月々のスマホ料金を格安SIMで安くしませんか?

MVNOの格安SIMでかけ放題が登場

MVNOの格安SIMに乗り換えた場合、毎月のデータ通信料は大手3キャリアに比べて約3分の1まで安くはなるのですが、通話料金に関してはサービスが少なく、通常の携帯の通話料金である30秒20円となっていました。

 

ですので、通話をよく利用する方は、かけ放題のある3キャリアを使った方が月々の利用料金は安く収まったはずです。

 

なので、通話はガラケーでキャリアのかけ放題で契約して、スマホはMVNOの格安SIMのデータ通信専用で契約して、2台持ちなんていう方法をされている方もいるんじゃないでしょうか?

 

しかし・・・

 

MVNOの格安SIMでも通話料金のサービス続々登場中

 

無料通話分付きのサービスが開始されたり、最近では楽天モバイルが1回5分までなら何度かけても通話料無料というかけ放題プランまで登場

 

>>楽天モバイル公式サイトはコチラから

 

さらには、@niftyが運営するMVNO業者のニフモの格安SIMでは、IP電話を利用したサービス「NifMoでんわ」で、月額1300円で24時間完全かけ放題のサービスも開始されました。

 

データ通信料に関しては、各MVNO業者の料金設定には、多少の違いはあっても数百円程度の違いでほぼ横一線の料金プランになっています。

 

月々の支払い料金で大きな差が生まれるとしたら、通話料金に関してのサービスの違いじゃないでしょうか?

 

ココでは、MVNOの格安SIM業者の通話サービスについての情報を配信していきたいと思いますので、格安SIMへの乗り換えの際の参考にしてください。

MVNOの格安SIMの通話サービスは大きく分けて2種類

MVNO業者は、通常の携帯番号での発信については30秒20円と一律です。

 

データ通信に関しては、ドコモなどの通信網を借りて自社で運営している為、料金設定は自社で変える事が可能なのに対して、通話に関しては完全に他社に依存してるため、料金は一律なのだと思います。

 

そこで、MVNOの格安SIMでは,弱点である通話料金に関するサービスの提供で2種類のサービスを展開しています。

まず一つ目はIP電話サービスです。

IP電話は通常の通話回線を使って通話せず、インターネットの回線を使って通話するサービスです。

 

IP電話の細かい仕組みについては、ここでは省略させて頂きますが、通常の通話回線を使わず、ネット回線を利用する事で、通話料が安くなると考えて頂いて大丈夫です。

 

IP電話アプリには050から始まる電話番号も付いていますので、電話番号による発信着信ともに可能です。

 

通話料金はNTTが提供している代表的なIP電話アプリの050plusを例に記載します。

固定電話への発信→8円/3分
携帯電話への発信→16円/1分
他社IP電話への発信→8円/3分
同じIP電話同士への発信→無料でかけ放題

IP電話サービスによって通話料金に違いはありますがそこまで大きな違いはないのでコチラの料金を参考に考えてください。

 

IP電話サービスを提供している格安SIM業者一覧

>>OCNモバイルONE
OCNモバイルONEではIP電話サービス050plusを月額無料で提供しています
>>mineo(マイネオ)
mineoではIP電話サービスLaLa Callを月額無料で提供

 

 

二つ目はプレフィックス方式の電話サービスです

プレフィックス方式の電話サービスとは相手番号の先頭に特定の番号を付ける事で、通常の電話回線とは別の通話網を利用して通話するサービスです。

 

プレフィックス番号+相手の電話番号
先頭のプレフィックス番号は、専用のアプリを利用して発信する事で、自動でプレフィックス番号が付きますので、いつも通り相手番号に電話をかけるだけで大丈夫です。
もちろん電話帳からの発信もそのままできます。

 

また、アプリが使えないガラケーなどからでも、手動でプレフィックス番号を付けてから、相手番号へ発信する事で利用が可能です。

 

通話料金

固定電話への発信→10円/30秒
携帯電話への発信→10円/30秒
IP電話への発信→10円/30秒

通話料金はIP電話より割高にはなりますが、IP電話と違い、ネット回線を使わず音声通話回線を経由するサービスなので、普通に電話を掛けたときと通話品質が変わりません。

 

また、IP電話から発信すると、相手側に通知される番号は、IP電話の050からはじまる番号になるので、事前に相手にその事を知らせておかないと、相手からしたら誰からの着信かわかりません。

 

プレフィックス方式の電話サービスの場合、通常発着信と同じなので、相手に通知される番号も、通常の携帯番号で通知されます。

 

さらには、最近では、プレフィックス方式の電話サービスの場合、BIGLOBE SIMの無料通話付きプランや、楽天の1回5分までならかけ放題など便利なプランが続々と登場しているのも特徴です。

 

プレフィックス方式の電話サービスを提供している格安SIM業者一覧

>>楽天モバイル公式サイトはコチラから
通話サービス楽天でんわ提供
楽天モバイルユーザーなら1回5分までなら何度でもかけ放題のプラン有り
>>BIGLOBE SIM公式サイトはコチラから
通話サービスBIGLOBEでんわ提供
国内通話料1,200円分(最大60分)付きの「通話パック60」プラン有り
>>IIJmio(みおふぉん)公式サイトはコチラから
通話サービスみおふぉんダイヤル提供
>>DMM mobile公式サイトはコチラから
通話サービスDMMトーク提供

IP電話とプレフィックス方式の比較

通話料

通話料金に関してはプレフィックス方式だと通常の半額に対してIP電話の方が約3分の1と安くなっています。

 

しかし、双方とも無料通話分付きパックや、かけ放題のプランなど、さまざまなサービスプランを提供していますので、そちらのサービスを使う事によっては、どちらがお得になるかは利用者の使い方次第だとは思います。

 

通話品質

通話品質に関してはIP電話はインターネット回線を利用している為、ネット回線が込み合った時間帯など通話が途切れたり、不安定な事があります。

 

それに対して、プレフィックス方式の通話サービスは、通常の通話回線を利用しています、通常の通話回線は、データ通信とは別の通話専用の回線を利用している為、非常に安定しています。

 

電話番号

IP電話は050から始まる専用の電話番号が付きます。

 

この050から始まる電話番号にも着信は可能なので、電話番号が2つある事にメリットがある方には1台のスマホで2つの番号を使い分けれるというメリットもあります。

 

しかし、発信する場合はIP電話から発信しないと、当然通話料金は安くならないので、あなたの携帯番号を知っている相手でも、通知には050から始まるIP電話の電話番号が表示される為、事前に知らせておかないと相手は誰からの通話かわからないという場面もあると思います。

 

プレフィックス方式の場合、相手に通知される番号はご自信の携帯番号になりますので、通常の電話の利用と変わりありません。

MVNOの格安SIMで本物のかけ放題も今後登場

2015の12月にMVNOの先駆け企業である、日本通信株式会社が自社HLR/HSSを利用した音声網の相互接続を株式会社NTTドコモに申し入れます。
というニュースを発表しました。

 

これは要するに、MVNOが自社で音声通話に必要な装置を保有する事になるという話だと思います。

 

これが開始されると、通常の携帯電話番号からの音声通話に関してもMVNOが自社でサービスが提供出来る為、IP電話や、プレフィックス方式などのサービスを利用する事なく、通常通りの通話方法での、かけ放題など定額プランを提供できる事になると思います。

 

まだまだ先の話だとは思いますが・・

 

MVNO格安SIMで節約スマホ生活