月々のスマホ料金を格安SIMで安くしませんか?

AQUOS PHONE ZETA SH-06Eで格安SIM

ドコモ2013年夏モデルのAQUOS PHONE ZETA SH-06Eで格安SIMを使おうと思ってる方も多いと思います。
この機種、販売からまだ2年でスペック的にもまだまだ現役で使える機種ですので、AQUOS PHONE ZETA SH-06Eを格安SIMでの運用は大変オススメです。
ちょうどキャリアの2年縛りも終えて、端末代金も払い終わる時期で、格安SIMへの乗り換え機種としては最適なんじゃないでしょうか?

 

ここで、AQUOS PHONE ZETA SH-06E端末スペックのおさらい

サイズ 138(H)×70(W)×9.9(D)
OS Android4.2
CPU Qualcomm® Snapdragon 600 APQ8064T(1.7GHz, クアッドコア)
メモリ RAM:2GB/ROM32GB/microSD(最大64GB)
ディスプレイ 4.8インチ フルHD(1920×1080ドット)TFT液晶(IGZO)
カメラ 1310万画素(インカメラ 210万画素)
バッテリー 2,600mAh


その他の機能も当然
Wi-Fi
テザリング (10台)
Blutetooth Version4.0
赤外線通信
おサイフケータイ(FeliCa)
NFC(TypeA/B)
などなど。

 

改めてスペックをみても十分現役で使えるハイスペック端末ですね。

 

AQUOS PHONE ZETA SH-06Eで格安SIMを使う場合の注意点

ドコモ販売のスマホなので、ドコモ回線を利用した格安SIM業者のみで使えます。

格安SIM業者はドコモの電波網を利用したMVNO業者を選びましょう。

残念ながらテザリングが使えなくなりますので、そこは気をつけましょう。

これは格安SIMの業者がテザリングを不可にしているわけではなく、ドコモが販売しているandroid端末の仕様の問題です。

ドコモ回線を利用したオススメ格安SIM業者はコチラから

格安SIM