月々のスマホ料金を格安SIMで安くしませんか?

HW-02EでMVNOの格安SIM

ドコモで2013年 3月に発売されたモバイルwifiルーターHW-02EをMVNOの格安SIMで運用しようと考えていらっしゃる方向けの情報ページです。

HW-02EでMVNOの格安SIM

SIMフリーの格安スマホで有名なHuawei社製モバイルwifiルーターで国内初のカテゴリー4対応機種で最大受信速度(下り)112.5Mbpsの高速通信可能
液晶ディスプレイも搭載しているので、データ通信量の確認や接続機器など簡易的な表示確認ができます。
発売から2年ですので、分割支払いされてる方もそろそろ支払いが終わり、ドコモを解約してMVNOの格安SIMでの運用を考えられてる方も多い機種だと思います
中古でも比較的お手ごろ価格で出回ってますのでオススメです。

HW-02Eのスペック

本体サイズ 56(H)×90(W)×13.9(D)
通信方式 LTE/3G/(3Gハイスピード対応)/wifi
通信速度 LTE下り最大112.5Mbps/上り最大37.5Mbps
対応バンド

LTE:周波数:2,100・1,500・800MHz(バンド1/21/19)
3G:周波数:2,100・800・新800MHz(バンド1/6/19)

連続通信時間 LTE通信約4時間/3G通信約5時間
連続待受時間 LTEモード260時間/3Gモード440時間
同時接続可能台数 10台
SIMカードサイズ micro SIM

HW-02Eで利用できるMVNOの格安SIM一覧

モバイルwifiルーターHW-02EをMVNOの格安SIMで利用する場合、ドコモの回線を利用したMVNO業者になります。

HW-02で利用できるオススメMVNOの格安SIM業者一覧

各業者、HW-02Eは動作確認端末として掲載されているので問題なく運用が可能となっています
SIMカードのサイズはmicro SIMとなっています。
この機種は、SIMロック解除可能の端末ですが、ドコモ回線のMVNO業者のSIMカードはドコモが貸与しているので、ドコモ製のSIMカードになってます、ですのでドコモ回線のMVNO業者のSIMカードならSIMロック解除不要でそのまま差し替えるだけで使えます。

HW-02Eおすすめポイント

LTE下り最大112.5Mbpsの高速通信対応

HW-02Eはカテゴリー4と呼ばれるLTEチップ搭載で、対応エリア内では最大112.5Mbpsの高速通信に対応

wifi接続に対応

例えば、ドコモが提供しているドコモwifiなど1アカウントに付き同時に接続できる台数は1台です。
そうしないと、接続パスワードを教えれば誰でも接続できるようになってしまうので当然です。

 

HW-02Eで接続すれば、1台の接続で最大10台まで接続できるようになるといったメリットがあります。
wifi接続中はLTEのデータ使用量も減らないで通信量の節約にもなります。

HW-02EのAPN設定方法

格安SIMをセット後、各MVNO業者のAPN情報を設定します。

1.パソコンかスマホとHW-02Eを接続する

端末とHW-02Eの接続が完了したらブラウザのアドレス欄に「http://192.168.8.1/」と入力して開きます

2.設定画面が開くのでログイン

このような設定画面が開きます
HW-02EでMVNOの格安SIM
右上のログインをクリックしてパスワード「 admin」と入力してログイン

3.新規プロファイル作成

設定タブを開いてモバイルネットワーク→プロファイル管理と進みます
HW-02EでMVNOの格安SIM
APN設定入力画面が現れるので契約中のMVNO業者のAPN設定情報を入力していきます

プロファイル名 お好きな名称でOKです
APN名 各MVNO業者の設定情報参照
ユーザー名 各MVNO業者の設定情報参照
パスワード 各MVNO業者の設定情報参照
認証方式 CHAP

APN設定情報は、ほとんどの業者でユーザー名やパスワードは個別に発行はしてなく、統一されているので、各社ホームページなどで参照可能です。
また、SIMカードが届いた時に同封されてる書類にも記載されているはずです。