mineo(マイネオ)とIIJmioを分かりやすく比較

ここでは、mineo(マイネオ)とIIJmioのどちらを利用しようか悩んでいる方向けに双方のプランや料金主要なオプションサービスなどの比較をしていきます。

mineo(マイネオ)とIIJmioの料金プラン比較

まずは双方提供しているプランの比較をしていきましょう。
比較対象がIIJmioという事で、双方ともドコモ回線プランとau回線プランの両方を提供しているマルチキャリア対応ですので、ドコモ回線とau回線の両方比較したいと思います。
※()内の金額はデータ専用SIM
D:=ドコモ回線
A:=au回線


mineo(マイネオ) IIJmio
500MB/月
D:1400円/A:1310円
(D:700円/A:700円)
3GB/月
D:1600円/A:1600円
(D:900円/A:900円)
1GB/月
D:1500円/A:1410円
(D:800円/A:800円)
6GB/月
D:2220円/A:2220円
(D:1520円/A;1520円)
3GB/月
D:1600円/A:1510円
(D:900円/A:900円)
12GB/月
D:3260円/A:3260円
(D:2560円/A:2560円)
6GB/月
D:2280円/A:2190円
(D:1580円/A:1580円)
10GB/月
D:3220円/A:3130円
(D:2520円/A:2520円)
20GB/月
D:4680円/A:4590円
(D:3980円/A:3980円)
30GB/月
D:6600円/A:6510円
(D:5900円/A:5900円)

mineo(マイネオ)とIIJmio料金プラン比較の評価

プランの多様性については、IIJmioは3つのプランのみというシンプルな料金体系をとられているのに対し、mineo(マイネオ)は500MB~30GBまでの細かい料金設定になっており、プランの多様性ついてはmineo(マイネオ)に軍配があがりますね。
データ容量をほとんど利用しない、もしくは低速通信で十分という超ライトユーザーで、とにかく月額料金を安く抑えたい方は最安値プランの料金設定が重要になると思います。
mineo(マイネオ)の最安値プランは500MB/月の月額1400円、対してIIJmioの最安値プランは3GB/月の月額1600円となっていますので、ほとんどスマホを使わないので、月額料金をとにかく安く済ませたい方はmineo(マイネオ)の方がおススメと言えますね。
毎月10GB以上データ通信を使うヘビーユーザーの方も、IIJmioでは最大12GBまでのプランに対し、mineoでは最大30GB/月のプランがあるので、mineo(マイネオ)の方がおススメと言えると思います。
ここまでの評価では、mineoをかなり押してる形になりましたが、最安プランでは物足りない、かといって、10GB以上の大容量のプランも必要ないというミドルレンジのユーザーならほぼ同等のプランを用意してあるので、料金プランで言えばどちらを選んでも変わりなく、その他の要素で決めるのが良いと思います。

スマホセット(端末セット)の比較

SIMカード契約時に一緒に新しくスマホも購入したい方も多いと思います。
格安SIM業者でも、SIMフリー端末を端末セットとして販売されています。
2018/7月現在での最新機種でのmineo(マイネオ)とIIJmioの両社で取扱いがある同じ機種での値段で比較をしてみましょう。


mineo(マイネオ) IIJmio
AQUOS sense plus SH-M07
一括:43200円
分割:1800円×24ヶ月
AQUOS sense plus SH-M07
一括:36800円
分割:1580円×24ヶ月
ZenFone 5
一括:52800円
分割:2200円×24ヶ月
ZenFone 5
一括:48800円
分割:2050円×24ヶ月
HUAWEI P20 lite
一括:29400円
分割:1225円×24ヶ月
HUAWEI P20 lite
一括:27800円
分割:1200円×24ヶ月

mineo(マイネオ)とIIJmioのスマホセット(端末セット)の比較のレビュー

格安SIM業者でもキャリアと同様にスマホの販売もされています。
業者によって端末代はキャンペーンなども含めかなりの差がありますので、スマホセットを検討されている方は各社のスマホの端末代は要チェック項目だと思います。
月額料金は各社同等のプランなら数百円程度の差しかありませんが、端末代の場合、1万円以上差がある場合も中にはあります。
例えば、月額が200円安い所を選んだとして、月額料金が年間2400円浮く事になりますが、端末セットを購入して、月額は多少高くなっても端末代が1万円以上安い所で購入すれば、月額が高くても結果的には安く済むなど十分にありえます。
mineo(マイネオ)とIIJmioの端末セットのスマホ代金ですが、結果からいうと、上記の表のとおりIIJmioの方が安く設定されています。
取り扱い端末の種類もIIJmioの方が圧倒的に多く、スマホセットで購入を考えられていらっしゃる方はIIJmioの方がおススメできると言えますね。

mineo(マイネオ)とIIJmioの通話料金の比較

mineo(マイネオ)とIIJmioの通話料金の比較をしていきます。
通話オプションを利用せず通常の通話に関しては、mineo(マイネオ)とIIJmioに限らず基本的には国内通話:20円/30秒になってます。
格安SIMのサービスが始まったばかりの頃は、通話に関するサービスがほとんどありませんせんでしたが、現在では10分かけ放題のサービスなどが登場して、ほとんどの格安SIM業者で通話オプションを提供されています。


mineo(マイネオ) IIJmio
通常発信での国内通話
30秒/20円
通常発信での国内通話
30秒/20円
mineoでんわアプリからの通話
30秒/10円
みおふぉんダイアルからの通話
30秒/10円
10分かけ放題
月額850円
10分かけ放題+家族間は30分かけ放題
月額830円
通話定額30(30分無料通話)
月額840円
3分かけ放題+家族間は10分かけ放題
月額600円
通話定額60(60分無料通話)
月額1680円

mineo(マイネオ)とIIJmioの通話料金比較の評価レビュー

通常発信の通話

普段通りの通常発信での通話はmineo(マイネオ)とIIJmioともに、30秒/20円となっています。
これはmineo(マイネオ)とIIJmioというより、どこの携帯電話会社でも通話オプション無しでの通話だと同じだと思います。

