Galaxy S7 edge SC-02H/SCV33でMVNOの格安SIMを使う

月々のスマホ料金を格安SIMで安くしませんか?

Galaxy S7 edge SC-02H/SCV33でMVNOの格安SIMを使う

2016年夏モデルとして発売されたドコモのGalaxy S7 edge SC-04GとauSCV33のをMVNOの格安SIMで運用しようと考えていらっしゃる方向けの情報ページです。

 

Galaxy S7 edge SC-02H/SCV33でMVNOの格安SIMを使う

Galaxy S7 edge SC-04Gを格安SIMで使う場合、ドコモ回線を利用した格安SIMを、SCV33はau回線を利用した格安SIMを利用する事になります。

 

前モデルもandroid7.0にアップグレードする事でテザリング出来るようになりますが、Galaxy S7 edgeからは購入時のままでドコモ回線の格安SIMでもテザリングが可能になりました♪
格安SIMでのテザリングの有無は利用する人にとっては、かなり大きいネックだったと思うので嬉しい変更点だと思います。

 

テザリングが出来るようになったので、端末の機能面では格安SIMに乗換える事でのデメリットは無くなりましたね。

 

Galaxy S7 edgeの中古端末はまだまだ高い(2018年5月現在)ですが、すでに持たれている方は発売が2016年5月という事で、記事執筆中の2018年5月現在、続々と2年縛りも終了して端末の分割も終わる人も増えてくるので、格安SIMに乗換えされる方も増えてくる時期だと思います。

 

2年縛りが終えて、機種変される方も増えると思うので、中古端末も市場に増えて、そろそろ値下がりも期待できそうですね。

 

キャリアから格安SIMに乗換えされるなら、乗換え前にバッテリー交換をおススメします。
端末保証等のサービスに入ってない場合、7000〜9000円くらいで交換できると思います。

 

※なお、SCV33をau回線の格安SIMで利用される場合でも、通話機能を利用する場合VoLTE対応のSIMを利用する為、SIMロック解除が必要になりますので注意が必要です
SIMロック解除は現在auをご利用の方はパソコンからauのマイページにログインしてから自分でも可能ですが、それ以外の方はショップに持込んで手数料3000円でSIMロック解除して貰えます。

 

 

 

利用できるMVNOの格安SIM事業者一覧

ドコモ製Galaxy S7 edge SC-04GをMVNOの格安SIMで利用する場合、ドコモの回線を利用したMVNO業者になります。

 

au製のGalaxy S7 edge SCV33を利用されるなら以下のau回線を利用した格安SIMになります。
※au回線を利用する場合でも、SCV33はSIMロック解除が必要です、SIMロック解除はauショップにて手数料3000円で出来ます。

 

 

 

各業者、Galaxy S7 edge SC-04G/SCV33は動作確認端末として掲載されているので問題なく運用が可能となっています
SIMカードのサイズはnanoSIMとなっています。
この機種は、SIMロック解除可能の端末ですが、ドコモ回線のMVNO業者のSIMカードならSIMロック解除不要でそのまま差し替えるだけで使えます。

 

Galaxy S7 edge SC-04G/SCV33をMVNOの格安SIMで使う際のポイント

ココではGalaxy S7 edge SC-04GでキャリアからMVNOの格安SIMに乗り換える際のメリットやデメリットなどのポイントを簡単に紹介します。

テザリングについて

auのGalaxy S7 edge SCV33は格安SIMでもテザリング可能となっています

 

ドコモで販売されているAndroid端末は他社のSIMカードではテザリングができません。
Galaxy S7 edge SC-04Gも同様にテザリングが不可になります。
Android7.0へバージョンアップ後テザリングが使えるようになっています

 

おサイフケータイは使えます

格安SIMに乗り換える際に、おサイフケータイは使えるのか心配されてる方も多いようですが、おサイフケータイで利用されるFeliCa(フェリカ)の機能は端末に搭載してある機能なので、各キャリアの契約とは関係ありません。
Galaxy S7 edge SC-04G/SCV33はFeliCa(フェリカ)対応の機種ですので、MVNOの格安SIMに乗り換え後も通常どおりおサイフケータイの機能は使えます。

 

ただし、ドコモのiDなど各キャリアが独自に提供しているサービスは各キャリアの契約が無いと使えません
その他のおサイフケータイを利用した機能のマクドナルドのかざすクーポン、楽天edy、セブンイレブンのnanaco(ナナコ)、モバイルSuicaなどは通常どおり利用可能です。

ドコモ/auの独自のサービスが使えなくなる

@docomo.ne.jpのドコモで使ってたキャリアメールが使えなくなります
格安SIMでもメールアドレス付きの業者もありますが、その他はgmail等のフリーメールを利用する事になります。

 

その他にもキャリア決済対応サイトで利用した料金が通話料と一緒に請求される便利なサービス、spモード コンテンツ決済やドコモのキャリア決済であるドコモケータイ払いなども使えなくなります。
UQモバイルはauかんたん決済に対応したので、UQモバイルのみ現在の所キャリア決済が可能となってます。

 

ドコモ提供のコンテンツサービス「dマーケット」「dヒッツ」「dマガジン」などは最近ではMVNO業者と提携を始め、利用できるようになっています。

 

>>格安SIM業者一覧はコチラ

 

Galaxy S7 edge SC-04G/SCV33スペック

Galaxy S7 edge SC-04G/SCV33を格安SIMで使う前にスペックの再確認などの参考にどうぞ
docomo2015年夏モデルとして発売

しっかり持ちやすいデザイン

狭額縁デザインにより、手にフィットするサイズ感を実現。流れるような曲線と薄い形状によって、手放すことができないほどに心地よいホールド感を生み出しています。

約5.5インチ大画面ディスプレイ

約5.5インチの大画面でありながら幅は約72.6mmと、従来機よりもコンパクトなボディを実現。
また、クアッドHD(1,440×2,560)のSuper AMOLEDディスプレイ(有機EL)採用により、驚くほど美しい映像を楽しめます。

防水・防塵対応(IPX5/IPX8、IP6X)

Galaxy S7 edgeはキャップレス防水・防塵に対応。プールで自分撮りしたり、雨の中でタクシーを呼んだりと、さまざまな水回りのシーンで安心して使用できます。

デジタル一眼レフカメラ技術搭載

従来機では、ピント合わせを行う位相差センサーがピクセル全体の0.7%しかありませんでしたが、Galaxy S7 edgeでは、デュアルピクセル技術により100%に向上。すべてのピクセルでピント合わせを行う超高速オートフォーカスで、撮りたい瞬間を逃しません。

Vulkan APIをサポート

グラフィックが綺麗なゲームでも、遅延やバッテリーの消耗が大幅に抑えられ、動きはかつてないほど滑らかになりました。Galaxy S7 edgeは、スマホ初の次世代グラフィックエンジン「Vulkan」をサポートしています。

高速CPU

前モデルのS6edgeと比較してCPU、GPU、RAMのすべてがパワーアップ。
アプリの起動やハイスペックなゲーム、ストリーミング動画なども高速かつ快適に処理します。

microSD?カードスロット搭載

S6edgeでは非対応だったmicroSD?カードスロットが復活
最大256GBのmicroSDXC?メモリーカードに対応。
容量を気にせず動画や音楽などのデータを保存できます。

ワイヤレス充電

Galaxy S7 edgeはワイヤレス充電に対応。
ケーブルの抜き差しなく気軽に充電ができます。

サイズ 151(H)×73(W)×7.7(D)
OS Android6.0 →アップデート後7.0
CPU Qualcomm Snapdragon 820 MSM8996(2.2GHz + 1.6GHz クアッドコア)
メモリ RAM:4GB/ROM32GB microSDXC最大200GB)
ディスプレイ 5.5インチ QuadHD(2,560×1,440ドット)SUPER AMOLED(有機EL)
カメラ 1220万画素(インカメラ 500万画素)
バッテリー 3,600mAh
SIMカードサイズ nanoSIM

 

オススメ格安SIM業者一覧はコチラから