種ですので格安SIMでのテザリングは可能です。

おサイフケータイは使えます

格安SIMに乗り換える際に、おサイフケータイは使えるのか心配されてる方も多いようですが、おサイフケータイで利用されるFeliCa(フェリカ)の機能は端末に搭載してある機能なので、各キャリアの契約とは関係ありません。
AQUOS EVER SH-02JはFeliCa(フェリカ)対応の機種ですので、MVNOの格安SIMに乗り換え後も通常どおりおサイフケータイの機能は使えます。

 

ただし、ドコモのiDなど各キャリアが独自に提供しているサービスは各キャリアの契約が無いと使えません
その他のおサイフケータイを利用した機能のマクドナルドのかざすクーポン、楽天edy、セブンイレブンのnanaco(ナナコ)、モバイルSuicaなどは通常どおり利用可能です。

ドコモ独自のサービスが使えなくなる

@docomo.ne.jpのドコモで使ってたキャリアメールが使えなくなります
マイネオでは@mineo.jpのメールアドレスが貰えます。

 

その他にもキャリア決済対応サイトで利用した料金が通話料と一緒に請求される便利なサービス、spモード コンテンツ決済やドコモのキャリア決済であるドコモケータイ払いなども使えなくなります。

 

ドコモ提供のコンテンツサービス「dマーケット」「dヒッツ」「dマガジン」などは最近ではMVNO業者と提携を始め、利用できるようになっています。

 

>>格安SIM業者一覧はコチラ

 

AQUOS EVER SH-02Jスペック

AQUOS EVER SH-02Jを格安SIMで使う前にスペックの再確認などの参考にどうぞ
docomo2016年夏モデルとして2016年6月10日発売

2,700mAhバッテリー &省エネ技術

シャープ独自の省エネ技術により電池持ち時間約115時間を実現。
また、動作や機能を一部制限することで電池持ちを長持ちさせる長エネスイッチにも対応。

IGZO液晶ディスプレイ

高精細で消費電力が少ない約5.0インチのIGZO液晶ディスプレイを搭載。シャープ独自のバックライト &カラーフィルタ「S-PureLED」で、色も鮮やかです。

お風呂防水

お風呂でも使える防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)性能。水濡れに強いIGZO&タッチパネルだから、画面に水滴がついていても快適に操作できます。前面に搭載したスピーカーにより、お風呂でクリアなサウンドの音楽が楽しめます。

タッチ式指紋センサー

画面がOFFでも、指紋センサーに触れるだけでロック解除でき、すぐに使い始めることができます。
指紋は5つまで登録できます。

広角インカメラ

画角約85度(35mm換算値24mm相当)の広角レンズにより、自分撮り用の棒などの道具がなくても手を伸ばせば、周りの風景まで一緒に、自分撮り(セルフィー)することができます。

人工知能が役立つ情報を声でお知らせ

シーンに応じて、タイミングよく役立つ情報を話しかけてくれます。朝知りたい天気予報や、いま急上昇しているワードなど、豊富な話題の中から、あなたの生活にあわせてお話ししてくれます。

サイズ 143(H)×71(W)×8.3(D)
OS Android6.0→7.0→8.0
CPU Qualcomm Snapdragon 430 MSM8937(1.4GHz+1.1GHz オクタコア)
メモリ RAM:2GB/ROM16GB (microSD2GB/microSDHC32GB/microSDXC最大256GB)
ディスプレイ 5.0インチ HD(1,280×720ドット)IGZO液晶
カメラ 約1,310万画素(インカメラ 約500万画素)
バッテリー 2,700mAh
SIMカードサイズ nanoSIM

 

オススメ格安SIM業者一覧はコチラから