各社提供の通話アプリからの発信

格安SIM業者はほとんどの場合、通話のサービスでプレフィックス通話という通話料金を安くするサービスを提供しています。
プレフィックス通話というのは、電話番号の前にプレフィックス番号を付けて発信する事で、通常とは異なる通話回線を利用して通話料金を安くするサービスです。
mineoの場合プレフィックス番号は「0063」で、mineo電話アプリを利用すれば、この「0063」を自動で追加して相手番号にかけてくれるアプリになっています。
電話帳からの発信も当然可能で、自動でプレフィックス番号を追加して発信できる仕組みになっています。
IIJmioのみおふぉんダイヤルも同様の仕組みになっています。
ちなみにみおふぉんダイヤルのプレフィックス番号は「0037-691」です。
通話料金はmineo(マイネオ)とIIJmioともに、通常発信の約半額の30秒/10円になっています。

かけ放題

mineo(マイネオ)とIIJmioともに10分かけ放題の通話オプションがあり、1回の通話が10分以内なら何度でも通話可能なサービスになっています。
こういった、〇分かけ放題の通話オプションはほとんどの業者で提供されているサービスで、10分で通話が自動で終了するアプリや、10分をアラームで通知してくれるアプリなど、便利なアプリがiphone、andorid共にあるので、アプリストアで探してみてください!
料金は10分かけ放題が、mineo(マイネオ)は月額850円、IIJmioは月額830円とIIJmioの方が若干安くなっています。
しかし、IIJmioでは10分かけ放題の他に3分かけ放題という下位のプランもありコチラは月額600円になっています。
総務省の調査データでは日本の平均通話時間は2分25秒となっているらしく、電話はよく使うけどほとんど3分以内で終わるという人はかけ放題のオプションでもIIJmioでは選択肢がありますね。
さらに、IIJmioの場合、10分かけ放題は、同一名義の家族との回線の通話は30分かけ放題、3分かけ放題の場合、家族間は10分かけ放題というおまけまで付いてます。
一方mineo(マイネオ)では月30分と60分の無料通話が付く通話定額のオプションもあり、月額は30分が830円、60分が1680円で提供されています。
個人的には、30分定額の場合10分かけ放題3回分、60分の場合6回分にしかならないので、このオプションを選択するくらいなら、10分かけ放題だけでいいんじゃないか。。。と思ってしまいますね(;・∀・)
かけ放題の通話オプションの比較すると、10分の他に3分という下位プランがあり、さらに家族間なら無料通話の時間が長くなるという点を考えると、IIJmioのかけ放題プランの方がおススメできると言えますね。

端末保証サービス比較

両社とも数多くの追加オプションを提供されていますが、利用者が多いと思われる追加オプションの端末保証のサービスの比較をしてみます。
ドコモ/ソフトバンク/auの大手3キャリアと違い、格安SIM業者の場合持ち込みできるショップがほとんど無いので、故障した時などの修理保証は気になる方も多いと思います。


mineo(マイネオ) IIJmio
端末安心保証サービス
月額370円
端末補償オプション
月額380円/500円
持込み端末安心保証サービス
月額500円

端末保証サービスの比較のレビュー

mineoの保証サービスはmineoで購入した端末セットの場合月額370円と若干お得になっていますね。

保証内容
mineo(マイネオ)

修理代金は2回目まで無料
端末の交換1回目5000円、2回目8000円
3回目以降は実費になります。
実質年2回までの保証ですね。

IIJmio

修理代金は2回目まで無料(ただし上限5万円まで)
端末の交換1回目5000円、2回目8000円
こちらも実質年2回までの保証ですね。

修理時は代替機を送ってくれます。
早ければ翌日到着で送って貰えるそうで助かりますね。
mineoでは端末セットを購入した場合、月額370円になりますが、購入時に申込が必須になっていて、購入時以外でのオプション加入の場合、持ち込み端末扱いで月額500円になるので注意しましょう。
IIJmioはIIJmioで購入した端末のみの保証で、購入時以外の申し込みは受け付けていないのでソコは注意が必要ですね。
更にIIJmioでは月額380円/500円の二種類の料金になっていますが、こちらは購入した端末によって料金が設定されているようです。
mineo(マイネオ)の場合、持ち込み端末の保証もあるので、スマホを自分で用意される方はmineo(マイネオ)の端末保障サービスはうれしいですね。
対してIIJmioでは、セット端末のみ端末保障が利用でき、持ち込み端末の保証サービスはありません。
端末保障オプションでは、mineo(マイネオ)の方がおススメできますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました