格安SIMのソフトバンク回線でもソフトバンクのVoLTEが使えるようようなったようです、すでにソフトバンク回線を利用中の方もSIMカードの変更不要でそのままで順次対応

更新日:2018/12/13

2018年はソフトバンク回線の格安SIMを提供する業者が増えた年で、格安SIM業界では大きな話題にもなりました。

 

中古のiphone市場では、ソフトバンク版のiphoneは中古で購入した場合はSIMロック解除ができないので、他の業者のSIMカードが使えず、便利性に欠けるのであまり人気がなく、ドコモやauのiphoneに比べると売れ行きも悪く、価格も安くなっていましたが、ソフトバンク回線の格安SIMの登場で利用価値が各段に上がりましたね。

ソフトバンク回線を提供している格安SIM業者

しかし、ソフトバンクはMVNO業者へはVoLTEの回線を提供しておらず、通話に関しては3G回線の通話回線のみで、格安SIMではソフトバンクのVoLTEは利用できない状況でした。

 

MVNOへソフトバンク回線のVoLTEの提供開始

 

「nuroモバイル」ソフトバンク回線プランにおける「VoLTE」及び「VoLTE(+HD)」の提供開始

 

このたび、LTE通信サービス「nuroモバイル」のソフトバンク回線プランに関して、「VoLTE」及び「VoLTE(+HD)」 による通話サービスを2018年11月29日(木)より提供開始します。
「VoLTE」及び「VoLTE(+HD)」では、ソフトバンクのネットワーク上で、高音質で安定した通話をご利用いただけます。

 

出典:http://www.so-net.ne.jp/info/2018/op20181127_0058.html

 

 

 

LINEモバイル、ソフトバンク回線でもVoLTEが可能に

 

LINEモバイルは、11月29日より「ソフトバンク回線のVoLTE」に対応開始しました。ドコモ回線についてはこれまでもVoLTE対応済みでしたが、これでソフトバンク回線でもVoLTE通話が可能になります。

 

出典:https://www.orefolder.net/android-news/20181129-line-mobile-softbank-volte/

 

mineo(マイネオ)SプランでのVoLTE提供開始について

 

11月29日よりmineoソフトバンクプラン(Sプラン)でVoLTEの提供が開始されました。

 

出典:https://king.mineo.jp/magazines/special/986

 

上記の通り、ソフトバンク回線の格安SIMを提供している全ての格安SIM業者からソフトバンクのVoLTE提供開始のアナウンスがありました。

 

どこの業者も2018/11/29から提供開始のようですね。

 

それ以降に申込された方は、VoLTE対応端末を利用される場合、VoLTEが利用可能で、それ以前にソフトバンク回線を申込されている方は順次対応との事です。

 

ソフトバンクのVoLTE対応でのSIMカードの変更は不要

 

auVoLTEがMVNOで提供された時は、SIMカードの変更が必要でしたが、今回のソフトバンクのVoLTEはSIMカードの変更は必要ないようですね。

 

ソフトバンク回線のVoLTE対応でのメリット

まずそもそもVoLTE(ボルテ)ってなんぞ?
って方はコチラのページで記事を書いてるので参考にどうぞ

 

高品質な通話が可能

音声周波数帯域が3Gと比べて高い為より高音質な通話が可能になります。

3Gの音声周波数
約300~3,400H
VoLTEno音声周波数
約50~7,000Hz

CD音源よりハイレゾ音源が高音質な理由と同じ感じです。

 

とはいえ音楽聞くのとは違い、通話というのは話の内容をやり取りするのが目的なので高音質で喜ぶ人はあまり居ない気もしますが(>_<)

 

バックグラウンドでLTEでのデータ通信が可能になる

 

個人的にはこれが最大のメリットだと思います。

 

従来は3GとLTE通信の同時通信はできず、通話中は3G回線になるため、データ通信も3G回線に切り替わっていました。

 

VoLTE対応により、通話もLTE回線になるため、通話中のデータ通信もLTEの高速通信が可能になります。

 

最近ではハンズフリー機能やヘッドセットなどでスマホを持たずに通話する場面も多く、通話しながらスマホを使う場面も多いと思います。

 

そういった方は通話中もネットをみたり他の作業でLTE回線の高速通信ができるようになります。

 

発信処理が速くなる

これは正直個人的にはどうでもいいんですが、ようするに電話を発信して相手の呼び出し音が鳴るまでが早くなります。
LTEの高速通信になるので、発着信の処理も早くなるという事でしょう。

 

しかし、1秒を争うような事態におちいった場合は、助かるのかもしれません・・

 

ソフトバンクのVoLTE対応端末

そもそもスマホがソフトバンクのVoLTEに対応していないと、使えるものも使えないので大事な所ですね。

 

iphoneの場合iphone6以降の端末ならソフトバンクのVoLTEに対応しています。

 

ソフトバンク製のAndroid端末もソフトバンクでVoLTE対応以降に販売された端末はもちろんVoLTE対応しています。

 

格安SIM業者がセット販売しているSIMフリー端末は、割と新しい機種ならソフトバンクのVoLTEに対応している場合がほとんどですが、これは要スペック確認ですね。

 

 

確実にソフトバンクのVoLTE対応している端末

  • AQUOS sense plus SH-M07
  • HUAWEI nova 3
  • HUAWEI P20 lite
  • HUAWEI nova lite
  • 2
  • ZenFone 5
  • ZenFone 4 Max

 

ソフトバンク回線を提供している格安SIM業者

PR