一番安いMVNOの格安SIMはどこ?

今では、TVCMや街頭広告でも目につくようになったMVNO業者の格安SIMですが、業界最安値の一番安いMVNOの格安SIMはどこか探されてる方も多いと思います。

 

現在最安値の業者は・・・・

 

ズバリ!!

 

DMMmobileです

 

業界最安値をキャッチフレーズにしてるMVNOの格安SIMで、常に一番安い金額を提示しています
MVNO業者もどんどん増える中で、今は落ち着いてますが各社値下げを行ってる時期がありました。
値下げが発表される度に、DMMmobileでは常に最安値を提示。

 

値下げ競争でDMMを上回るMVNOはついに現れませんでした。

 

ちなみに、DMMmobileの一番安いプランは200kbps固定ですが容量無制限のライトプランでお値段は・・・

 

月額440円

 

ビックリ価格です・・(汗)
タバコ一箱分ですw

 

200kbpsという速度は、想像しやすく説明すると、月々の容量上限を超えた時に速度制限された速度と同等です。
LINEやちょっとしたWEBサイトを見るくらいなら特に問題はないですが、全くもって実用的な速度ではありません。
ですので、普通に使う場合はオススメできるプランではありませんが、この料金設定は驚きです。

 

電話番号付きの音声対応SIMでも1140円という一番安い格安SIMなのは間違いないです。

 

自宅にwifi環境があって、外では特にデータ通信をしないという人には一番安い維持費でスマホの運用が可能なプランだとは思います。

 

wifi環境が無い人は安さにつられて契約しないように気をつけましょう。

通常時は特に困りませんが、アプリの更新など、どうしても容量の大きい通信が必要になる場合があります
そうした時にwifi環境があるならば、wifi繋いだ時に更新するといった選択肢がありますがwifi環境が無い場合データ容量にもよりますが、ダウンロードに数時間かかる場合もあります

 

200kbpsの一番安い格安SIMは、実用性から考えて別として。

通常のLTEの高速通信のプランでもDMMmobileは一番安いMVNOの格安SIM

上記のプランはある意味ネタみたいなプランですが、DMMmobileは全プランで最安値です。
大手MVNO業者の定番的な容量である、3GB・5GBプランで比べてみましょう

業者名 3GB 5GB
IIJmio 900円 1,520円
BIGLOBE SIM 900円 1,450円
mineo 900円 1,580円
楽天モバイル 900円 1,450円
OCNモバイルONE 1,100円 1,450円
DMMmobile 850円 1210円

上の表はデータ専用SIMの値段ですが、音声対応SIMでも同様にDMMmobileは最安値で、文句なしの一番安いMVNOの格安SIMです。

 

例外としては、OCNだと自宅のネット回線のプロバイダがOCNを使っている方など、セット割りで200円安くなったり
mineoだと複数回線を持てばSIMカード1枚に付き50円安くなったり、楽天だと楽天会員ならポイントで還元など結果的に同等の金額になる場合もありますが、通常料金だとDMMmobileが間違いなく最安値です。

 

詳細・お申込みなどはコチラから

DMMmobile