月々のスマホ料金を格安SIMで安くしませんか?

L-04Dの製品アップデートをwindows10で行う方法。

格安SIMに乗り換えた際に、スマホがテザリングできなくなったので、L-04Dを中古で購入して、シェアSIMを使ってテザリングの代用に使おうと購入してまして。

 

でも日常的には外でノートPC使う事が滅多にないので、子供が外でもSIM挿してないスマホを使えるようにとにL-04Dを使わせているので、ほぼ子供に渡しっぱなしで気づかなかったんですが、充電しといて〜って渡されたので、何気に画面を見ると、アップデート情報が表示されているではありませんか。

 

かなり古い機種なのに、いまだに製品アップデートを行うとは・・・

 

LGなかなかやりますな。

 

さっそくアップデートの情報を得るためにドコモの公式をみると

 

ソフトウェア更新には、WindowsOS(Windows XP、Windows Vista、Windows 7)が必要となります。

 

注意WindowsOS 8、WindowsOS 10、Mac OSなど上記以外のOSのパソコンは非対応となります。

 

 

との事。

 

数か月前に家のパソコン全部windows10にアップグレードしちゃったよ。

 

しかし、なんだかんだ言って、できるでしょ。

 

と思いさっそく作業を開始。

 

アップデートはパソコンからしか出来ないようで、LGMobile Support Toolというツールを使ってアップデート作業になります。

 

ツールはコチラからダウンロードできます。
http://www.lg.com/jp/mobile-phones/download-page/L-04D/product-info-mobile-support-tool.jsp

 

ツールのインストールは問題なく出来たのですが、L-04Dをパソコンに認識させる為のUSBドライバがインストール出来ないようです。

 

L-04Dの製品アップデートをwindows10で行う方法。
本来なら、このツールの左の項目にあるUSBドライバをインストールをクリックすればインストール出来るのですが、windows10ではこれが出来ないようです。

 

ドライバがインストールできないと、USBでL-04Dとパソコンを繋いでも認識してくれません。

 

しかし、検索したらすぐに解決しました〜

 

まず、パソコンとL-04DをUSBで接続します。

 

そうすると、エクスプローラーでマイコンピュータを開くと、デバイスとドライブの項目に、CD-ROMドコモL-04Dとかなんとかで、表示されています。

 

なぜかCD-ROMとして認識されてるようで・・

 

とりあえず、それをダブルクリックするとL-04Dの中身が開きます。
L-04Dの中にもドライバをインストールするファイルが入ってるんですね。

 

それを実行すれば、無事、ドライバのインストールが完了です。

 

windows10以前のOSなら、恐らくL-04Dをパソコンに繋いだ時点で勝手にドライバがインスト―ルされる仕組みなのだと思いますが、windows10ではドライバのインストールが自動で出来ないんでしょう。

 

ドライバのインストールが完了すれば、あとは通常通り、LGMobile Support Toolを開いて、L-04DをUSBで繋げばアップデートは手順通り可能になります。

 

 

今回のアップデートで、電池の持ちの改善ってのがあったので、期待ですね。
連続で使ってると3時間くらいで電池なくなる〜って子供が言ってくるので

 

少しは改善されてればいいんですが・・・

 

 

ちなみに、L-04Dを格安SIMでの運用をお考えの方は、結構おススメですよ。
中古で3000円くらいですし、コスパ良しです。
ドコモ回線のMVNOの格安SIMなら問題なく使えます。